収納術・片付け術最近の投稿

More

おもちゃは子供目線で考えて上手にスッキリ収納!

おもちゃは子供目線で考えて上手にスッキリ収納!

小さいものから大きいものまで様々なサイズがあるお子さんのおもちゃ。片付けやすい収納は大切ですが、やはりお子さん目線で考え、お子さん自身が出し入れしやすく遊びやすい。そしてお片付けまで楽しくなるような収納まで意識しておきたいですね。今回はおもちゃの収納のポイントと収納のアイデアをご紹介します。

おもちゃの収納┃子供目線で考えるポイント

ポイント①収納する高さを考える
子供さんの身長に合わせ、本棚やおもちゃを収納する高さは見やすく出し入れしやすいラインまでにしましょう。そしてちょっと高めの位置にあるカゴなどは、子供さんが立った状態の目線からでも中身が確認できるようカゴを手前に傾けた状態で固定してあげると良いでしょう。
ポイント②中身が分かる工夫をする
おもちゃは入れるケースの色を分けてどの色にどんなものが入っているとイメージしやすくしたり、おもちゃの簡単なイラストや写真などを添えると出す時も片付ける時もわかりやすいですね。
ポイント③おもちゃの場所がわかりやすいように分類しておく
ブロックならブロック。お絵かきをするならペンと紙類は一緒か近くに。など、細かい分類はしなくてもある程度の分類をしておけば遊びやすくなりますし、お片付けの目安もできます。

おもちゃの収納┃棚×ボックス

基本的にはこまごましたものも多いので、各おもちゃごとに大まかに分類しボックスやカゴ、100均のファイルボックスなどにザックリまとめて、カラーボックスや棚に収納する方法が一番簡単で、綺麗に見えます。子供さんにも忙しいお母さんにも最適なスタイルです。ボックスの色分けや、イラストをつける際はケースの形や素材を合わせるなど統一感を意識しておけばよりスッキリ収納できますし、お家の雰囲気と合わせるようにラタンのカゴを使ってもオシャレですね!

おもちゃの収納┃運べるおもちゃ箱

木箱や可愛いプラスチックケースなどに、キャスターとロープなど引っ張れる部分を取り付ければ、移動できるおもちゃ箱として収納しておけます。100均のワイヤーラックと結束バンドを使って作ってもいいですね!これだと遊ぶ場所で取り出し収納しそのままお部屋の隅に置いておくだけでインテリアにもなります。また引っ張る楽しさが加わることでお子さんもお片付けを楽しむことが出来ます。ここで収納するおもちゃはある程度大きさがあり、ある程度軽めのもの。ぬいぐるみなどが良いでしょう。

おもちゃの収納┃ぬいぐるみ

意外と増えて場所をとるのがぬいぐるみですね。軽いので、動かせるおもちゃ箱以外でも、ワイヤーラックや小さいバケツなどを使って壁掛け収納にしてもいいですし、ハンモックや大きめの生地を袋状にして吊るしたりして収納しても可愛いですね。吊るすことで床のスペースも有効に使えます。あるいは、コーナーラックなどを使い部屋のデッドスペースで有効にディスプレイするのも素敵です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ちょっとしたアイデアでごちゃっとなりがちなオモチャも、スッキリ片付きます。あとはお子さんの性格や好きな遊び方などに合わせて、より快適に過ごせる収納方法を工夫していくとより良い空間になります!

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)