デッドスペースを活用する収納の裏技特集!

デッドスペースを活用する収納の裏技特集!

クローゼットや収納家具だけでは収納スペースに限りがあります。狭くても空間を最大限に使うにはデッドスペースとなる場所をうまく活用することがポイントです。今回は各部屋ごとにオススメなデッドスペース活用の裏技をご紹介します。

収納の裏技特集┃キッチン

キッチンでデッドスペースになりがちな場所は、冷蔵庫・レンジやトースターの上部・コンロやシンク周辺などです。
一人暮らしなどで小さめの冷蔵庫を使用すると上部が空きます。調理する際にワゴン変わりに使っても便利ですが、イケアなどにある大きめの食器カゴなど棚としても使用できる物を置けば調味料、調理器具、小物などを収納できます。更に、冷蔵庫の横に高さのある食器棚を設置している場合は食器棚から壁まで空間ができますので、そこに突っ張り棒を2本わたして棚を作ったり調理器具を吊るしたりと有効活用できます。

レンジ等の上にできる中途半端な空間では、奥行きもあるので、レンジの熱が逃げる程度の空きをつくった上で、突っ張り棒を2本わたして、低い簡易棚をつくればラップやホイルなどの長い物を差し込み収納できます。この容量で食器棚の上部のデッドスペースにも棚をつくり活用しましょう。

コンロ・シンク周りの奥行きがない縦の空間を利用します。上部に突っ張り棒を並行に設置して調理器具をつるしたり、突っ張り棒2本の間にワイヤーネットを結束バンドで固定し上下に突っ張らせれば、調理器具を引っ掛けたり「小さなカゴ」を組み合わせてキッチン小物を入れたりできます。そしてキッチンは「磁石」がくっつくスペースが多いので「フック付きマグネット」を利用し調理器具を吊るす。スパイスなどの瓶の蓋にマグネットをつけてくっつけて収納する。といったことも可能です。

配管が通りデッドスペースが多くなりがちなシンク下は「シンク下用の専用ラック」が無い場合、2本の突っ張り棒で棚を作りカゴを乗せておくと有効になく使えます。この時奥になる棒を少し高めに取り付ければカゴが手前に傾き中身が見えて取り出しやすくなります。そしてドアの内側にワイヤーネットなどをとりつければ、ビニール袋や鍋の蓋・ラップなどの収納にもピッタリです。他にも冷蔵庫と壁や棚との隙間に「隙間ラック」を使って調味料を収納したり、ゴミ箱と壁の隙間に突っ張り棒を設置してゴミ袋をかけておく裏技もオススメです。

収納の裏技特集┃洗面所とトイレ

洗面所でデッドスペースになりがちな場所は、洗濯機周辺と洗面台の下です。洗濯機と洗面台の間の隙間には収納ラックを活用しましょう。そして洗濯機上部の空間にはラックを取り付けたり突っ張り棒で棚を作れば洗剤から洗濯ネットなどの小物類が一気に片付きます。
洗面台の下は配管があるので配管周りが空きがちです。ここに突っ張り棒を1本設置すればスプレータイプのお風呂の洗剤などをかけて収納できます。更にドアの内側にワイヤーネットなどをとりつければドライヤーやブラシなども片付きます。
次にトイレで収納棚を取り付けられる場所は、トレットペーパーなどの収納にも使えるトイレタンクの上や入り口の上部。トイレブラシ・芳香剤・洗剤などを置ける便器と壁の間の低い位置。床の掃除も格段にしやすくなります。更にペーパーホルダーと壁の隙間は小物がサッと置けるオススメの設置場所です!

収納の裏技特集┃玄関から部屋まで

玄関や部屋では、エアコンの上・玄関や部屋入口の扉の上。下駄箱、クローゼット、収納棚の上部。テーブルやデスクの下などがデットスペースになりがちな空間です。これらの場所には突っ張り棒などで棚を作れば有効に使えます。また、ドアの裏側などのわずかな隙間には突っ張り棒を設置しバッグや帽子類をかけたり、ラッピングペーパー・壁紙・ポスターといった細長い物を立てて収納できます。そしてソファーやベッド下には、ワイヤーネットや板などにキャスターをつけ引き出せる収納スペースとして有効です。

まとめ

「デッドスペース」といっても家中探せば、無いようで見落としている空間が意外とたくさん潜んでいます。これらの空間や、ここに棚があれば便利なのに。と思っていた場所などを上手に使って快適な作業導線を確保しましょう。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)