賃貸でも安心!ディアウォールとキッチン収納

賃貸でも安心!ディアウォールとキッチン収納

賃貸住宅の収納は、収納自体が少ないうえに、DIYで収納を作ろうとしても壁を傷つけてはいけないと気をつかっちゃいますよね。そんな時には、壁を傷つけないようなアイデアDIYで便利な収納を作っちゃいましょう。アイデアDIYはオリジナルな収納として、より一層楽しい生活になること間違いなしですね。

賃貸住宅のデッドスペースを探そう

賃貸住宅に限ったことではありませんが、デッドスペースの代表的な場所は壁です。しかし賃貸住宅だと壁を傷つけることが出来ません。壁のデッドスペースは探してみるといたるところにあります。キッチンのコンロの壁、冷蔵庫の上の壁、シンクの下の壁、空いていませんか?洗面台の壁、トイレのタンクの上の壁、玄関に通じる廊下の壁、空いていませんか?少しでも空間があればそこはデッドスペースとして収納として使う事が出来ます。

賃貸収納アイデア、立てかける収納

壁を収納として利用するには、ピンなどで穴を開けないといけないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。ペグボードを利用したいなと思った時も、わざわざ壁に取りつけなければいいのです。ペグボードのようなボード型のものは壁に立てかけることで穴を開けなくてもいいですね。特にペグボードは、そこに入れ物を取り付けることも出来ますので、ハサミやペンなどの文房具といった小物をそこに入れるととても便利です。また、立てかけるといえばはしごです。本物のはしごでも構いませんが、はしごの形をしたおしゃれなシェルフもありますので、ブックエンドとともにCDや本などを置いてもおしゃれですね。

賃貸収納アイデア、つっぱり棒収納

つっぱり棒は壁面でも活躍します。壁面に吸盤のフックを二つ取り付け、そこにつっぱり棒を乗せると、タオルかけが出来ちゃいます。ゴミ袋なんかもそこにタオルのように折りたたんだ形で掛けてしまうと便利かもしれません。また、つっぱり棒を天井から床までの長い突っ張り棒を壁に沿って2本設置し、その間にワイヤーネットを結束バンドなどで取り付けましょう。そこにS字フックを掛けて帽子などを飾って見せる収納としても利用できます。帽子と合わせて鍵なども入れるようにすれば玄関で大活躍ですね。つっぱり棒は、伸縮できるからということで、長さを測らないまま購入してしまって失敗してしまう事があります。設置したい場所の長さをきっちりと測ってから購入しましょう。

賃貸収納アイデア、ディアウォールに挑戦

つっぱり棒では少し強度が心配だし、もっと見た目をおしゃれに仕上げたい、というときにはディアウォールがおすすめです。ディアウォールは、ホームセンターなどで購入ができます。二つの部品があり、自分の好みの木材の両端にその部品をそれぞれ取り付けます。片方にバネがついていて、それを上になるように立て、壁と床の間に設置します。天井と床専用の木でできたつっぱり棒といったところでしょうか。木材の部分は賃貸とは関係ありませんので、穴を自由に開けることができますね。しっかりとネジなどで棚を設置すれば収納棚の出来上がりです。棚ができると立派な収納として便利に使うことができます。また、木材の雰囲気でがらりとお部屋の雰囲気も変わってとてもおしゃれです。

賃貸のDIYに欠かせないディアウォールと壁美人

収納スペースを増やしたい。ここに棚があれば便利なのに。でも賃貸だからどうしようもない。と諦めている方は必見です!賃貸でもディアウォールや壁美人といったアイテムを使いえば壁面収納をどんどん楽しめます。今回は賃貸でも楽しめる壁面収納術とアイデアを各部屋ごとにご紹介します。

<壁美人>
壁美人とは専用の金具をホッチキスで取り付けて棚やウォールボックス、TVなどを壁に掛けできるようにするものです。ホッチキスで固定するので賃貸でもほとんど壁を傷つけること無く壁面収納が可能になります。しかもサイズにより静止荷重は6kg~24kgまであります。ただし「石膏ボード専用」なので購入前に取り付けたい壁の下地の確認を忘れず行っておきましょう。※通販やホームセンターで手に入ります。

<ディアウォール>

ディアウォールとは2×4木材の両端に取り付けて使うバネが入ったものです。これらを組み合わせたものを柱のように取り付けることで、賃貸でも壁を傷つけることなく棚板などが取り付けられます。天井から床に大きな突っ張り棒を取り付けるようなイメージです。※通販やホームセンターで手に入ります。

キッチン

キッチンでは少しでも収納スペースを増やしたい場所ですね!ちょっとスパイスを置いたり、レシピ本を置いたり、する場所が欲しい時は、壁美人を使ってウォールボックスや棚板を取り付けると便利です。そしてスパイスや調味料、調理器具や食器をたくさん収納したい!という場合は、カウンターと天井の間。カウンター下と床の間。またはシンク周りやコンロ周りにディアウォール2本を使って収納棚を設置するとスペースも有効に使えますし、更にアイアン金具やフックなどを組み合わせて吊り下げでの収納スペースを加えたりと大変便利です。

リビング

リビングはお客様をお迎えする場所でもあるので、ちょっとディスプレイする空間があると便利ですね!そんな時は壁美人を使って飾棚をつくると素敵です。また、リビングで、デッドスッペースになりやすいのがテレビの後ろです。ここにディアウォール2本を設置して棚と組み合わせれば、お気に入りのコレクション、DVD、CD、本、家族の写真などを見せる収納として有効に使えます。更にバーを組み合わせれば転倒防止にもなります。周りなどもオシャレにしたいですね!テレビを壁掛けにしたい場合はお気に入りの壁紙を貼った板を組み合わせてかけるとよりオシャレな空間になります。

洗面所

ドライヤーなどを引っ掛けてつるす場所が欲しい。小物をちょっと置きたい。そんな時は壁美人とウォールボックスの取り付け方向を工夫すれば上手に収納できます。また、収納スペースがしっかり欲しい時は他の場所と同様にディアウォール2本を使って収納棚を設置すると便利ですが、そもそも設置するほど場所にゆとりがない!という時はディアウォールを1本だけ使い小さめの棚板をつけたり、ワイヤーカゴなどと組み合わせれば省スペースで手軽な収納棚を取り付けることが出来ます!

玄関

玄関では、ちょこっと収納でしたら、壁美人と棚板などを組み合わせて鍵や小物の置き場所にしたり、鏡とアクセサリーなどを置いておけば出かける直前に身支度を簡単に整える事もできます。そしてディアウォールを使い棚をつければ、靴を見せる収納として楽しめますし、バーを組み合わせれば、傘や靴べら。ヒールなどをかけて収納する事ができます。靴外にも帽子、バッグ、コート、子供の外で遊ぶオモチャなどアイデア次第で色々なものを収納することができます。

まとめ

賃貸の収納はスペースが限られていますが、デッドスペースを探して有効活用できるようになると、スペースを探してアレンジするのが楽しくなってきます。傷つけらただめ、ではなく、傷つけずに楽しむ、アイデアDIYで便利な収納にしたいですね。

壁面収納をとりいれるだけで、家中の収納スペースは格段にアップしますしディスプレイできるスペースも増えますのでよりオシャレな空間にできますね。賃貸の方もこのような便利なグッズを活用してぜひ壁面収納を取り入れてみて下さい。

キッチンの収納方法

我が家のキッチン周りや収納棚、整理整頓しているつもりなのに、なぜだか、ごちゃついて見えるとお困りの方はおられませんか?キッチンは毎日使う場所だから、使い勝手がよく、気持ちよく使える場所にしたいですよね。まずは、キッチンの見える場所に置いてあるものは、どんなものがあるでしょう?調味料類、調理器具、フライパンや鍋など、料理をつくるのに必要なものが、取り出しやすくするために、キッチン周りに揃えてあると思います。しかし、今の置き場所で、料理をつくるとき、不便はありませんか?調味料の置き場所があっちこっちにちらばって、まとまりがないから、味付けをしながら、うろうろ・・・ということはありませんか?在庫を納める収納棚も、種類別に収納してありますか?買ってきたもの順に適当に入れたりしていませんか?

キッチンの収納のポイント

キッチンを使い易くするには、料理を作る動線に沿った収納と種類別に分けたストックの収納方法が決めてです。まずは、調味料の配置がばらばらであれば、一番使用回数の多い、コンロ近くにひとまとめに置くのが理想です。お醤油、お砂糖、塩、コショウなど、料理に欠かせない定番の調味料は、料理しながらさっと手の届く場所にひとまとめにするだけで、料理作りがぐんと楽になりますよ。調理器具もお玉や菜箸など容器に入れて、立てて収納することで、場所を取らず便利です。これも、使用回数の多い、コンロ付近に置きましょう。お鍋やフライパンはコンロ下の棚にまとめて収納すると、すぐに取り出せますし、埃もつかないのでお勧めです。水切り棚がある場合は、普段はあまり使わない調味料を置いたり、やかんやテイーポットやコーヒーを作るフィルターなど、日常使いのものを置きましょう。収納棚には、100均などで、同じ形のプラスチックの容器を何個か購入し、種類別にストックするものを入れて納めましょう。そうすることで、手の届きにくい棚でも出し入れがしやすくなりますし、在庫の確認もしやすくなります。

キッチンの収納もうひと工夫

キッチンを今以上に使い勝手よく見た目もすっきり見せるには、もうひと工夫必要です。それは、細々したものはできるだけ、かごに入れて布をかけて隠したり、または、調味料や調理器具を入れる容器の柄や材質を揃えることです。それにより、統一感がでて、ごちゃついて見えたキッチンの雰囲気がなくなり、まとまった清潔な空間に生まれ変わります。水切り棚はよく見える場所でもあるので、細々したものはそのまま並べて置くのではなく、かごに入れる等見た目も工夫もしましょう。もしも、ものが多すぎてひとまとめにできないなどありましたら、100均グッズで簡単に作れるものもあります。調味料の置き場所に困ったら、レンガを立ててそのうえに板をわたすだけで、棚として利用できますし、S字フックを棚などにぶら下げるだけで、はさみや輪ゴム、調理器具などをつりさげる場所も作れます。ちょっとしたアイデア次第で、今のキッチンがぐっと使い易くなりますよ。

ファイルケースで100均フライパン収納

意外と収納に困るのが、フライパンです。
何個か所持していると、限られたスペース内で、重ねてしまうこともあるでしょう。
その状態では、どうしても一番下にあるフライパンを取り出しにくくなり、いつも同じフライパンばかり使うことになります。
そこで、理想的なフライパンは立て収納です。
ある程度高さのある収納スペースであれば、フライパンを立てた状態で整理します。
その際に便利なのが、100均のファイルケースです。
1つのファイルケースに1個のフライパンを入れることで、何個かファイルケースを用意すると、仕切りのある綺麗な収納が可能です。

つっぱり棒で吊るす100均フライパン収納

フライパンは隠すものと言うスタイルから、見せるディスプレイ収納が今注目されています。
キッチンの換気扇フードの縁に繋ぎ合わせたつっぱり棒のフックを引っ掛けます。
つっぱり棒にS字フックをかけてフライパンをかけて、見せる収納の出来上がりです。
なべ底に絵柄があるフライパンは、この方法で収納した際にとても見栄えの良いディスプレイが可能です。
フライパンの他にもまな板や調理器具等もすっきり整理出来る為、とても重宝します。
壁に穴を開けたくない場合に適していますので、検討してみると良いでしょう。

シンク下の100均フライパン収納

シンク下はデットスペースで、意外と上手く機能していない場合が多いです。
そこで広い空間を利用して、つっぱり棒とS字フックを使ってフライパンを収納します。
天井近くにつっぱり棒を固定します。
そして、そこにS字フックを付けて、フライパンを引っ掛けます。
これで吊り下げ収納の完成です。
横から全ての鍋を確認出来る為、一目で使いたいフライパンを選ぶことが可能です。
重ねてしまうとどうしても取り出しにくい難点を、上手く解消した収納方法と言えるでしょう。

つっぱり棒で蓋100均フライパン収納

フライパンや鍋の蓋は意外と収納に困るものです。
そこで、収納したいスペースに100均のつっぱり棒を固定して、その間に蓋を立てて収納します。
立てることで、上から見やすく、すぐに必要な蓋を取り出すことが出来ます。
重ねてしまうことで、下の蓋が見にくくなると、どうしても同じ蓋ばかりを使用することになります。
それを防ぐ為に、立てる収納で一目で分かるように工夫がされています。
つっぱり棒を固定するだけなので、特に技能も必要ではなく、手軽に収納出来る方法です。

タオルハンガーで見せる100均フライパン収納

よく使うフライパンの蓋は、100均のタオルハンガーがお勧めです。
キッチンで調理をする壁にタオルハンガーを固定して、そこにフライパンの蓋をひっかけるだけです。
よく利用する蓋を引っ掛けることで、調理の際に手軽に利用出来ます。
フライパン専用の蓋は、どうしても大き目サイズの為、収納に困ってしまうのですが、あえて壁収納にすることで、調理スペースをしっかり確保可能です。
普通の鍋用の蓋と別に使いたい場合、もう1つタオルハンガーを壁に固定をして、鍋用蓋スペースを作ると良いでしょう。
白い壁の際は、ホワイトカラーのタオルハンガーを使うことで、清潔で狭さを感じない空間演出が可能です。

シンク下の扉裏に隠すフライパン収納

100均のタオルハンガーは、フライパンの蓋収納には適していますが、壁に固定して見せるのではなく、隠したい場合もあります。
そこで、シンク下の収納扉裏を利用してみましょう。
使い方はとても簡単で、収納扉裏に100均のタオルハンガーを固定するだけです。
そこにフライパンの蓋を挟みます。
デットスペースを上手く利用しており、隠す収納の為、外観を悪くする要素がありません。

まとめ

キッチンは家のものの多くが集まる場所で、毎日使う場所でもあります。また、ついついものが増えやすい場所ということもあり、収納方法を工夫しなくては、ものがすぐ溢れて雑多な雰囲気になってしまいます。また、毎日の料理作りで、調味料や調理器具を出しやすく納めやすい方法で収納もしなくてはならず、間違った収納をすると料理作りに影響がでて、ストレスが生じやすい場所でもあります。それに加え、ゴミステーションも作らなくてはいけないので、キッチンの収納方法は本当に頭を悩ますところです。キッチンの収納のポイントは、ものの収納を自分の動線に合わせることです。日頃どのように料理を作っているか、手順を確認し、自分の動きに沿って、無駄な動きを出来るだけしなくて済む場所に、調理器具を収納したり、調味料を置くことで、随分料理の支度が楽になります。料理が楽にできるような収納ができるとキッチンの収納は成功です。ぜひ試してみて下さいね。

整理収納整理収納