料理がしやすい「機能的なキッチン」にするための見せる収納術!

料理がしやすい「機能的なキッチン」にするための見せる収納術!

キッチンは最も機能性を求められる空間ですが、やはり楽しい気分でお料理をするにはオシャレ感も外せませんね。今回は、しまいこまずにあえて見せる事で「オシャレ&機能性」を兼ね揃えられるキッチンの収納術をご紹介します。コンロ周りやシンク周りから見逃しがちなデッドスペースを使いますので狭めのキッチンにも最適です。

機能的なキッチン収納┃調理器具は吊るして収納する

鍋・フライパン・カッティングボード・持ち手付きのザル・軽量スプーン、菜箸などの調理ツールは、磁石や粘着テープ、吸盤付きのフック、S字フックなどで吊るして収納すれば、その分の収納スペースを他のものに有効に利用できます。場所は、コンロ周辺、吊り戸棚、キッチンシェルフ、キッチンワゴン、冷蔵庫の扉や側面などを活用しましょう。
ポイントは使用する場所の近くに置くことです。例えばお玉やフライ返し、フライパンなどはコンロ付近。軽量スプーンやピーラー、カッティングボードは調理台付近。水と一緒に使うザルや柄つきスポンジなどは流し台付近。といった要領で決めます。フライパンなど重量のあるものは耐荷重を確認してフックを選びましょう。また、吊るす場所が思った位置にない場合は、突っ張り棒とS字フックを組み合わせることで簡単に確保できます。また、フックに小さいバケツやワイヤークリップなどをひっかければ菜箸や袋に入っている食品など収納できる形状のものが増やせます。

機能的なキッチン収納┃ワイヤーネットを使って壁面収納

100均でも手軽に入手できる突っ張り棒2本でワイヤーネットを挟むように接続し、コンロやシンク付近で垂直に固定すれば吊るすこともできますし、ワイヤーラックなどを組み合わせることでスパイスラックのように壁面収納棚として自由に使えます。これを並行に設置し棚のように固定すれば、棚としても軽量のモノを吊るす収納スペースになります。ナチュラルな雰囲気を出したい時は「すのこ」を使ってもオシャレですし、面を増やしてラック仕様に作るのもオススメです。

機能的なキッチン収納┃瓶や缶を活用する

ショートパスタや、スパイス類、砂糖などの粉もの、ナッツ類、シリアル、お米などは、瓶やビッグキャニスターに入れてラベルを貼るだけでオシャレにカフェ風に仕上がります。中身がみえるので補充がしやすいのも嬉しいですね。置き場所は棚に並べるだけでも良いですし、瓶の蓋に磁石をつければ更に色んな場所にくっつけて収納できます。そしてフォークやスプーンなどのカトラリーは缶に入れて立てて置き、キッチン小物などザクッと入れておきたいときは蓋付きの缶に入れておくだけでもカフェ風の雰囲気も出て素敵です。よりオシャレ感を出したい時は木・ラタンなどの素材を使ったりラベルにこだわったり、マステ、塗装などでリメイクしましょう。たくさんのモノを置きスッキリ見せるコツは、容器のカタチ。サイズ。高さ。デザインのテイストや色を合わせる。などで統一感を出すと良いです。そして「飾る」というイメージで並べると仕上がりもグッと良くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように使う場所の近くに配置することで無駄な動作も減りお料理も効率よくつくれますし、キッチンも華やかで楽しい雰囲気になります。小さな観葉植物やお気入りの雑貨なども一緒に飾ってより自分らしさが光るキッチンづくりを目指しましょう。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)