収納術・片付け術最近の投稿

More

収納美人になりたい!収納の知恵を生活に取り入れよう

収納美人になりたい!収納の知恵を生活に取り入れよう

生活にあふれているモノを整理してきれいにスッキリ収納できる収納美人。そんな収納美人になるためには、収納の知識を身につけて、収納の知恵を生活に取り入れることが大切です。例えば、「玄関の靴をしまうのが下駄箱」というのは知識ですが、「靴は毎日使うので、出し入れしやすいよう、置くタイプの収納にして、思い切って見せる収納にしよう」というのが収納の知恵です。そんな収納の知恵が活かせるようになりたいですね。収納の知恵には、昔から変わらない先人の知恵というものもあります。しかし、人が生活をしていくうえで、収納の知識は変わらなくとも、収納の知恵は時代とともに変化しているものもあります。そんな昔と今にも注目した収納の知恵を考えてみましょう。

昔と今の収納の知恵

先人の収納の知恵といっても、昔は百円ショップもありませんので、気軽に収納ケースや収納ボックスを手に入れることができません。マンションもない一戸建て住宅が当たり前であった昔は、家は広めな造りとなっており、別棟を建てて要らないものを収納する物置としたりすることもできました。しかし今の時代は、マンションやアパートが圧倒的に増えています。その場合は、収納広くとることはなかなかできません。ですので尚更、収納の知恵というものが必要になってくる時代といえるでしょう。

収納の知恵を生活に取り入れるためのへのステップ:整理

さて、収納の知恵を生活に取り入れるために必要なことは、まずモノを整理するということです。整理するというのは、要るモノと要らないモノを分け、要らないモノを捨てる、ということです。冒頭で例をあげた「靴は毎日使うので、出し入れしやすいよう、置くタイプの収納にして、思い切って見せる収納にしよう」の知恵の場合、毎日使う靴が本当に毎日使うものかを判断する必要があります。これはどんな収納にも当てはまります。何かを収納したいときはまずはモノを整理して、その後どんな収納にしようかを考えることが収納の知恵へのステップです。

収納の知恵を生活に取り入れるためのへのステップ:想像

整理ができたところで、あとは想像・イメージです。収納の知識というものは普段から収納で悩んでいる部分が知識に当てはまる部分が多いかと思います。「書斎で使うペンやはさみは引き出しにしまう」「タンスは服を収納するもの」これは知識です。この知識を知恵として工夫をしましょう。「引き出しにしまうときは、仕切りを使った方が中身がバラバラにならないかもしれない」というイメージ。「服を収納して、出し入れする時いつもぐちゃぐちゃになるから積み重ねるのではなく、縦に並べて収納したらすっきり便利かもしれない」というイメージ。イメージを膨らませて知恵を取り入れる練習をしてみてはいかがでしょうか。文明の利器に頼るのもいいと思います。インターネットで収納の知恵を検索してみてもいいですね。

まとめ

収納の知恵を生活に取り入れるためのステップ、参考になりましたでしょうか。収納の知恵と聞くとちょっと難しいのかな、と思うかもしれませんが、収納のことを色々と想像してみるのも素敵なひとときです。ふとした瞬間に浮かぶ収納の知恵・アイデアを楽しみながら収納美人を目指すのもいいですね。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)