収納術・片付け術最近の投稿

More

キッチンの収納術!食器棚に利便性を備えた収納活用法

キッチンの収納術!食器棚に利便性を備えた収納活用法

毎日使用する食器棚を、賢く活用できていますか?何事も整理するには、ルールや優先順位が必要です。お皿やコップを種類ごとに分けながら、使用頻度も考慮して試行錯誤を繰り返す。日々工夫しながら片付けをしていくと、自分流の収納方法ができてきます。ボックスやケースなどを使うと、まとまりある収納力が実現できますよ。しかも収納技が身についてくると、必要か不要かの判断も自然と出来てくるので習慣的にキレイな空間が保てます。ディスプレイ感覚で始めると、オリジナリティある収納方法で楽しみながら取り組めるようになりますね。

食器を分類する

まず最初に全ての食器類をテーブルに並べて、必要か不要かを厳しい目線で選択してください。使わない物は、段ボールなどに片づけておくといいですね。

1.日常的に使用する食器

茶碗やコップなど日々必ず使用する物は、すぐに手が届く場所用として分類します。

2.時々使用する食器

グラタン用のお皿や焼き魚など、使用回数が少ない食器は、多少取りづらくても問題ないですよ。

3.来客時のみ使用する食器

お客様用ティーセットや行事に合わせて使用する物は、手を伸ばして届く上段用としてまとめてくださいね。

収納の仕方

食器棚で手が届きやすい場所は、目線の高さから腰の高さまでと言われています。その次に活用しやすい場所は腰から下で、最後に一番下の段へまとまりある空間を作ります。優先順位を決めながら使用方法を決めて、独自の視点を持って整理してくださいね。利き手を考慮しながら、位置を考えるのもオススメですよ。

1.ルールを作る

最低限のルールは、各形状ごとに食器を重ねて並べて整理を行うコトです。使い勝手を考えて、より効率的な使用ができるようルールを決めるのがポイントです。

2.まとめて整理整頓

調理器具や来客用カップなどは、柔らかい素材のカゴや収納ボックスなどを利用して保管しておくと便利ですね。

3.食器を立てた収納術

100円ショップのファイルボックスなどを活用して、お皿を立てて置くと、かさばらず割れる心配もありません。

4.見せる収納術

背が高い収納棚は目線より上段へ食器を置いておくと、取りずらいため使用頻度も自然と少なくなります。そこでお客様用のティーセットなどを飾って、スペースを有効活用してください。ディスプレイ感覚を取り入れえると、収納力もアップしますよ。

5.上から吊るす収納術

食器を整理すると、どうしても上部にスキマができますよね。そういう時も、デッドスペースとしてうまく有効活用してください。フックなどを取り付けると、コップなどがおしゃれに収納できますよ。

6.引き出しを整理整頓

100円ショップのトレイやプラスチックケースを取り入れると、さらに利用頻度も上がります。スプーンやお箸もきれいに整理できて、食事の準備もスムーズに進みますよ。

7.隠す収納術

一番下には大容量のフタ付ボックスを置いて、食品保存容器類などを入れておくと便利です。まとめて整理しておくと、サッと取り出せて時間も有効活用できますね。

8.空きスペースを有効活用する

食器類の整理が一段落着いたら、一部空きスペースを確保しておくことをオススメします。何事も備えがあれば、いざという時スムーズに行動が出来るため、食器棚にも余裕を持たせてあげてくださいね。

まとめ

キッチンのような日々使う場所を、キレイに清潔感を保つのは何気に大変ですよね。せめて少しでも利便性を備えて、整理できるよう取り組んでみてください。ちょっとした工夫次第で、快適な空間に生まれ変わりますよ。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)