収納術・片付け術最近の投稿

More

物が多いリビングをスッキリ収納&維持するアイデア!

物が多いリビングをスッキリ収納&維持するアイデア!

リビングは家族の私物が最も集まりやすいので、様々な物が溢れ雑然とした印象になりがちな場所です。しかしその状態では来客の度にバタバタと片付けたりと大変です。今回はリビングの収納と綺麗な状態を保つためのアイデアをご紹介します。

リビング収納のアイデア┃置くモノ・量を決める

リビングは家族でくつろぐ空間なので、生活している人数分だけ物の量が増えがちですので、基本的な物の量を減らしましょう。まずは、テーブルの上、引き出しの中に至るまで全て見直し、現在どれくらいのものがリビングにあるのかを把握します。改めて確認すると、リビングで使う頻度が少ないもの、読み返すこともない雑誌、不要な郵便物、多すぎる子供のおもちゃ、衣類小物、ゲーム機、本来各自の部屋にあるものなどが結構出てくるものです。家族のものは一旦、一人分ずつに分けて仮置きします。そしてリビングの物は不用品は処分し、リビング以外で保管しているものは定位置に戻し、物を厳選しましょう。ここで残ったものをリビングに置く物の基準とし、常にこれ以上増えないように維持します。

リビング収納のアイデア┃ルールを決める

さきほど仮置きしていた「家族の私物」ですが、また使うから。とリビングに置いたままにすることも多いですね。しかし、それでは何度片付けても物は増えていくばかりです。基本的には部屋から持ち込んだ物は使い終わったら部屋に戻す。これが理想ですが、使用頻度の高いものなどは逆にリビングにあった方が良い場合もあります。そこで、例えばオープン棚の中のボックスを人数分にふりわけ、そのスペースに収まるものだけはリビングに置いたままでOK。この空間以外には一切置かない。とルールを決めて置きましょう。すると家族一人一人が、リビングで使用後には自分のスペースに収納する。という流れができますし「基本の物の量」との相乗効果で物が増えることもありません。郵便物もここで振り分けておけばわかりやすいですね。また、この方法はリビングだけでなく、浴室でも各自が使うシャンプー類はカゴなどに分けておくことで、入浴時に持ち込み上がったら脱衣所の定位位置にもどす。などと決めておけばお掃除もグッと楽になります。

リビング収納のアイデア┃使う場所を考えて収納

基本の収納は、物の種類、頻度などで分類しますが、どこでよく使うか。を考えるとより使い勝手が良い収納ができ「出しっぱなし」も防げます。例えば、お風呂上がりにテレビをみながらくつろぎ、ソファの周辺には爪切り、めん棒などがそのままになっていたり。その場合は、めん棒だから洗面台。爪切りは薬箱。などと分けず「お風呂上がりセット」として1つのボックスなどにまとめてソファの近くに置いておけば散らかることもありません。これは家中のどの場所にも応用できます。なぜその場所に物がたまるのか。家族全員がどのような使い方をしているのか。ここになにがあれば便利かを考え、一緒に使うものをまとめて収納しましょう。

リビング収納のアイデア┃スッキリみせるポイント

ナチュラル、モダン、スタイリッシュなど、リビングのテーマを意識してインテリアや家具を選びましょう。使う色はできるだけ減らし、カタチ。色。高さなどに統一感をもたせます。そして収納の方法はベースを扉のついたキャビネットや、カラーボックスなどのオープン棚×籐など統一感のあるカゴ、目隠しのカーテンなど「隠す収納」をメインにしておけば、様々なものが収納できる上にごちゃっとした印象がなくなります。また、家具低めで統一すれば部屋を広く見せることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このようにちょっとしたアイデアを取り入れた収納と綺麗な状態を保つルールで、より快適でリラックスできる空間になります。ぜひライフスタイルと照らし合わせながら取り入れてみて下さい。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)