収納術・片付け術最近の投稿

More

押入れのアイデア収納┃コツをおさえて取り出しやすく!

押入れのアイデア収納┃コツをおさえて取り出しやすく!

押し入れは奥行きがあり大容量の収納が可能なスペースです。しかし、シーズンオフの洋服や布団。旅行かばんに、本や子供の玩具。家電などジャンルもサイズもバラバラで考えて収納しないと、どこに何をしまったかわからない。使いにくい!と大変な事になっていまいます。今回はそんな押入れを機能的に使いやすくする収納のコツとアイデアをご紹介します。

押入れのアイデア収納┃収納する前の下準備

まずは無駄な収納スペースを取らないためにも、収納の基本である「不用品の処分」をしましょう。大変ですが二度手間を防ぐためにも、現在押入れに入れているモノもこれから収納したい物も全て出してから一度に行いましょう。ついでに「押入れの内寸」も測ってメモしておけば収納ケースの購入時や収納方法を検討する時に役立ちます。処分といっても捨てるだけでなく、リメイクして活用できるものがあればリメイク用。それでも使えないものはネットやリサイクルショップで売ったり寄付をしたりといった方法もありますので思い切って必要なものだけを厳選しましょう。
次に必要なときにサッと取り出せるよう、使用頻度・ジャンル・アイテム・使用するシーズンごと。といったように「分類」をして、何をどこに収納するかを決めていきます。この時にリストを作れば手持ちの量がどれくらいかを把握できます。次で、押入れの上段・下段・天袋それぞれに適した物やオススメの収納アイデアをご紹介しますのでぜひ参考にしながら収納されて下さい。

押入れのアイデア収納┃上段には使用頻度の高いもの

上段は最も出し入れがしやすい場所なので、日常的に使うもの。使用頻度の高めの物の収納に適しています。

<クローゼットのように使う>
押し入れサイズのハンガーラック使えば、クローゼットのようにハンガーにかけて衣類を収納できるので非常に使いやすくなります。突っ張り棒を使う場合は、奥側にラックやオープンタイプの収納棚を置き、手前に衣類をかければ奥行きも活用した収納できます。高さを上手に使うには、下部に引き出しケースを入れておけば畳んだ洋服もすっぽり収まります。※引き出し収納が適しているのは目線より下の位置です。上部の隙間には突っ張り棒とワイヤーラックで棚を作れば軽めの物もサッと収納できます。

<形が不揃いなものもそのまま収納したい>
伸縮桐収納ラック・整理棚を使えば空間を分けてつかえるので、下には引き出しケース以外にも形が不揃いなものを入れ、上の段にお布団を乗せる。といった使い方もできます。

押入れのアイデア収納┃下段・天袋は使用頻度の低い物&重さで使い分け

<下段>
下段には「重い物や使用頻度の低いものを入れるのに適しています。低い位置なので奥までしっかり収納できる引き出しケースも便利ですし、キャスター付きであれば思い物も軽々と引き出せます。アイロンやミシンなどもキャスター付ワゴンなどにひとまとめにしておけば使い勝手も良くなります。

<天袋>
押入れの中では一番出し入れしにくい空間なので、使用頻度の低い思い出の品やシーズンオフの飾り物・旅行用のものなどの収納に向いてます。高い位置なので収納容器も中身も「軽め」を意識して選択しましょう。奥行きもあるので取り出しやすい取って付きのケースを仕様したり、踏み台に登らない位置からも確認できるようラベルを貼るとわかりやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。出し入れをしやすくするためには各段ごとに使用頻度や重さなども考慮しましょう。また、押入れにはふすまがあるので、出来るだけ左右にまたがって一つのものを置くのでなく、左右どちらを開けても取り出しやすいように分けて考えるのもポイントです。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)