すっきりおしゃれなお部屋に!見せる収納の仕方のコツを掴みたい!

すっきりおしゃれなお部屋に!見せる収納の仕方のコツを掴みたい!

見せる収納はおしゃれな収納として最近では主流になってきていますね。収納棚に直接ものを置いたり、収納棚に収納ボックス置いて見せることも見せる収納です。しかし見せる収納は、収納の仕方をちょっと間違えるとごちゃごちゃした収納になってしまい、残念ながらすっきりではなく、使いづらい収納となってしまいます。そんな時は見せる収納の仕方のコツを掴んで、毎日すっきりおしゃれなお部屋にしたいですね。

見せる収納の仕方のコツ、統一感を持たせる

見せる収納の仕方で一番簡単なのは、統一感を持たせるということです。ナチュラル系、モノトーン系、などテーマを決めると分かり易くもなりますが、それは少し難しいという場合もあるかもしれません。そんなときは、色を合わせることを考えると良いです。もしお手持ちの収納ボックスを利用して見せる収納にしようとする時、茶色の収納ボックスが多ければ茶色の収納ボックスで揃えるようにします。茶色は茶色でも色んなトーンがありますので、なるべく近いトーンにしましょう。素材はバラバラでも構わないでしょう。茶色の籠で出来た収納ボックスと茶色の段ボールで出来た収納ボックスと組み合わせてもよいでしょう。もちろんまったく同じ収納ボックスを並べて使うのが一番統一感が出ますので、収納ボックスから取り揃える場合は同じ収納ボックスを必要な数ほど取り揃えましょう。統一感のあるものが並んで見えるとお部屋がすっきりします。

見せる収納の仕方のコツ、出し入れしやすくする

見せる収納は、おしゃれが一番の目的ではありません。お部屋の中のものを便利に出し入れしてこその収納です。便利で動きのある収納は生活に溶け込んで、生活にもメリハリがでます。おしゃれに見せる収納にしたものの使わない収納となるのはもったいないです。収納を使わないまま一年経って大掃除の時期を迎えた時に、結局触らなくて埃がたまってしまった。ということにもなりかねません。例えばプラスチックの収納ボックスを利用するときも、取っ手付きのものにしたりするのもいいでしょう。引き出しタイプにすることでものを取り出しやすくなります。また、何が入っているかをわかりやすいように半透明な収納ボックスにしたり、ラベルや中身がわかるような工夫をすることで、ものの場所の固定化にもなり、出し入れしやすくお部屋もすっきりします。

見せる収納の仕方のコツ、定期的に見直す

見せる収納にするとおしゃれに見せるのが楽しくなって、収納の隙間に雑貨を置いてみたりおしゃれな収納ボックスを購入してみたくなっちゃいます。お気に入りの雑誌を見せて置く収納にしたとしても、おしゃれにすることで満足してしまいがちです。そこで、見せる収納の仕方のコツは定期的に見直すことです。お気に入りの雑貨や雑誌もずっと同じものを飾るのではなく、一か月に一回差し替えるなど、定期的に見直してみましょう。このようにちょっと変化を加えてみてもいいでしょう。もちろん収納してあるものの見直してもしてください。ずっと使わないものが収納してあれば捨ててしまっても良いでしょう。要るものだけにすることは収納の基本である整理となります。定期的に収納を見直して整理することでお部屋もすっきりするはずです。

まとめ

見せる収納はとてもおしゃれな収納です。おしゃれだけでなくお部屋をすっきり見せる収納として便利に使いたいですね。毎日の生活の中で見せる収納を使う時に便利さを確かめながらちょっと微笑んじゃうようなそんなおしゃれな収納に出来るとほんと素敵ですね。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)