収納術・片付け術最近の投稿

More

収納するところがないなら作っちゃおう!収納スペースの作り方

収納するところがないなら作っちゃおう!収納スペースの作り方

生活の中で増えていくもの。必要だからこそ、どんどん増えていくもの。そろそろ新しい収納スペースが必要かな、なんて思いながらも、何から手をつけていいのかわからないことがあります。まずは収納する場所を探すものの、なかなか収納スペースが見つからない。そんな時は、収納スペースを作ってしまいましょう。収納スペースの作り方は、簡単です。コツを掴んで、賢く便利にスペースの有効活用をしたいですね。

下がダメなら上、上がだめなら壁

ものは、基本的に手の届く所で出し入れをしたいので、床から目の高さくらいまでの範囲の収納が多いと思います。つまり、空間の下の部分に収納が集中していると思います。

そこで見上げてみてください。手を伸ばせば届く上の部分が結構空いていることに気が付きます。トイレの上、脱衣所の上、玄関の上、あまりにも高い位置だと取り出せなくなるので、なるべく椅子を使わなくても手が届く範囲の上です。そこに突っ張り棒を2本設置してその上に板を置いたり、カゴを置いた入りすれば簡単に収納スペースが作れちゃいます。ここでちょっと気を付けたいのは強度です。最近の突っ張り棒は丈夫とはいえども限界がありますので、あまり重たいものは置かないようにしたいですね。また、地震のときに落ちてしまう可能性もゼロではありません。落ちて割れてしまうようなガラスや陶器のものは置かないようにしましょう。

上といえば、他にも棚の上下の部分、空いていませんか?食器棚にしまっているコップと上の棚の板の間や、上部に設置してある食器棚の下です。そこには、引っ掛けて吊り下げるタイプのワイヤーラックもありますので、キッチンではラップなどを収納するのに良いスペースですね。

つぎに、壁を見てみましょう。実は壁は収納にもってこいのスペースなんです。壁全面を収納とした家具もありますが、なかなか難しいですよね。そんなときに気軽にスペースを有効利用できて便利なのが、ワイヤーネットです。壁に固定できれば一番いいのですが、壁に立てかけるだけでも使用できるのがこのワイヤーネットです。ワイヤーネットにS字フックをつけたりして、帽子を掛けて見せる収納にしてもおしゃれですね。他にも壁にはウォールラックなどを取り付けて小さなカゴやボックスをおいてそこに小物を収納したり、おしゃれ雑貨を一緒に飾るのもいいですね。

収納できる家具を選んでみましょう

収納できる家具をとりいれることで、収納スペースを作り出すことが出来ます。中が空洞になっていて、収納スペースとして利用できるスツールが代表的です。また、ソファーベッドなども収納できる家具といえるでしょう。子供部屋などでよく使われる、ベッドのしたの部分に収納ができるような家具もあります。思い切って収納できる家具を選ぶところから検討してもいいかもしれません。

まとめ

収納スペースは作り出すことができます。空間があれば収納スペースは作れるのです。おしゃれな布の袋をちょこっとぶら下げてお買い物のビニール袋を入れてみたりするものスペースの有効活用ですね。収納スペースの作り方は、まずはスペースを見つけることです。次にそこに何がしまえるかな、と考えることです。特に百円ショップなどでは、色々な便利グッズがありますので、まずはリーズナブルに収納スペースを作り出すことからはじめてみてはいかがでしょうか。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)