収納術・片付け術最近の投稿

More

心もスッキリ!子供服はアイデア収納でお悩み解決!

心もスッキリ!子供服はアイデア収納でお悩み解決!

子供服は大人の服と違って、服自体が小さいうえにサイズもバラバラで、整理をするのが難しいですね。また、着るものだけでなく、手袋やマフラーだったり、小物もたくさんあるので、どうやって収納したらいいか悩んじゃいます。そんな子供服は、大人の服とは少し違ったアイデア収納でスッキリさせましょう。

子供服を縦に収納しましょう

子供服は、大人の服に比べて、なんといっても数が多いのが特徴です。普段使うものを手前にしたほうがいいことも、頭ではわかっていても、なかなかスッキリと収納できないままでいると思います。そんなときの子供服ならではのアイデア収納は、子供服を上に重ねていくのではなく、小さく畳んで縦に並べて収納することです。大人の服だったり、タオル類を縦収納されている方もいるとは思いますが、数の多い子供服の場合は特に縦収納がおすすめです。これで、欲しい服がどこにあるかも一目でわかり、ぐちゃぐちゃになってしまうこともなく、出し入れがしやすくなります。

タンスの中にさらに小さい収納ケースを入れて活用しましょう

子供服専用のタンスなどは、ある程度子供服に合わせて小さめに収納が準備されていることもあるかと思います。しかし、ほとんどの場合が大人の服を収納する時と同じような普通のサイズの収納となっているでしょう。そんなときには、百円ショップなどで売られている小さな収納ケースをタンスの中にさらに入れて、そこに子供服を小さく畳んで縦に収納するのがおすすめのアイデア収納です。できれば薄手の服、厚手の服、半袖・長袖・七分袖といったように、用途や素材に合わせて分けて収納できるといいですね。小さい収納ケースは、プラスチックのものが使いやすいでしょう。DIYなどで仕切りを作るのも良いですが、子供服の場合はサイズが成長とともにサイズも次々変わっていくため、固定化されたような仕切りを作り込んでしまうことはあまりおすすめできないでしょう。

ざっくりした季節ごと・表記してあるサイズ別に収納しましょう

衣替えのときに悩ましいのが、今着ない服をどうやって収納するかです。また、もう着ない服をどうされていますか?ずっととっておきたい思い出の子供服は、思い出ボックスとしてきれいに収納してしまいましょう。おさがりとして人に譲ることもあるでしょう。

ここでぜひ試して頂きたいアイデア収納があります。出し入れしやすい、持ち運びしやすい収納ケースに入れることはもちろんですが、その際、季節ごと・サイズ別に収納します。季節ごとといっても春・夏・秋・冬と考え始めると、ここで時間がかかってしまいますので、ざっくりした季節ごとに分けてしまいましょう。暑い時に着るのか、寒い時に着るのか、の二つに分類するだけでもいいです。どちらとも決め切らない子供服を間の季節として、三つに分類してもいいでしょう。そして次にサイズですが、表記してあるサイズ別に収納しましょう。同じサイズでもブランドが違うと大きさが違いますが、そこで悩んでいると先に進めません。思い切って表記されているサイズ別に収納しましょう。人に譲る時もこれはこのサイズよ、と渡しやすいですね。

まとめ

子供服はとにかく数が多いので、なかなか手をつけられない収納のひとつです。子供服のひとつひとつの思い出についついうっとりしてしまいながら収納をしていると時間ばかりがどんどん経ってしまいます。ですので、まずは頭の中で収納のイメージを浮かべてから、収納をするという考え方を持つことが一番の心のアイデア収納なのかもしれません。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)