収納術・片付け術最近の投稿

More

クリアケースでシーズンオフの衣類を収納するコツ!

クリアケースでシーズンオフの衣類を収納するコツ!

クリアケースといっても、衣装ケース・チェストタイプ、スタックバスケットタイプから小物や薬を収納するものまで、サイズも形も種類が豊富です。衣類の場合は「スグに着用する服」をチェストタイプなどで普通に収納するか、「シーズンオフの衣類」をフタ付き収納ボックスで長期収納するか。収納方法はこの2つに大別できます。今回は思うようにコンパクトにまとまらない。分類がうまくいかず出すときにごちゃごちゃになる。収納した場所がわからない。というお悩みも多い「クリアケース(フタ付き収納ボックス)で衣類を長期収納する場合」の収納方法をご紹介します。

クリアケースに収納する前に整理をする

まずは不要な服と収納しておきたい服を分けましょう。着ない服を毎シーズンしまっていては、無駄な作業時間と収納スペースが発生するだけですので、着ないと思った服は思い切って処分するか売りに出しましょう。

次に必要な時にすぐ出せるように衣類を分類しましょう。基本の分類はシーズンごとに「春夏・真夏・秋冬・真冬」そして「オールシーズン」と5つに分けて考えます。オールシーズンの衣類はチェストタイプなどに収納しいつでも取り出せる状態にしておき、春夏・真夏・秋冬・真冬に分類した衣類を各シーズンごとに出し入れする状態にしておきましょう。

更に、各シーズンごとに分類した上で収納しておけば衣替えがスムーズに行えます。例えば、秋冬ものならアウター・トップス・ボトムス・ルームウェア・マフラーなどの小物類。といった感じの分類です。

クリアケースのサイズと収納する場所を決める

長期収納する分の衣類の仕分けが終わったら、量に合わせてクリアケースを置くスペースを確保しましょう。長期収納で使用頻度が低いので、クローゼットの場合は大きいケースなら下段。小さめのケースなら上段。押入れの場合も小さめなら天袋。大きいなら下段。ベッド下収納が可能であればベッド下に収納すると良いでしょう。ケースも各収納場所・衣類の量に合わせて準備します。

クリアケースに綺麗に収納するコツ

仕分けした通りに各シーズンごとにアイテムごとにできるだけまとめて収納していきましょう。

たたみ方の注意点としては上着などたたみジワになりやすい素材のものは、たたむ際にタオルなどをはさみこんでおけば防げます。また、「圧縮なしでキッチリ収納したい方」は、クリアケースの幅に合わせてたたみ、ケースに入れる時は、長方形のケースは長さのある方を床と垂直になるように立てて、積み上げるように収納していくとより多く収納できます。そして「服をたたむのが苦手な方や忙しい方」は、通常収納の引き出しのサイズに合わせてたたんでおけば、そのシーズンが来た時にそのまま取り出し、通常収納の引き出しへ移動させるだけで完了するので大幅に作業の手間を減らせます。この場合はクリアケースに服を入れていっても隙間ができる事が多いのでこういった隙間にマフラーなどの小物類を入れていくとデッドスペースもなく収納できます。

そして、収納スペースが足りない。とにかくコンパクトに収納したい。という方はクリアケース×圧縮袋を合わせた収納が最適です。圧縮袋のオススメ商品はニトリ「押入れケース用 圧縮袋 2枚入り:821円(税込)」です。1つの袋にセーターやフリースが30枚入ります。圧縮すれば高さが半分になりますので非常にコンパクトに収まります。ただし、その分重くなるので収納場所は低い場所にしないと出し入れが大変です。

まとめ

クリアケースは半透明なので中身も確認しやすいので各ケースごとに目印を入れておくだけでも良いのもメリットですが、「春夏・真夏・秋冬・真冬」などのラベルをつけたり、量が多ければ「アウター・トップス」などとアイテム名のラベルを貼っておくと更に確認しやすいです。今回ご紹介したポイントを抑えて収納しておけば蓋付きのクリアケースを使った長期収納もスムーズに進みますのでぜひ上手に収納して下さい。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)