狭いからこその洗面台下収納、簡単収納テクニックがあるんです

狭いからこその洗面台下収納、簡単収納テクニックがあるんです

洗面台は狭いうえに、排水管があったりと収納がなかなか難しい場所です。ストックしておきたい洗剤を買ってきたものの、気がつくと後ろのほうに追いやられて、いつ買ったかな、もう使えないかな、と捨ててしまったりと、もったいなくなってしまうこともあります。そんな洗面台下収納も諦めないでください。狭いといっても、スペースがあるのですから、そこには収納ができるのです。今回は洗面台下の収納に着目した、狭いからこその簡単収納テクニックをお教えします。

突っ張り棒を使った洗面台下収納

洗面台の下には排水管があることが多いと思います。そこでまずぜひ試して頂きたいのが、突っ張り棒の活用です。排水管の手前の上の部分に突っ張り棒を設置します。その突っ張り棒に、スプレー式の洗剤などのボトルの取っ手の部分をひっかけたり、S字フックをかけて、靴をあらうときによく使われる柄のついたブラシなどをひっかけるのです。そうするとスッキリした収納になります。しかし心配なのは、スプレー式の洗剤ということは重みがあるものになるため、ずれ落ちてしまうのではないかと思ってしまいます。そこで有効活用したいのが、突っ張り棒の滑り止めシート。突っ張り棒の先にそのシートを挟むことで突っ張り棒がずれ落ちるのを防ぐことができるので、おすすめテクニックです。

奥までしっかり収納したい洗面台下収納

これはすぐ使うかもしれないと買ったものをついつい手前に置くようにした結果、結局奥のスペースを使っていないというもったいない収納になっていませんか。洗面台の奥は意外と深いですので、奥までしっかり収納したいです。まず、ワイヤーラックでもプラスチックケースでも自分の好みにあった収納を選ぶと思いますが、そのとき、奥に長いものにしましょう。そして、取り出しやすいものにしましょう。たくさん物を入れた時のことを考えると、重くなってしまうかもしれませんので、コロがついているのもおすすめです。また、取っ手がついていたり、取り出し穴がついていたりすると、取り出しやすいポイントとなりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

高さを意識した収納ケースを選ぼう

次に、洗面台の下に収納するものにはどんなものがあるかを思い浮かべてみましょう。洗剤ひとつにしてもいろんな種類があると思います。また、入浴剤など小物もあると思います。そこで気にしたいのが高さです。ラックのようなものを設置しようと思った時に、高さが調整できるものがあればベストですが、調整できない場合は、今収納したいものの高さがどのくらいのものが、いくつあるかを物差しやスケールなどで測ってみるといいかもしれません。そのうえで、収納を購入することをおすすめします。きっちり高さを図る、収納で忘れてはならない重要なポイントです。小物は小物でまとめてカゴなどに入れるといいかもしれませんね。

まとめ

洗面台下の収納には狭いからこそのテクニックが要りますが、コツを掴めば簡単な収納です。特に年末の大掃除シーズンになるとこの洗面台下の収納を見ることが多くなり、ため息をついちゃうことも多かったかもしれませんが、これで安心。毎日の洗面台下収納まで楽しいものになりそうですね。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)