収納術・片付け術最近の投稿

More

おすすめ!おしゃれなカバンに♪カバンの中身を綺麗に整理整頓!

おすすめ!おしゃれなカバンに♪カバンの中身を綺麗に整理整頓!

部屋の片付けはちゃんとしているけど毎日使っているカバンの中はどうですか?カバンは家と違って、外で常に他人の目にふれるものであり、モノを一日に何度も出し入れするので、すっきり整理されていれば、一日気持ちよくスマートにふるまえるはずです。家を掃除したときのようにカバンの中も整理整頓すると気持ちがすっきりします。「すごいカバンキレイだね」と言われるとさらに嬉しくなりますよね。そこで、そんなカバンの中の簡単整理術を紹介します。

カバンの中はゾーニングしておく

まず、カバンの中身を全部出しましょう。不要なものや探しものが出てくるかもしれません。自分が使っているカバンなのですから自分で中身を把握しておくことが大切です。そのために、カバンの中に必ず入れておきたいものを選び、「ゾーニング」しましょう。ゾーニングとは用途別に区分けするという意味です。カバンの中を仲間ごとに小分けします。飴やお菓子、化粧品、常備薬、筆記用具などはそれぞれ専用のポーチにまとめて入れておきましょう。

次はポケットのゾーニングです。ここにはポーチの中に入れたら分からなくなってしまうものや、よく取り出す小さいものを入れるようにしましょう。チャックのついているポケットは開けておくようにしましょう。中になにを入れたのかすぐ分かるように閉じないことが大切です。

縦に収納

急いでいて適当にカバンに入れていたらいつの間にか取りたいものが下の方になんて経験ありませんか?上下にものが重ならないように、まとめたポーチやお財布はすべて縦向きに収納しましょう。そうすればカバンを開けただけで、なにがどこにあるのかすぐに把握できます。

空間を分ける

ポケットがないカバンや大きめのカバンの場合はクリアファイルやまちがあまりないポーチを使って空間を2つに分けましょう。一方は縦詰めにし、もう一方は羽織りものなどのやわらかいものを入れるとよいでしょう。

バッグインバッグを使う

バッグインバッグで、モノの居場所を作ってあげることで、片付けが苦手な人でも簡単にカバンの中を整頓できます。ポケットの付いていないカバンや大きいカバンの場合はそれをポケットや仕切りとして使えるので、とても便利です。小物はポケットを使い、筆記用具やシュシュ、付箋などはバッグインバッグの中にいれるといいでしょう。ここに入れるものも分類して仲間のものだけを入れるようにすると、分かりやすく、さらに使いやすくなるかもしれませんね。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)