プリント類をすっきり100均収納と印良品の扉に付けられる収納

プリント類をすっきり100均収納と印良品の扉に付けられる収納

インデックスで見やすい100均収納

子供のお便りプリント等、毎月溜まりやすい紙類は、100均のファイルボックスがお勧めです。
大き目のファイルボックスなので、たっぷり収納が可能です。
間にクラフト紙等を挟み、インデックスを貼ることで見やすく、探しているプリントを簡単に発見することが出来ます。
大量になりがちなプリントも、インデックスで区切ることで、整理しやすく、見やすい特徴を持っています。
同じサイズのファイルボックスで揃えることで、すっきり整理された状態で、調べる意欲も増します。
又、白い本棚であれば、ホワイトカラーのファイルボックスで統一することで、清潔感のある綺麗な空間が出来上がります。
その為、数多くの書類やプリントが溜まっている場合は、100均の同じサイズのファイルボックスをいくつか用意しておきましょう。

ファイルボックスをリメイク100均収納

白で統一したファイルボックスは清潔感があり、綺麗なのですが、それでは物足りない場合もあります。
自分がイメージするカラーのファイルボックスが100均アイテムでは無い場合、自分でリメイクすると良いでしょう。
例えば、100均のリメイクシートを使用します。
木彫のリメイクシートを使用すると、全く違った印象のファイルボックスが出来上がります。
その上にラベリングすることで、何の書類を収納しているのかどうかが一目で分かります。
木彫デザインは、重量感のあるボックスの印象が強くなり、まるで図書館で書類ケースのイメージを与えます。
大事なプリント類だからこそ、落ち着きのある、重要なイメージの深いリメイクシートで演出するのもお洒落です。

クッキングシートで目隠し100均収納

半透明書類ケースは、中身を確認することが出来る上で重宝します。
しかし、出来るだけ見せたくない場合、100均のクッキングシートを使って目隠しすることが出来ます。
100均のクッキングシートには、英文プリントのお洒落なデザインのものもあり、それを使うことで隠すお洒落な書類ケースが出来上がります。
中身を見せずに、お洒落に演出が出来る収納こそが、整理とインテリアとしての要素を発揮する為、お洒落なデザインのクッキングペーパーは利用可能です。
外側から目隠しをしたい場合は、100均の英字プリントのカッティングシートを使うのも良いでしょう。
どちらの場合でも注意すべき点は、一つのデザイン・色に統一することで、バランスの取れた綺麗な収納が望めます。

プラケースで立てて100均収納

あえて書類やプリント類を見せることで、分かりやすく、すぐに手に取ることが出来る収納法があります。
100均のプラケースを利用します。
同じ色とサイズのプラケースを使い、種類別にトップにラベリングします。
そこに立てた状態でプリント類を入れるだけです。
すぐに確認すべき書類はまとめて同じケースに入れることで、その日にすぐにチェックをすることが出来ます。
仕分けされたケースに入れることで、整理しやすく、又、見やすいことで必要な書類を即処理可能な点でも魅力的です。

クリアファイルトレーで100均収納

大量のプリントや書類は、仕分けすることで、一目で分かりやすく、取り出しやすくなります。
そこで大活躍するのが、100均のクリアファイルトレーです。
半透明の為、中身が半隠しになるので、中が見やすく、隠す作用もあります。
太目のボックスケースで、乱雑になりがちな大量の書類も、ラベリングすることですっきり納まります。
ファイルケースの中にもインデックスを付けることで、より詳細に仕分けることが可能です。
同じサイズのファイルトレーを使うことで、綺麗に整理出来ます。

トレーやバーを組み合わせて扉に取り付けられる便利収納アイテムです。別売りのフック付きのベルトを使って扉に数種類のパーツを組み合わせて吊るすことができます。

扉の面を利用して小スペース収納 扉に付けられる収納・トレー

色: ホワイト
サイズ:幅60㎝×奥行12㎝×高さ15㎝
原産国: 中国
※他 別パーツもあり

扉裏のデッドスペースを活用できる

扉裏のデッドスペースを有効活用できる便利収納グッズです。扉に専用のフック付きベルトを取り付け、フックの部分に必要なパーツを組み合わせて取り付けるだけなので簡単です。ベルトで取り付けるので、扉を傷つけることもなく、賃貸に住んでいる人にも安心です。例えばクローゼットの扉にベルトを取り付け、フックにポケットを取り付ければ、身の回りの小物を収納することができます。2つポケットはシャツも入る幅なので、畳んだシャツを収納したり、4つポケットにはネクタイやスカーフを収納することができます。クローゼットのデットスペースを活用することで、身の回りに必要なものをチェストなど用意しなくでも、一か所に収納することができます。
また、フック付きのバーも取り付ければカバンも吊り下げられますし、トレーも取り付けられます。トレーも取り付けられるので、アクセサリーなどもいっしょに収納すればさらに充実した収納スペースを作れます。
扉に取り付けるだけでなく、別売りの専用フックでポケットを壁に直接取り付ければ手紙や雑誌を収納できる壁面収納に。また、ユニットシェルフの側面に吊るして、シャルフの機能性をさらに充実させるやり方もできます。
散らかる小物を片づけるには、ものの定位置を決めておくことです。物が必要になる場所のすぐ近くに吊るす収納で物の定位置を決めておけば、使ってすぐ片づけるのが億劫にならずに済みます。その際に、手の届く場所に物の形にぴったりあった収納方法であればさらに気持ちよく片づけられるので、片づけを習慣にすることができるようになるかもしれません。
他にも無印良品には壁に付けられる家具など、生活の中のデッドスペースを活用できるアイテムが揃っています。それらをうまく活用して、限られたスペースでも充実の収納を実現できるようになっているのです。そして、どのアイテムも無印良品らしいシンプルなデザインと色で揃えられるので、部屋のインテリアを邪魔することもありません。むしろ、見せる収納にすることで、統一感を出し大人の収納術を見せることもできます。

賃貸や一人暮らしの人におすすめ

無印良品の得意分野とも言える使う人によってアレンジできる収納アイテムの人気商品です。扉裏の意外と使われていないデッドスペースを活用して、収納場所を新たに作ることができるので、一人暮らしの人など住宅にあまり収納スペースがない人におすすめです。しかも、専用のフック付きベルトを取り付けるだけなので、扉を傷つけることもなく、賃貸の人にもおすすめです。
もし、扉で使わなくなっても、シェルフに吊ったり、壁に取り付けたりと、パーツごとの使用範囲も広いでの自分なりにフックなどで新たに取り付け場所を作って吊り下げるのもいいかもしれません。工夫次第で自分なりのアレンジができる楽しい収納グッズです。

整理収納整理収納