収納術・片付け術最近の投稿

More

収納付きソファーの「メリット」&「デメリット」を知って賢く使いたい!

収納付きソファーの「メリット」&「デメリット」を知って賢く使いたい!

収納付きソファーは座ることも出来る、収納することも出来る、一台二役の便利な家具ですが、「メリット」と「デメリット」があります。便利な家具だからこそ、いいところも注意したいところも知って賢く使いたいですね。ここでは、そんな収納付きソファーの「メリット」と「デメリット」と収納付きソファーを賢く使う方法をご紹介させていただきます。

収納付きソファーの「メリット」

収納付きソファーのメリットはなんといっても、スペースの有効利用です。リビングは特にスペースを広く取りたい場所だと思います。ですので、ソファーを置きたいけど収納が足りない、という一人暮らしのワンルームマンションや子供部屋などに、とても便利に使うことができますね。
スペースの有効利用と同時に、収納付きソファーは、ソファーと収納の二つの家具を揃えるよりも一つの家具を揃えることで済みますので、価格を抑えることができます。一人暮らしをはじめようとする人にはぴったりの家具ですね。
また、ソファーがお部屋にひとつあるだけでおしゃれな雰囲気が演出できますので、おしゃれなデザインや素材の収納付きソファーにこだわることで、自分好みの部屋に仕上げるための家具となってくれるでしょう。

収納付きソファーの「デメリット」

収納付きソファーは、お手入れが難しいのがデメリットのひとつです。ソファーとしても収納としても大活躍になればなるほど汚れが気になってしまいます。しかし、家具の中でも大きい部類の収納付きソファーですので、ちょっとベランダに干して、なんてことが難しくなってしまいます。
また、収納付きソファーは中のモノを取り出しにくいということがあります。収納付きソファーのほとんどがソファーとして座る座面下の部分に収納が付いていて、引き出しタイプの収納と座面が上に持ちあがるタイプの収納があります。どちらにしても収納として中のものを取り出しにくいこともあり、収納したものが何年もそのままになってしまうことがあるので注意したいところです。

収納付きソファーを賢く使う方法

まずは、収納付きソファーの「デメリット」の改善策をご紹介します。お手入れに関しては、なるべくカバーが洗えるタイプのものにしましょう。汗を掻いた時や飲み物をこぼしてしまったときにも便利です。中にものを収納しているからこそ、湿気を防ぐためにも、カバーを洗うことができて、少しでもお日様の光に当てることができるといいですね。
中に収納したものが取り出しにくいことに関しては、収納付きソファーの収納は、直接ものを入れるのではなく、柔らかい布で出来た収納ケースなどに入れてから収納することをおすすめします。取っ手付きのものだともっといいですね。また、その収納ケースには防かび剤や防湿剤などと入れておくことをおすすめします。
次に収納付きソファーを賢く使う一番の方法としては、たまに中身を確認することです。収納付きソファーを使ったことある人のほとんどが、いつのまにか収納を使わなくなってしまった。ということが多いです。ですので、せっかく収納付きソファーを取り入れたのですから、収納の中をできれば月に一回、半年に一回でも確認することをおすすめします。そうすることで要らないものは入れないようにして、整理することで収納としても活躍します。

まとめ

収納付きソファーの「メリット」と「デメリット」はいかがでしたでしょうか?いいところを最大限に活かして、注意したいところは少しでも回避することで収納付きソファーベッドを賢く使いたいですね。また、便利だけでなくおしゃれにもこだわって、素敵なお部屋をつくりだせるといいですね。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)