収納術・片付け術最近の投稿

More

断捨離したい方必見!整理と収納の意外な関係!

断捨離したい方必見!整理と収納の意外な関係!

モノが増えていくと、片付けなきゃ、とまず思うかもしれません。そんなとき、ぐるりと部屋を見渡してみて下さい。モノをしまう場所があるでしょうか?モノをしまう決まった場所がある場合は、そこにしまえばいいです。元にあったところに戻す、これが片付けるということです。それでは、収納とは何?整理とは何?を考えてみましょう。整理と収納の意外な関係が分かって、生活にもメリハリが出るといいですね。

整理とは不要なモノを取り除くこと

不要なモノとは読んで字のごとく、要らないモノです。要らないモノは捨てたり、フリーマーケットに出したりと、手放してしまうといいですね。いつまでも手元にあると、そこにある限り、モノとして存在してしまうので、邪魔になっちゃいます。そして、要らないモノの逆の要るモノ、この要るモノがあるところから収納は始まります。また、整理という言葉には、きちんとする、きれいにする。という意味も含まれています。整理とは、要るモノだけを、きれいにする。という意味になります。つまり、収納の前にまずはモノを整理することが必要となるのです。

収納とは使いやすいところにしまうこと

使いやすいというのは、出し入れしやすいという意味でもあります。使いたいときにすぐ出せる、使わないときにはすぐ入れられる。これはとても便利ですね。極端な例ではありますが、キッチンで使うフライパンが玄関にあるおしゃれな収納ボックスに入っているとどうでしょう?使いやすいどころではなく、全くもって使いづらいですね。こうなると、いくらおしゃれな収納ボックスを準備したところで、とても使いづらいです。そうです、収納とはおしゃれの前に使いやすさを求めたものにすることが大事です。

整理してから収納しましょう

整理と収納の意味を理解したところで、整理と収納の関係を考えてみましょう。言葉を並べてみるとわかりやすいですね。整理してから収納、つまり、要るモノだけをきれいにして、使いやすいところにしまう。どうでしょう?イメージが湧きましたか?この二つを逆にするとおかしいことも分かると思います。さらに、片付けるとはその先にあります。片付けるとは収納するところがあるから元に戻せるのです。そして、収納するということは、要るモノだけがそこにあるのです。整理と収納はセットで考えた方がいいこともお分かりいただけましたでしょうか?整理と収納の関係であり、順番はとても大切なのです。

まとめ

生活していくうえで、要るモノと要らないモノを仕分けることが中々難しいですが、収納の前にまずはこの整理が大切です。要るモノと要らないモノの仕分け方はモノによって違います。靴下だと穴があいてしまった時、といったように分かりやすい目安がありますが、書類だとついつい溜め込んでしまい、要らないモノに仕分けるタイミングが難しいです。そんな時はモノによって自分のライフスタイルにあった要らないモノとするタイミングのルールを作るとよいでしょう。覚えられない時はノートなどに、メモをするといいですね。公共料金の領収書は2年前まで!といったように。
こうやって整理と収納の意味を理解することで快適でメリハリのある生活ができるといいですね。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)