収納・片付けに関する資格一覧|受験料・日程・費用は?

収納・片付けに関する資格一覧|受験料・日程・費用は?

目次

収納マイスター (日本生活環境支援協会)

資格の特徴

必要なものだけを収納、使いたいものを使える場所に収納してすぐ使えるようにするなど、実用的な収納を顧客に提案することのできるのが特徴の資格です。顧客に合わせた最適な収納方法を提案することができます。また、現在多く売られている収納グッズなどの効率的な使い方や工夫を知ることができ、顧客だけでなく自分自身の生活を充実させることができることも特徴の1つです。

資格の受験料・開催場所・試験日程

資格の受験料は税込10,000円です。開催場所は特になく、在宅受験となるので好きな場所で受験することができます。また、試験日程はおよそ2ヶ月に一度申し込みがあります。受験票や試験問題が自宅に届き、答案提出期限までに答案を提出し、合格することで資格を取得することができます。難易度自体はそんなに高いものではなく、多くの人が取得できる資格となっています。

資格の取得方法・費用・期間など

資格の取得方法として通信教育があります。「諒設計アーキテクトラーニング」の収納マイスターW資格取得講座を受講すると、今人気の整理収納インストラクターと収納マイスターの2つの講座をたった2ヶ月間で取得することが可能です。こちらの講座はテキスト代を含み税込59,800円です。スペシャル講座では確実に資格を取得することができ、そちらの講座の受講料はテキスト代を含み税込79,800円です。どちらもおよそ2ヶ月で資格を取得することができます。また、通信教育を受講しなくても、認定試験を受験することは可能なので、知識をすでに他の試験を取得して身につけている方は、そのまま申し込みするのも良いかもしれません。

資格取得後の仕事・収入

仕事は資格で得た知識を使ってお客様の片付けをサポートすることを仕事にします。時短のテクニックなど、具体的な方法を顧客に解説するので、直接顧客と出会って交渉することが多いです。専門教室を開くことによって同時に多くの人に片付けについて授業を行う場合もあります。平均年収としては450〜万円が相場です。

資格のメリット・デメリット

資格のメリットは、何と言っても通信教育があることです。1つの資格を取得するだけでなく、今人気のある資格も同時に取得することができることはとても魅力的です。資格を取得するだけで仕事をすることが可能になることもメリットの1つです。デメリットはプロ目線の資格となっているので他の資格と比べて難易度が高いことです。また、在宅での受験なので自分で回答を提出する作業が必要になるのも手間がかかりデメリットの1つかもしれません。

整理収納インストラクター (日本インストラクター技術協会)

資格の特徴

収納に関する知識によって、自身の望んでいる理想的な空間を作り上げることのできる人に与えられる資格です。収納の知識が身につき、部屋の整理整頓をするだけでなく、部屋をより華やかなものにすることができます。また、幅広い仕事に就くことができるのも特徴の一つです。

資格の受験料・開催場所・試験日程

資格の受験料は消費税込みで10,000円です。開催場所の指定はなく、在宅受験という形になるので手軽に受験をすることができます。

試験日程についてですが、現在日本インストラクター技術協会では二ヶ月に一回のペースで試験を実施しています。

資格の取得方法・費用・期間など

現在、整理収納インストラクターの資格を取ることのできる通信講座が存在します。

おすすめの通信講座は[SARA school japan]の収納上手基本コース・プラチナコースです。

コースによって受講料が異なり、基本コールだと59,800円、プラチナコースだと79,800円となります。期間は6ヶ月で早い方は2ヶ月で終える方もいらっしゃいます。プラチナコースだと卒業認定がそのまま資格取得につながることができるので、とてもおすすめです。

資格取得後の仕事・収入

先述したように、紹介した資格で就くことのできる仕事はたくさんあります。セミナーを開講して講師をされたり、収納に関わる多くの商品開発に携わったり、独立開業される方も増えてきています。

また、これらの仕事の収入についてですが、仕事によって少し幅があるので表にまとめました。

 

収納に関わる商品を売る仕事 年収約150〜300万円
インストラクターやセミナー講師 年収300〜1000万円
独立開業 年収200〜1000万

この表のように、同じ仕事でも年収は幅広く伸び代のあるものが多いです。中には副業として活動されている方で年収1000万円を超える方もいらっしゃいます。

資格のメリット・デメリット

メリットといたしましては、一時的な部屋の整理ではなく、長期にわたる部屋の整理、収納ができることです。長期的な部屋の整理、収納をすることで、お金や時間の無駄な浪費を防ぐことができ、今よりも充実した毎日を送ることができます。

デメリットといたしましては、学べる学校を探すのが難しいことです。整理収納に関することを学べる学校は非常に少なく、通信講座に比べても受講料ははるかに高いものとなっています。しかし、独学で資格取得となるととても難しくなるので、やはり通信講座を受講することをおすすめします。

ライフオーガナイザー1級 (日本ライフオーガナイザー協会)

資格の特徴

資格の特徴は単純に整理収納のサービスの提供をするのではなく、本格的に思考から整理をするコンサルティング型の片付け支援サービスを提供することです。暮らしの最適化を提供することを主として全国各地で活動をすることができ、多くの方がこの資格で仕事をしています。捨てることが整理収納につながるのではなく、暮らしのストレスは他にある、ということをアプローチとして活動していることも特徴の1つです。

資格の受験料・開催場所・試験日程

資格の受験料はテキスト代を含み税込88,000円です。開催場所は千葉、東京、大阪、静岡、福岡など様々な場所で資格検定が開催されています。試験日程はおよそ1ヶ月に一度行われています。それぞれの会場で行われているわけではなく、月に一度一箇所で行われています。

資格の取得方法・費用・期間など

資格の取得方法は認定講座を受講する必要があります。講座回数は6時間を3回ほどで行われます。費用はテキスト代を含み税込88,000円です。三回とも会場に行ってそのまま受講することが必要で、その流れで資格を取得することも可能です。また、資格を取得する際には2級の資格を取得していなければならないことや、1級の試験にはパソコンが必要なので、注意しなければなりません。

資格取得後の仕事・収入

この資格のみの仕事はとても少なく、他の仕事をしながら副業として活動している場合が多いです。ライフオーガナイザーは需要が増えてきているのでこれからは家具店や寝具店など様々な場所での仕事ができると言われています。また、開業する方もいます。時給等も明確にはされておらずこれからできる仕事次第で、時給が変化してきます。

資格のメリット・デメリット

資格のメリットはただ単純に整理収納をするだけでなく、思考からコンサルティングをするなど、仕事の幅を広げることができます、オーガナイズであることはビジネススキルを磨くにあたってとても有効的です。デメリットはその仕事の不安定さ、資格を取得する機会の少なさです。この資格1つで仕事をすることは不可能ではないものの現在では難しいとされています。その中で資格を取得することはリスクを考えると少しデメリットとなります。また、開催場所が毎回異なるのですぐに資格を取得したい場合は、遠くの受験会場まで行く必要があります。しかしながら、需要が増えてきているのでいずれこれらのデメリットもなくなるかもしれません。

幸せ収納1級 (日本収納デザイン協会)

資格の特徴

自分に必要ないものは捨てて、自分で選んだものだけで生活をすることを目標とするこの資格は家の中にあるものを選び直し新たな部屋を作ることができます。また、資格にはベーシックからマイスターまで、幅広く存在するので自分にあった資格を取得することができるのも特徴の1つです。資格ごとにできることも異なるので1つの資格でも多くのことができます。

資格の受験料・開催場所・試験日程

幸せ収納1級を取得するためには講座を受講する必要があります。そちらの受験料はベーシックなどで異なります。これらの講座は認定講座で、テキスト代を含んだ価格を記しています。

・幸せ収納インストラクター ベーシック 税込34,340円

・幸せ収納インストラクター プラクティカル 税込129,600円

・幸せ収納インストラクター プロ 税込32,340円 別途認定料 税込10,800円

・幸せ収納インストラクター マイスター 税込21,600円 別途認定料 税込10,800円

また、開催場所は名古屋・福岡・東京で開催されています。試験日程は明確にされておらず、講座に応募することで開催予定が決まります。

資格の取得方法・費用・期間など

資格の取得方法についてですが、認定講座を受講する必要があります。費用については上記のものと同じ価格になります。期間についてですが、1つの講座が2日にかけて行われます。2日間の講座を通して資格試験を受験することで資格を取得することができます。

資格取得後の仕事・収入

資格を取得後の仕事についてですが、ベーシックからマイスターまでそれぞれできることが異なります。

・ベーシック 幸せ収納体験レッスンの開催

・プラクティカル 幸せ収納実践講座

・プロ 幸せ収納メソッドを使って家庭での片付け指導

・マイスター インストラクターの養成講座を担当する

それぞれ収入は時給1000〜円となっています。また、プロとして活動するためには営業ライセンスを別に取得する必要があります。

資格のメリット・デメリット

資格のメリットは、ベーシックからマイスターまで幅広くあるので、自分の目的に合わせて4種類の幸せ収納インストラクターを取得することできることです。デメリットは開催場所や試験日程が明確でないことです。ホームページから応募することで開催場所や日程が決まるので今すぐ資格を取得したい、と思っても取得することができません。また、通信教育が存在しないので、認定講座を開講している教室に直接通わなければならないこともデメリットの1つです。

住宅収納スペシャリスト (ハウスキーピング協会)

資格の特徴

新築やリフォームを求める方にアドバイスをして希望の暮らしに合わせた収納を提案することができます。この資格は、整理収納アドバイザーや整理収納教育士の資格を取得していることが受講資格であるように、すでに他に資格を取得されている方が、追加で取得する資格であることが特徴です。

資格の受験料・開催場所・試験日程

資格の受験料は税込37,800円です。開催場所は全国各地の地方に存在します。都道府県にではなく、地方ですので人によっては資格を受験する際、他県に出る必要があります。試験日程についてですが、試験は月に4回のペースで行われています。

資格の取得方法・費用・期間など

資格の取得には特定の認定講座を受ける必要があります。それには受講資格があり、認定された資格を取得する必要があります。費用はテキスト代を含み税込37,800円です。期間は1日で、講座を受講した後に、すぐに資格を取得することができます。また、住宅業界に携わっている方や、家具を販売している方限定で、資格を取得していなくても受講することができます。受講料はテキスト代を含み税込42,100円です。この際、整理収納アドバイザー2級を取得している場合、税込37,800円で受講することができます。

資格取得後の仕事・収入

資格を取得した後は幅広くの仕事に就くことができます。主に建築関係や家具販売で就職することが多いです。時給1000〜円が相場となります。また、他の資格を持っている方はそのまま開業する方もいます。独立された場合は収入の幅が広く、年収で1000万円を超える方や、ブログを書く方は年収200万円ほどの方もいます。

資格のメリット・デメリット

資格のメリットは、資格を取得することで片付けを苦手とするお客様にぴったりの提示をして、達成感のある仕事が出来ることです。また、住宅収納スペシャリストの資格を取得している方だけが使うことのできるスライドを購入することができ、自主セミナーを開講する際に使うこともできるので、資格を取得することによって得られるメリットはたくさんあります。デメリットは住宅収納スペシャリストの資格を取得するための通信教育がないことです。通信教育がないので直接、認定講座の教室に出向く必要があります。それだけでなく、資格を受験するための条件があり、すぐにこの資格を取りたい方でもその条件を満たしていないと受験することができないので資格取得までの時間がかかってしまいます。

整理収納アドバイザー (ハウスキーピング協会)

資格の特徴

1級から3級まで存在しています。正式に整理収納アドバイザーと名乗れるのは一級を取得した方のみで、プライベートでも幅広く役立ちます。部屋を綺麗にするだけでなく、部屋を綺麗にしたあと、これから部屋を散らかさないようにするにはどうすれば良いか、といったこともアドバイスすることができます。片付けをすることで経済的にも時間的にも、そして精神的にも大きな利点をもたらすことができます。また、資格を取るための試験ですが、一次試験と二次試験が存在するのも特徴の一つです。

資格の受験料・開催場所・試験日程

一次試験の資格の受験料は2019年6月5日以降、税込で10,800円、二次試験の資格の受講料は税込で12,969円となっています。試験時間は一次試験だとマークシート式の筆記試験が90分、二次試験だと実技試験が20分程度行われます。資格試験は一次試験、二次試験共に1ヶ月に数回ほど実施しています。申し込みは90日前となっていますので申し込みをする際には十分お気をつけください。

資格の取得方法・費用・期間など

主に2種類の方法があり、1つ目は実際に講習会に出向いて勉強する方法、2つ目は通信講座などで家にいながら勉強するという方法です。講習会は全国各地で行われており、専門のプロが講師として教えてくれます。こちらの受講料は税込32,400円です。2日間にわたって行われ、準1級まで取得している方はこちらがおすすめです。通信講座では、ユーキャンの「整理収納アドバイザー1級・2級」講座を受講して添削課題を提出し合格するだけで、そのまま準1級・2級の資格が認定されます。費用は一括払いで税込49,000円となります。整理収納アドバイザーに興味を持ち始めたばかりの人には非常におすすめの講座となります。およそ5ヶ月で資格を取得することができます。

資格取得後の仕事・収入

整理収納アドバイザー1級を取得後の仕事は主に家事代行やインテリア関連会社、住宅関係の企業に就職するケースが多いようです。これらの時給の相場は1000円〜となっており、月給になると資格手当も含み25万円ほどです。

また、整理収納アドバイザーとして独立される方もおり、人気のアドバイザーになると一件数万円の案件も受注することが可能になります。

資格のメリット・デメリット

資格のメリットは仕事だけでなく、私生活をより充実させることができることです。心の余裕も生まれてストレスが少ない生活を送ることができます。また、資格をもとに仕事をするのではなく、資格とは関係ない仕事場でデスク周りを常に綺麗にし、汚くなりにくくすることができます。デメリットといたしましては、資格を取るまでの期間が長いことです。3級から1級まで幅広く存在し、一級を受講するためにはその前の資格を取っていることが申し込み条件となります。すぐに資格を取ることができるわけではないのでコツコツ勉強して取得しなければならないことがデメリットです。

整理収納教育士 (ハウスキーピング協会)

資格の特徴

こちらの資格は9歳までの子供の教育に携わる方を対象とした、子供の「自立力」を育む実戦向けの講座です。子供向けの仕事に役立てることができます。子供向けの仕事に約立てるだけでなく、自分の子育てをしていく過程で、子供に整理について教えることもできます。また、整理収納教育士の内容には整理収納アドバイザー1級の講座内容も含まれているので整理収納教育士の資格を取った後に整理収納アドバイザーの資格を取ることもできます。

資格の受験料・開催場所・試験日程

整理収納教育士の資格の受験料はテキスト代を含み、税込33,900円です。全国に開催場所が存在し、遠くに行って受験するということはありません。また、整理収納教育士の資格は整理収納アドバイザーと同等資格であるので、1ヶ月に数回ほど試験が行われます。

資格の取得方法・費用・期間など

資格の取得はハウスキーピング協会の認定講座を受講する必要があります。この講座は直接会場に行って受講する形になります。費用は税込33,900円です。期間は1日だけで受講をして1ヶ月後に認定証が郵送されます。受講するとほぼ100%資格を取得することができます。短期間で資格を取得することができるので長期の勉強が必要ありません。

資格取得後の仕事・収入

資格取得後の仕事についてですが、整理収納教育士は基本的にはその資格だけで仕事に就くのは難しい、と考え方が良いです。あくまでも自宅や職場で其の身に着けた知識をノウハウとして活用することで役に立つという形になります。また、自分で講座開講をする場合もありますが、講座を開講すると、一回の受講料がおよそ3万円になるので、受講する人次第で収入も大きく異なってきます。

資格のメリット・デメリット

資格のメリットは正しい整理や収納の知識を自身の子供や生徒たちに教育できることです。9歳までの子供は知識の吸収が生半可なものではなく、間違った知識を与えてしまうとその知識をずっと引きずってしまうかもしれません。そのようなことが起きないために正しい整理や収納の知識を教育することができるのはメリットになります。資格のデメリットはその資格だけでは仕事をするのが困難だということです。しかしながら、整理収納教育士の資格は整理収納アドバイザー2級と同等資格となっているので、資格を取得した後、整理収納アドバイザー1級に申し込むことができます。整理収納アドバイザーの資格を取得することで正式に仕事に就くことができます。

整理収納清掃コーディネイター (特定非営利活動法人ハウスクリーニング協会 )

資格の特徴

整理収納清掃コーディネイターとは、特定非営利活動法人ハウスクリーニング協会を認定機関に持ち、整理(Seiri)収納(Syuunou)清掃(Seisou)のそれぞれ頭文字をとった3Sを学ぶことができる資格です。こちらの資格は段級位制となっており、3級から1級まで存在します。

資格の受験料・開催場所・試験日程

資格を取るためにはそれぞれコースを選択する必要があります。そちらのコースでは二日間に分けて整理収納や清掃による知識を身につけ、そのまま認定試験を受け、合格することによって資格を取得することができます。級によってコースは異なり、受験料も異なります。箇条書きにして金額をまとめてみました。

・1級 税込86,400円

・2級 税込23,760円

・3級  税込17,280円

その他にも、まとめて級が取れる講座も存在します。開催場所は全国各地で講座が行われており、試験日程などは1ヶ月に5回のペースで行われています。講座ではプロ講師の方も多いので、比較的試験を受験する機会は多いです。

資格の取得方法・費用・期間など

資格の取得方法についてですが、先述したように全国各地の整理収納清掃コーディネイターの取得コースを受講することが必要です。費用も3級から一級まで税込17,280円から税込86,400円の幅があります。期間の方ですが、講座は2日にかけて行い、そのまま認定試験を受験するので2日ほどで資格を取得することができます。

資格取得後の仕事・収入

コーディネイターとしての資格なので営業としての仕事に就くこともありますが、主には家具洋品店などの整理や収納に携わる商品を扱っているお店に就職することが多いです。また、中には独立をすることによって個人で人に部屋の整理の仕方や収納の仕方を教えることを仕事にする人もいるようです。いずれも時給にすると1000〜円が相場となります。しかしながらこちらの資格は仕事にするための資格ではなく、自分の生活をより豊かにする資格なので仕事をするのに必須というわけではございません。

資格のメリット・デメリット

資格のメリットは、自分や他人の部屋を整理収納するだけでなく、清掃することができることです。他の資格では清掃までを学んで取る資格はほとんどないので、これ1つの資格だけで部屋の掃除完璧です。デメリットとしては通信講座がないので講座を受講する際に在宅ではなく、直接教室に向かわないといけないことです。時間も取られますが、たった2日間で資格が取得できるのは魅力の1つでもあります。

美しい暮らしの空間アドバイザー (日本美しい暮らしの空間プロデュース協会)

資格の特徴

受講資格が20歳以上の女性でなければいけないことや、「お片づけ完全マスター」の講座を受講済みである、ということが資格の受験の条件であることが特徴です。こちらの協会は他の協会の考え方や収納方法が他協会と全く異なり、他協会で取得した資格を提示して仕事をすることができません。また、認定試験が筆記試験などではなく、直接友人の家の片付けをして、そのビフォーアフターを提出することが認定試験であることはこの資格ならではの特徴です。

資格の受験料・開催場所・試験日程

認定試験の受験料は税込21,000円です。友人の家の片付けが認定試験であるので、開催場所は友人の家になります。試験日程も協会からの指示があるので具体的に決まっていません。

資格の取得方法・費用・期間など

資格を取得するためにはセミナーを受講する必要があります。そのためにはお片づけ完全マスターの受講が必須条件とされており、片付けの基礎知識や片付けの順番を詳しく学ぶことができます。4日間分の研修となっており、課題などに取り組みます。実地試験を最後に行うなど充実したカリキュラムが組まれています。こちらの研修費用はテキスト代を含み税込189,000円です。

資格取得後の仕事・収入

資格を取得した後の仕事は、協会の充実したアフターフォローがあるので安心です。アドバイザーとして働く際に、様々なアドバイスを協会から受けることができます。また、HPのアドバイザー紹介ページに掲載されるので働く際にもPRをすることができます。基本的に独立という形を取っているので時給は1000〜円が相場です。また、独立だけでなく普通の仕事としても就職することができます。しかしながら、その場合は他の協会で取得した資格を提示することができないので注意が必要です。

資格のメリット・デメリット

資格のメリットはとてもアフターフォローが良いことです。初めての独立で不安を抱える方に寄り添う形のフォローを受けることができます。また、デメリットはこの資格を取得するまでに資金と時間が必要であることです。他の資格と比べて費用が高く、受験の条件として必要なセミナーを受けなければならないので時間もかかります。また、取得した資格は通常の家具店や寝具店などの就職に使用することが難しく、他の協会で取得した資格と併用することもできません。家具店などの場所で就職を考えている場合はこの資格ではなく他の協会で資格を取得し、この資格は独立に向けた資格と思って資格取得に向けた勉強をするのが良いです。

片付けプロモーター (エグゼクティブプロモーター協会)

資格の特徴

片付け上手になることを目的としている資格であることが特徴です。片付けのプロとして、他の人の家を片付けるだけでなく、片付ける方法などを教えたりすることもできる資格です。生活費を節約するテクニックや心理学的な要素も学べることができ、幅広く片付けについての知識を得ることができます。エコ掃除を始め、押し入れやキッチンなど、各エリアでの具体的な収納方法を学べることも、特徴の1つです。

資格の受験料・開催場所・試験日程

資格の受験料は税込15,000円です。試験は毎月、定期的に開催されており、開催場所としては、表参道の青山となっています。地方の方は遠くまで試験を受けに行かなければなりません。

資格の取得方法・費用・期間など

片付けプロモーターの認定講座には2種類あり、それぞれ費用が異なります。

・片付けプロモーター上級認定講座(プロとして活動することができます) 認定料を含み税込49,800円(別途テキスト代2,200円)

資格を取得するための期間は2ヶ月です。毎月開催される3時間ほどの講座を2回受講することで資格を取得することができます。

・片付けプロモーター認定講師養成講座(片付けプロモーター認定講師としてセミナー講師になることができます。) 認定料を含み税込59,800円(別途テキスト代2,200円) 資格を取得するための期間は2日間です。2日で講師として必要な知識を身につけ、資格を取得します。

資格取得後の仕事・収入

プロとして顧客に対して片付けをするために必要なことを提示する仕事です。時給で1100〜円が相場となっています。独立して顧客を自分自身で集めて生計を立てている方もいます。それだけでなく、片付けについて教えることのできる先生になるための講座(片付けプロモーター認定講師養成講座)を受講した方はそのままセミナー講師として仕事をすることもできます。セミナー講師は地域の公民館やご自宅サロンといった場所でセミナーを開講することができます。セミナーの規模や生徒の数によって収入は大きく異なってきます。

資格のメリット・デメリット

メリットはやはり部屋が片付くだけではなくエコを意識した収納ができることです。今まで必要だったものを取捨選択することで時間にも金銭にも余裕が生まれて、生活を充実したものにすることができます。また、資格のデメリットはその開催場所の規模の狭さです。仕事の幅を広げることのできる資格であるのにも関わらず、表参道の青山でしか認定試験が行われていないので資格を取得するのに地方の人は長い距離を移動して取得しなければなりません。

北欧式整理収納プランナー (日本能力開発推進協会(JADP))

資格の特徴

「北欧式」は今とても波に乗っています。その魅力は何と言っても、「すぐに使いたいもの」を「整理整頓された部屋」で、「すぐに使えるような場所」に置く、とてもリーズナブルな収納をすることができることです。ものを見せないために収納をするのではなく、部屋を魅せる収納をプランすることができる資格です。他の整理収納系の資格と比べて、男性の割合がはるかに高いのも特徴の1つです。

資格の受験料・開催場所・試験日程

資格の受験料は税込み5,600円です。受験資格があり、教育訓練のカリキュラムを全て修了した者のみが受験することができます。開催場所は、各自が在宅で受験することができます。試験日程等も存在せず、カリキュラムを修了したらいつでも好きな時間に資格試験を受験することができます。

資格の取得方法・費用・期間など

資格の取得方法についてですが、北欧式整理収納プランナーは「資格のキャリカレ」が開講している北欧式整理収納プランナー養成講座という通信講座が存在します。その通信講座を受講することで、そのまま資格を取得することができます。仕事が忙しい方でも、資格取得までのカリキュラムが充実して組まれているので安心です。受講料に関してですが、インターネットから直接受講を申し込みすると割引がされます。通常価格が税別48,000円であるのに対し、直接受講申し込みした場合は税別38,000円になります。初めての方にも安心な充実したカリキュラムが組まれているのでおよそ3ヶ月で資格を取得することができます。

資格取得後の仕事・収入

資格を取得後はインテリアや建築関係の仕事に就くことができます。時給はおよそ1200〜円です。また、独立されてプロのプランナーになる方も多くいらっしゃいます。そのまま就職や転職する場合、キャリアプランナーからの全面的なサポートを受けることができるので安心です。また、独立開業される場合もホームページ作成などを無料で作成することのできるサービスを行なっているので参考にされてみてはいかがでしょうか。

資格のメリット・デメリット

資格のメリットは仕事だけでなく、自分の生活にゆとりが持てることです。心の余裕、金銭的な面での余裕、時間の余裕、多くの余裕は人々に安心感を与えることができます。単純な整理整頓だと使いたいものをまた探さなければなりませんが、北欧式の整理収納をすることによって、使いたいものをすぐ使える位置に収納するのでスムーズな生活を送ることができます。デメリットとしては直接学びに行く講座がないことです。通信教育なので自らが進んで講座を進めなければならないので人によっては資格取得までの時間が3ヶ月以上の日数をかけるかもしれません。しかし、自分から学ぶ姿勢があるのであれば、自宅で勉強でき、自宅で資格受験をすることができるのでとても効率よく資格を取得することができます。

整理収納整理収納