収納術・片付け術最近の投稿

More

スッキリ見せる収納アイデアでクローゼットをオシャレにしよう!

スッキリ見せる収納アイデアでクローゼットをオシャレにしよう!

クローゼットに収納ケースなども揃えて服はちゃんと収納できているのに、何だかスッキリみえない。という場合も多いですね。こんな時はハンガーに吊るした衣類の並べ方や、壁掛け収納の配置などに工夫をして統一感を出すことで解決できます。今回はこのように、クローゼットの中をスッキリオシャレに見せる収納アイデアをご紹介します。

スッキリ見せる収納アイデア×クローゼット┃衣類のかけ方

スッキリ見せるポイントは「統一感」です。ハンガーとかける衣類にも統一感をもたせましょう。ハンガーを出来るだけ同じもの・色で揃えれば綺麗ですし、薄型のものを選べばそれだけ衣類のかさばりも減って更にスッキリと見せる事が出来ます。それでもぎゅうぎゅうに衣類がかかっている場合は、一部をたたむ収納に変更して減らしましょう。

次に、衣類をかける順番ですが、服の向きが全くバラバラであったり、薄手の服と厚手の服。丈の長い服と短い服。などが混ざっているとごちゃっとした印象になります。丈が短いもの・軽いもの~丈の長い物・重い物と、服の種類や色などもまとめながらかけていくと、スッキリ見えます。また、まとまった色物が多い方やモノトーンで統一したい方は、その色同士の中で丈を揃えて他の色と感覚をあけながらかけても綺麗に見えます。

ハンガーラックを二段で使ってある方は、上のパイプにはトップス。下のパイプにはボトムス。と分けてかけると選びやすく見た目も良くなります。その際も統一感を持たせてかけていきましょう。

スッキリ見せる収納アイデア×クローゼット┃衣装ケースの統一感

衣装ケースやチェストなどを使用する際も高さや、ケースをできるだけ統一するとスッキリみえます。段差が出る場合は、丈の短い服×高さのあるケース。丈の長い服×高さの低いケース。となるように並べてケースと服の感覚をできるだけ均等にしましょう。また、半透明のケースで中が見えてごちゃっとした印象になっている場合は、ケースの引き出し部分にリメイクシート・生地・紙などを使って目隠しをすると解決します。一番シンプルなのは無地×シンプルなラベルの組み合わせです。

収納ケースの上には、ボックスやカゴをのせる場合も多いと思いますが、この際もできるだけ同じものを使用します。そしてワイヤーラックを吊るす場合は、服なら綺麗にたたみ、種類や色にも統一感を持たせると良いでしょう。スカーフなどはくるっとまとめて入れておくと良いでしょう。

スッキリ見せる収納アイデア×クローゼット┃棚の置き方と小物

クローゼット内に棚を設置して収納する場合は、衣類のたたみ方にも幅などに統一感を持たせ、ギチギチにならないようある程度の「間」をとって置くと綺麗に見えます。ショップの棚のようなイメージです。
次に、バッグ・アクセ・帽子・靴などを壁掛け収納する際もバランスを考えて吊るしていき、ディスプレイとしてオシャレにみせましょう。更にこだわりたい時は、クローゼットを最低限のモノでまとめ、奥の壁をアクセントウォールなどで変化をつけると、衣類や小物が映えてより素敵な収納が楽しめます!

まとめ

いかがでしたでしょうか。ちょっとしたポイントを抑えれば、たくさんある衣類もスッキリ見せることができます。ハンガーの衣類を並べ替えるだけでもずいぶん印象が違ってきますのでぜひ一度試してみられてください。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)