収納術・片付け術最近の投稿

More

一石二鳥!収納もできるソファでスペースの有効活用をしよう!

一石二鳥!収納もできるソファでスペースの有効活用をしよう!

シンプルでスッキリしたリビングはおしゃれに見えるだけでなく、清潔感にあふれて見えますね。しかし、リビングこそ人が生活する主な場所ですので、生活をすればするほど、どんどんものが増えていきます。増え続けるものをどこに収納したらいいか悩んでしまいますが、そんな時、収納もできるソファでスペースの有効活用をしてみてはいかがでしょうか。

収納ができるソファってどんなものがあるの?

まずは素材をご紹介します。収納ができるソファと聞くと素材が限られていて、あまりが種類がないのでは?と思うかもしれません。しかし、素材は布だけではなく、皮のものもあり、木の枠のソファでも収納ができるタイプもあります。つまり、普通のソファを選ぶ感覚で自分好みの収納ができるソファを探し出すことができるでしょう。

つぎに大きさと形についてご紹介します。1人掛け、2人掛け、3人掛けとやはり普通のソファを選ぶ感覚で大きさも選ぶことができます。リビングに置く場所のサイズを測ることはもちろん、収納したいもののサイズと量をきちんを考慮してから選びましょう。また、形も普通のI字のソファだけではなく、L字のソファに収納が付いたものもありますので、選択の幅が広がりますね。

収納部分については、座面を上に持ち上げて収納するタイプと、足元に引き出しがついていて収納するタイプの2種類が主な収納部分です。付属で、くつろぐときに足を乗せるオットマンやスツールにも収納ができるようになっているものもあります。また、サイドのひじ掛けの外側にポケット収納がついていて、そこに新聞やリモコンを入れられるようになっているものもあります。

おすすめの収納するものと注意したいところ

ソファの収納は、素材、大きさ、形に関わらず、収納部分の開け閉めが簡単にできるような造りの場合は、使用頻度が高いものを収納してもいいと思います。例えばDVD・ブルーレイディスク・本・雑誌、などを収納するとよいでしょう。もしも、収納部分の開け閉めがあまり容易にできない場合は、使用頻度の低いものを収納することをおすすめします。例えば、来客用のスリッパや季節外れのものを収納するとよいでしょう。

全体的に注意したいところは、あくまで収納もできるソファということで、ほとんどの場合がソファをメインに使うはずです。そうすると収納部分を滅多に開けない、という状態になりかねません。滅多に開けなくなってしまうと、収納していたものに湿気でカビが生えてしまったりしますので、定期的に中身の確認をすることをおすすめします。必要に応じて防湿剤なども一緒に入れておくとよいでしょう。

サイドテーブルで収納ができるソファにさらにプラス収納

ソファの収納だけじゃ物足りない、もっとスペースの有効活用をしたい、なんていうときにプラス収納として利用されるサイドテーブルもあります。特にソファの座面を持ち上げて収納するタイプですと、ソファから一旦降りて中身を取り出す必要がありますが、サイドテーブルはソファに座った状態から使用できるので、頻繁に使うものはサイドテーブルの収納を利用してもいいかもしれません。

まとめ

収納もできるソファは探してみると色んな種類がありますので、お部屋の雰囲気や自分の好みにあったものを探してみるのも楽しいですね。しかし、収納もできるソファは比較的大きな家具ですので、今回ご紹介したような注意したいところもきちんと考えましょう。収納もできるソファは、一石二鳥でスペースの有効活用になるとても魅力的な収納のひとつですので、是非生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)