賃貸でも安心!壁を傷つけないアイデアとディアウォールや壁美人でDIY!

賃貸でも安心!壁を傷つけないアイデアとディアウォールや壁美人でDIY!

賃貸住宅の収納は、収納自体が少ないうえに、DIYで収納を作ろうとしても壁を傷つけてはいけないと気をつかっちゃいますよね。そんな時には、壁を傷つけないようなアイデアDIYで便利な収納を作っちゃいましょう。アイデアDIYはオリジナルな収納として、より一層楽しい生活になること間違いなしですね。

賃貸住宅のデッドスペースを探そう

賃貸住宅に限ったことではありませんが、デッドスペースの代表的な場所は壁です。しかし賃貸住宅だと壁を傷つけることが出来ません。壁のデッドスペースは探してみるといたるところにあります。キッチンのコンロの壁、冷蔵庫の上の壁、シンクの下の壁、空いていませんか?洗面台の壁、トイレのタンクの上の壁、玄関に通じる廊下の壁、空いていませんか?少しでも空間があればそこはデッドスペースとして収納として使う事が出来ます。

賃貸収納アイデア、立てかける収納

壁を収納として利用するには、ピンなどで穴を開けないといけないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。ペグボードを利用したいなと思った時も、わざわざ壁に取りつけなければいいのです。ペグボードのようなボード型のものは壁に立てかけることで穴を開けなくてもいいですね。特にペグボードは、そこに入れ物を取り付けることも出来ますので、ハサミやペンなどの文房具といった小物をそこに入れるととても便利です。また、立てかけるといえばはしごです。本物のはしごでも構いませんが、はしごの形をしたおしゃれなシェルフもありますので、ブックエンドとともにCDや本などを置いてもおしゃれですね。

賃貸収納アイデア、つっぱり棒収納

つっぱり棒は壁面でも活躍します。壁面に吸盤のフックを二つ取り付け、そこにつっぱり棒を乗せると、タオルかけが出来ちゃいます。ゴミ袋なんかもそこにタオルのように折りたたんだ形で掛けてしまうと便利かもしれません。また、つっぱり棒を天井から床までの長い突っ張り棒を壁に沿って2本設置し、その間にワイヤーネットを結束バンドなどで取り付けましょう。そこにS字フックを掛けて帽子などを飾って見せる収納としても利用できます。帽子と合わせて鍵なども入れるようにすれば玄関で大活躍ですね。つっぱり棒は、伸縮できるからということで、長さを測らないまま購入してしまって失敗してしまう事があります。設置したい場所の長さをきっちりと測ってから購入しましょう。

賃貸収納アイデア、ディアウォールに挑戦

つっぱり棒では少し強度が心配だし、もっと見た目をおしゃれに仕上げたい、というときにはディアウォールがおすすめです。ディアウォールは、ホームセンターなどで購入ができます。二つの部品があり、自分の好みの木材の両端にその部品をそれぞれ取り付けます。片方にバネがついていて、それを上になるように立て、壁と床の間に設置します。天井と床専用の木でできたつっぱり棒といったところでしょうか。木材の部分は賃貸とは関係ありませんので、穴を自由に開けることができますね。しっかりとネジなどで棚を設置すれば収納棚の出来上がりです。棚ができると立派な収納として便利に使うことができます。また、木材の雰囲気でがらりとお部屋の雰囲気も変わってとてもおしゃれです。

賃貸のDIYに欠かせないディアウォールと壁美人

収納スペースを増やしたい。ここに棚があれば便利なのに。でも賃貸だからどうしようもない。と諦めている方は必見です!賃貸でもディアウォールや壁美人といったアイテムを使いえば壁面収納をどんどん楽しめます。今回は賃貸でも楽しめる壁面収納術とアイデアを各部屋ごとにご紹介します。

<壁美人>
壁美人とは専用の金具をホッチキスで取り付けて棚やウォールボックス、TVなどを壁に掛けできるようにするものです。ホッチキスで固定するので賃貸でもほとんど壁を傷つけること無く壁面収納が可能になります。しかもサイズにより静止荷重は6kg~24kgまであります。ただし「石膏ボード専用」なので購入前に取り付けたい壁の下地の確認を忘れず行っておきましょう。※通販やホームセンターで手に入ります。

<ディアウォール>

ディアウォールとは2×4木材の両端に取り付けて使うバネが入ったものです。これらを組み合わせたものを柱のように取り付けることで、賃貸でも壁を傷つけることなく棚板などが取り付けられます。天井から床に大きな突っ張り棒を取り付けるようなイメージです。※通販やホームセンターで手に入ります。

キッチン

キッチンでは少しでも収納スペースを増やしたい場所ですね!ちょっとスパイスを置いたり、レシピ本を置いたり、する場所が欲しい時は、壁美人を使ってウォールボックスや棚板を取り付けると便利です。そしてスパイスや調味料、調理器具や食器をたくさん収納したい!という場合は、カウンターと天井の間。カウンター下と床の間。またはシンク周りやコンロ周りにディアウォール2本を使って収納棚を設置するとスペースも有効に使えますし、更にアイアン金具やフックなどを組み合わせて吊り下げでの収納スペースを加えたりと大変便利です。

リビング

リビングはお客様をお迎えする場所でもあるので、ちょっとディスプレイする空間があると便利ですね!そんな時は壁美人を使って飾棚をつくると素敵です。また、リビングで、デッドスッペースになりやすいのがテレビの後ろです。ここにディアウォール2本を設置して棚と組み合わせれば、お気に入りのコレクション、DVD、CD、本、家族の写真などを見せる収納として有効に使えます。更にバーを組み合わせれば転倒防止にもなります。周りなどもオシャレにしたいですね!テレビを壁掛けにしたい場合はお気に入りの壁紙を貼った板を組み合わせてかけるとよりオシャレな空間になります。

洗面所

ドライヤーなどを引っ掛けてつるす場所が欲しい。小物をちょっと置きたい。そんな時は壁美人とウォールボックスの取り付け方向を工夫すれば上手に収納できます。また、収納スペースがしっかり欲しい時は他の場所と同様にディアウォール2本を使って収納棚を設置すると便利ですが、そもそも設置するほど場所にゆとりがない!という時はディアウォールを1本だけ使い小さめの棚板をつけたり、ワイヤーカゴなどと組み合わせれば省スペースで手軽な収納棚を取り付けることが出来ます!

玄関

玄関では、ちょこっと収納でしたら、壁美人と棚板などを組み合わせて鍵や小物の置き場所にしたり、鏡とアクセサリーなどを置いておけば出かける直前に身支度を簡単に整える事もできます。そしてディアウォールを使い棚をつければ、靴を見せる収納として楽しめますし、バーを組み合わせれば、傘や靴べら。ヒールなどをかけて収納する事ができます。靴外にも帽子、バッグ、コート、子供の外で遊ぶオモチャなどアイデア次第で色々なものを収納することができます。

まとめ

賃貸の収納はスペースが限られていますが、デッドスペースを探して有効活用できるようになると、スペースを探してアレンジするのが楽しくなってきます。傷つけらただめ、ではなく、傷つけずに楽しむ、アイデアDIYで便利な収納にしたいですね。

壁面収納をとりいれるだけで、家中の収納スペースは格段にアップしますしディスプレイできるスペースも増えますのでよりオシャレな空間にできますね。賃貸の方もこのような便利なグッズを活用してぜひ壁面収納を取り入れてみて下さい。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)