収納術・片付け術最近の投稿

More

簡単!100均アイテムで洗面所を綺麗に収納!3選

簡単!100均アイテムで洗面所を綺麗に収納!3選

洗面所は朝出かける前に身だしなみを整える場所、お風呂から上がったきれいな体を整える場所、家の中でもキレイを作り出す大事な場所です。そんなキレイにしたいグッズがたくさん置いてあるのが洗面所です。今回は洗面所におすすめの収納テクニックを収納したいものごとにいくつかご紹介します。

タオルの収納方法

洗面所には必ず必要なタオルですが、どのように収納したらいいか悩んじゃいますね。タオルは便利さを重視した収納としましょう。タオルに種類がある場合は、まずは種類ごとに分けると便利です。また、バスタオルはこの収納ボックス、フェイスタオルはこの収納ボックス、といった感じで種類ごとに収納するように場所を固定化させましょう。タオルは頻繁に使うので、しまいこんで隠してしまう収納よりも思い切って見せる収納としてしまってもいいでしょう。ワイヤーラックに入れるとおしゃれに見えるかもしれませんが、ラック自体を出し入れするのには棚が傷ついてしまう可能性もあります。ワイヤーラックに入れる場合はラック自体は固定し、タオルを出し入れするような入れ方の方が理想です。プラスチックや布の収納ボックスですと、ボックス自体を出し入れしやすいので、入れ物を出し入れする時には、プラスチックや布の収納ボックスの方をおすすめします。また、タオルは立ててしまうことがおすすめ収納テクニックです。上に積み重ねて置くのはなく、縦に立ててに入れるとタオルが見えやすく、使いたいタオルが探しやすくなり、ぐちゃぐちゃになってしまうことを防げます。

洗剤類の収納方法

お掃除などで使用するスプレー式の洗剤や、ストックしているシャンプーやコンディショナーのパウチは洗面台の下に収納することが多いでしょう。スプレー式のおすすめ収納テクニックは、洗面台の下につっぱり棒を設置して、スプレーの持ち手の部分を掛けて並べるとすっきり収納できます。洗面台の下ではなくても、ちょっとした隙間を見つけてつっぱり棒を設置して使用してもいですね。また、パウチは立てて置くと柔らかくてぐにゃぐにゃするので、収納する時に扱いづらいですね。パウチはプラスチックケースのようなものに寝かせて収納することをおすすめします。プラスチックのケースは他にも石鹸や入浴剤など小さなものをまとめていれることもできるのでとても便利です。この時、中身が分かるように半透明だったり網目で中身が見えるケースを選ぶことも収納テクニックのひとつです。あまり使わないものこそ中身が見えるようにすることは大事なポイントです。

ドライヤーの収納方法

ドライヤーを置く収納にしてしまうと、コードが邪魔になって収納するときにちょっとイライラしてしまいませんか?そんな時、ドライヤーには放り込む収納がおすすめです。すこし大きめのカゴを準備してそこに放り込むように入れてしまうのです。カゴが小さいとコードが結局絡み合ってしまいますので、ポイントは少し大きめ、というところです。カゴを置くようなスペースがない時は、掛ける収納もおすすめです。ドライヤーを洗面台の脇などのちょっとした隙間や壁などに掛けて収納することで、コードはざっくりまとめて、あとはダラリと垂らしてしまってもよいでしょう。

まとめ

洗面所にあるものは頻繁に出し入れするものが多いので、便利さを追求することが収納テクニックです。今回ご紹介した収納テクニックにあわせて、さらに使う場所の近くに収納をするようにこころがけましょう。洗面台から遠いところにタオルがあると不便ですね。また、収納用品は白で統一したり、統一感を出すことでキレイスッキリと見せることができますのであわせて取り入れてみましょう。毎日使うキレイを作り出す場所のおすすめ収納テクニック、ぜひお試しいただければと思います。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)