自転車に便利な100均収納と一目で分かる冷凍室100均収納

自転車に便利な100均収納と一目で分かる冷凍室100均収納

カゴ錆隠しに100均収納

自転車のカゴは便利な収納庫ですが、錆が目立つようでは綺麗ではありません。
又、盗難防止の為の対策も必要でしょう。
100均の自転車カゴシートは、防水加工されたビニールシートなので、突然の雨でも大事な荷物が濡れることがありません。
又、100均グッズには、リュック型の自転車カゴカバーがあります。
これは、普段は自転車のカゴにセットして、その中に大事な荷物を入れることが出来ますが、駐輪場に自転車を置いて出かける際に、リュック型になるので、そのまま背負って目的の場所まで行けるのです。
これならば、大切な荷物を盗難される心配も無いでしょう。
外見も隠して、移動用収納にも変身してしまう便利な自転車ビニール袋は、自転車愛用者には必需品です。

突然の雨でも安心100均収納

今日は雨が降る予報で傘を持っていきたいのですが、自転車ではかさばってしまうのでどうしょうかと悩んでいる人もいるでしょう。
いつ降るか分からない天気予報に左右されずに、いつでも使えるように、自転車にしっかり固定できたらと考えられたのが、100均の自転車収納ホルダーです。
自転車の前軸に固定するだけで、傘を入れておけるホルダーが出来上がります。
これを付けることで、走行中も左右に揺れ動くことなく、安定している為、邪魔になりません。
チャイルドシートが付いていると、なかなか付けることが出来ないのですが、100均のワイヤーを使ってビニールコーティングすることで綺麗に収納出来ます。

様々なアイテム取付で100均収納

100均アイテムには、自転車をこよなく愛する人にぴったりの嬉しいアイテムがあります。
例えば自転車のベルやヘッドライト、ハンドルクリップ等も100円で購入できます。
装着の仕方は記載されているので、その通りに固定するだけで快適な自転車生活を楽しめます。
又、100均のカゴガードネットを使えば、少しの間自転車から離れる時でも、盗難から安心して守ることが出来ます。
これがあれば、自転車で買い物巡りをする際にも荷物を置いてその場を離れることが出来て、便利な収納庫に変身してくれるでしょう。

手作りストライダースタンド100均収納

自転車が盗まれないように、固定させるスタンドが必要だと思っている人も多いでしょう。
しかし、高価格になるので、出来るだけ100均アイテムで組み合わせて作れると便利です。
意外と簡単に出来て、100均アイテムなので低価格という利便性から、自転車置き場に悩んでいる人は参考にした方が良いでしょう。
まず必要なのは、100均の角材とクッションスポンジ、木ねじ、接着剤、滑り止めパットです。
ペイントスプレーがあると、可愛く仕上がるのでこちらも購入しておきましょう。
この材料を上手く組み合わせて左右のストッパーを作ることで、安定的なストライダースタンドが完成します。
手作り感があるので、親子で自転車がある場合は、楽しみながら子供たちと作ることが出来ます。

雨風守る自転車カバー100均収納

自転車置き場でただ単に並べるだけでなく、カバーをかけることで景観を綺麗に保つことが出来ます。
又、自転車カバーの役割は、見た目だけでなく、雨風から自転車の老朽化を守る役目もあるので、手軽に購入できる100均カバーは重宝します。
色々なサイズやカラーがありますので、自分の自転車に合ったタイプのカバーを選ぶべきです。
それは子供自転車サイズから大人の自転車サイズまで色々なので、探す際には、カバーをかけたい自転車のサイズを測定した上で購入しましょう。
風の多い時期等はカバーが飛ばされないか心配になりますが、洗濯バサミ等で固定させた上で台風にも耐えたという実績のあるものを用意しているので、耐久性についても大丈夫と推測します。

つっぱり棒で仕切り立て100均収納

冷凍室は冷凍された食品で、乱雑になりがちです。
何が入っているのか分かるように、冷凍する前はタッパーに入れて、ラベリングをすることが推奨されます。
その際に立てて収納することで、より分かりやすく、一目で必要な食材を取り出しやすくなります。
そこでお勧めなのが、つっぱり棒です。
100均の仕切り板でも良いですが、しっかり固定されるつっぱり棒は重宝します。
つっぱり棒で仕切ることで、冷凍食品の転倒を防ぎ、上から一目で見やすい収納が実現可能です。

ブックエンドで見やすく100均収納

冷蔵庫・冷凍庫収納の基本は、いかに見やすいか、取り出しやすいかがポイントになります。
特に冷凍庫内の食品は、横に置いてしまうことで分かりにくく、探しにくい要素が高まる為、立てる収納に専念すべきです。
100均のブックエンドは、仕切りとしての要素が高く、均等に置くことで綺麗に収納出来るでしょう。
ブックエンドの他に仕切り板も重宝します。
仕切り板の場合、好きな箇所で折り切ることが出来る為、自由なスペースの仕切り空間が可能です。
ブックエンドも仕切り板も使用する際には、ホワイトカラーを使うことで、清潔感のある綺麗な収納を目指せます。

保冷剤もまとめて100均収納

野外バーベキュー等で食材を運ぶ際に使う保冷剤を冷凍庫に入れておくこともあるでしょう。
数が多い場合、一つにまとめておく収納がお勧めです。
そこで、100均のプラボックスの中に保冷剤を入れます。
1つにまとめることで綺麗に整理されて、ホワイトカラーボックスを選ぶことで清潔感が出ます。
同様にアイス類も同じ色のケースにまとめて入れることで、上から見やすくて取り出しやすくなります。
棒アイスは小さい縦長ケースに立てた状態で入れると、子供でも取りやすく、見た目も綺麗に演出可能です。

冷食用ケースでお弁当100均収納

毎日のお弁当に冷凍食品を利用している家庭も多いでしょう。
様々な種類をストックしている場合、見やすい冷凍食品の整理は欠かせません。
100均アイテムでは、冷食用ケースが販売されている為、こちらを利用します。
この時、ケースに立てて入れることで、上から見やすく、取り出しやすくなります。
それでも分かりづらい場合は、トップにラベリングしておくと無駄なく使い切ることが出来ます。
上に積む方法よりも、収納容量は増える為、冷凍食品が多い家庭ではこの方法が推奨されます。

ジッパー付きポリ袋で100均収納

ジッパーが付いたポリ袋は、冷凍庫でも活躍します。
様々な形の市販の冷凍食品は、一度パッケージから出して100均の冷凍用ポリ袋に入れ替えます。
そうすることで全ての形が整い、綺麗ですっきり収納出来るからです。
ジッパーが付いていることで密閉が可能であり、何が入っているのか一目で分かるように、マジック等で記入が出来る箇所があります。
この部分に記入して、立てた状態で収納すると、今日使う食品を見つけやすく、忘れ去られることもありません。
冷凍庫にはポリ袋と立て収納が欠かせません。

タッパーで定位置に100均収納

同じサイズの100均のタッパーは、冷凍庫でも必要不可欠なアイテムです。
例えば買ってきた肉を種類別にタッパーに入れて蓋をします。
立てた状態でトップにラベリングをすると、上から一目で使いたい食材を探すことが出来ます。
取り出してそのまま電子レンジで解凍可能な為、手を汚すことなく便利です。
この時、1回で使う分量を保冷ポリ袋で小分けしておくと、使いたい分だけ解凍出来ます。
定位置を決めて常にその場所に収納すると、こまめな掃除も必要なく、綺麗に整理されます。

整理収納整理収納