すぐに実践してみよう!順番に片付ければ家の中もすっきり!

すぐに実践してみよう!順番に片付ければ家の中もすっきり!

家の中を効率的に片付けるには順番があります。単純にいらないものを処分して収納しなおせばいいことなのですが、「もったいない」「また使うだろう」という気持ちが出てきてしまいますよね。その気持ちをいったん忘れ去って片付けることにしましょう。しかし、家の中にものが散らかっていたら、どこから手をつけたらよいか悩んでしまいます。

片付くということは節約にもなる

ものが散らかっていることで起こってしまうのは、家にあるものを把握できないという状況です。ご自宅に同じものが2個ある!という経験はありませんか?
ありがちなのが洋服です。すぐに取り出せない洋服は、その存在自体を忘れてしまっていることになります。着る機会もないまま、また同じようなものを買ってしまうのです。これこそもったいないことです。買って使わないということは、もともと不要だったのかもしれません。また、定位置にないため何度となく買ってしまう日用品などもあるのではないでしょうか。買い足しているものなどで、無駄にお金を使っていることになります。

片付けて家の中のものがわかりやすくなったら同じものを買うことがなくなり、1つのものを大切に使うことができます。無駄に買わずにすむので節約にもなりますね。

しまい込んだものは果たして使うのか?

しまったまま使わないのではなく、使うことを前提に片付けを行ってください。
使わないものがたまってしまっているなら、使うかどうかを考えて捨てることも大切です。整頓してしまい込むだけでは状況は変わりません。買ってから使っていないものもあるでしょう。そういったものは人にあげる、処分するなどを考えましょう。もし迷うなら、そこで悩む時間をかけずいったん保留にしておきます。
片付けに慣れてくれば、見返したときにいるものか不要なものかの判断ができるようになっているはずです。

どこから片付ける?

片付けたくても、片付けが苦手な方はどこからやったらいいのかわからないのではないでしょうか。
まずは、収納スペースからやってみましょう。不要なものを捨ててしまえばそこに収納する空間ができるからです。
はじめは、できれば片付けやすい小さな空間がいいです。30分~1時間くらいで終えられて、自分で「片付けられた!」と実感できる場所からやってみましょう。これを幾度となく続ければ他の場所も気になってくることでしょう。

どのくらいの処分すればいいのかわからないという方もいると思います。その場合には、目安として収納スペースの2割~3割は空間を作るように心がけてみてください。引き出しや棚の中も同じです。このくらいの空間をキープしておけば中のものも見やすくなります。

ものの定位置を決めてしまう

ものの置き場所を決めてしまえば、自分が何を持っているかわかりやすくなります。はじめは、分類ごとわけてだいたいこの辺で、という程度でいいと思います。
片付けが苦手な方はしまっておく場所に困り、時間がかかってしまうこともあるかもしれません。あとで使い勝手がよくなければ、ものは少なくなっているので移動させればよいだけです。分類ごとに分かれていれば同じものをだぶって買ってしまうこともなくなります。

郵便物やチラシはすぐに片付ける

せっかく家の中が片付いても、自分が望んでいないのに外からはいってくるものがあります。郵便物やチラシです。ダイレクトメールやチラシは毎日処分するということも大切です。デリバリーなどのチラシもよく入っていますが、今はネットでメニューが見れたり、注文できたり、クーポンがもらえたりしますので思い切って捨ててしまいましょう。

まとめ

もったいないと思う気持ちは、ものの大切さがわかっているからこそ出てくる感情です。家の中を片付けることによって、ものを無駄にしていたことに気づくことができるでしょう。物を大切に思う心を忘れずにいれば、ずっと家の中がすっきりした状態を保ち続けられるのではないでしょうか。

整理収納整理収納