仰天!仕切りを使った収納ってこんなに便利!

仰天!仕切りを使った収納ってこんなに便利!

引き出しの中をきれいにしたはずなのに、何日かすると開けた途端にため息がでちゃうほど、中身がバラバラになってしまっていた経験はありませんか。そんな時に便利なのが仕切りを使った収納です。雑誌などでも仕切りを使ったおしゃれな収納をよく見かけますね。ここでは、仕切りを使った収納がどんなところでどうやって使われているかをご紹介します。バラバラになるということは、毎日のように普段から使っているからこその場所で起きているということです。そこに便利な仕切りを使った収納が活躍すると毎日のやる気にもつながりますね。

同じものが2つ以上あれば仕切りを使った収納の出番です!

どういったところに仕切りを使った収納が取り入れられているのでしょうか。まず基本は、同じものが2つ以上あるところです。靴下、ハンカチ、下着は仕切りを使った収納の代表的なものです。思い浮かべてみると同じものが2つ以上あるものは生活の中に溢れています。リモコンなんかも2つ以上あるのではないでしょうか。意外にも冷凍庫の冷凍食品も仕切りを使った収納にぴったりな場所だったりします。
また、同じものではなくても、引き出しなどひとつの収納スペースに、2つ以上使うものが混在している場合も仕切りを使った収納に適しています。キッチンの箸やスプーンがそうですね。また書斎の引き出しにも、はさみやペン、ノリなどが混在しているでしょう。こういう場所こそ仕切りを使った収納の出番です。

仕切りを使った収納にしてみましょう

ではどうやって仕切りを使った収納にしたらいいのでしょう。
仕切りが最初から付いているタイプの収納もあります。タンスの一部がハンカチやネクタイ用に小さく仕切られていたりするものもあります。タンスのような大きなものではなくても、小さな収納ケースに仕切りが最初から付いているものもあります。アクセサリーケースがそうかもしれません。
仕切り板も販売されています。収納ケースがある前提での仕切るための木の板やプラスチックの板などが100円ショップでも販売されていますので、利用してもいいですね。仕切りのサイズが変えられるように切り込みがいくつか入れられていますので、用途に合った使い方ができます。
次に、仕切りではないものを仕切りにしちゃう方法があります。上蓋のない四角い収納ケースをいくつか並べるだけで仕切りのようになりますね。他にもタンスの中に突っ張り棒をつけて仕切りにする方法もあります。また、百円ショップにあるカラーボードとよばれる厚さ1cmの発泡スチロールで出来た板を仕切りをしたい場所に切って並べて設置する方法もあります。

まとめ

仕切りを使った収納が色んな場所で活躍することが分かっていただけましたでしょうか。仕切りを使うと見た目にもスッキリして、出し入れもしやすく、とても便利です。しかも取り入れる場所や方法もアイデア次第で簡単でリーズナブルです。素材も色んなものがありますので、気軽に仕切りを使った収納にチャレンジできます。並べ方や、アレンジを工夫して、仕切りを使ったオリジナルな収納もいいでしょう。よく使うからこその仕切りを使った収納、便利に賢く活用したいものです。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)