口コミから見る日本生活環境支援協会の評判とは?

口コミから見る日本生活環境支援協会の評判とは?

日本生活環境支援協会とは?

公式ホームページによると

「日本生活環境支援協会とは、生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するもの」

だそうです。

なんだか固くてよく分かりませんね……。

噛み砕くと要するに「生活に関わる各種資格を取り扱ってます」といったところでしょうか。

生活に関わる資格、と言われて皆さんはどんなものを思い浮かべますか?

ガーデニング、ハウスクリーニング、収納術などなど……一口に 生活に関わる と言ってもいろいろありますよね。

当記事では、日本生活環境支援協会でサポートされている資格をいくつかピックアップして口コミや評判と合わせて紹介していきます。

日本生活環境支援協会ではなんと13の資格を認定

日本生活環境支援協会では13個の資格を認定していて、そのどれもが在宅受験できるというのがありがたいですね。

では早速紹介させていただきます。

羊毛フェルトアドバイザー認定試験

手芸アドバイザー認定試験

羊毛フェルトや手芸は年代を問わず人気が高いですよね。

ツイッターやブログなどで自身の作品を掲載している方も多いです。

どれもこれも、可愛らしくて素人の作品とは思えない物ばかり。

試験では、製作知識やレシピ、各種技術の理解度を問われます。

羊毛フェルトであればニードルフェルトの製作知識。

手芸であればカーピングやギャザーなどの知識、技術。

こちらの認定試験で資格を取れば、自宅やカルチャースクールなどで講師としてのお仕事ができるそうです。

ベランダ菜園アドバイザー認定試験

ガーデニングアドバイザー認定試験

趣味の定番、ガーデニングの資格。

持ち家の方はお庭で、そうでない方もベランダさえあればプランターを置いていつでも始められる手軽さが魅力ですね。

試験では、野菜の基本的な育て方や土の作り方など実践に基づいた知識が問われます。

普段から菜園を管理してる人にとっては常識レベルだったりするかもしれません。

またガーデニングアドバイザーに関してはガーデンの設計や施工、管理の方法も問われるみたいです。

こちらの認定試験で資格を取れば、講師としてのお仕事はもちろんのことガーデニングショップの相談員などで活躍の場があるそうです。

すでに園芸関係のお仕事をしている人が知識の整理や確認のために資格を取るケースもあるみたいですね。

収納マイスター認定試験

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験

今度は家事の定番、お掃除&収納術の認定試験。いわゆる「収納の達人」や「掃除の達人」認定試験ですね。

試験では、家事の定番だからこそと言うべきか基本的な収納や掃除の方法というよりも

「プロの視点」での知識や道具の使い方が問われます。

汚れの状態に合わせた正しい掃除方法など普段何気なく済ませている掃除を、より客観的に判断する必要があるわけですね。

資格取得後は、自宅やカルチャースクールでの講師もできますし直接お客さんの家に訪問してアドバイスするのもいいかもしれません。

日本生活環境支援協会の資格は主婦にこそオススメ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したのはほんの一部ですが名前からもなんとなく内容が思い浮かぶようなものを特にチョイスしました。

ご覧いただいたように、日本生活環境支援協会で認定されている資格は趣味や住環境など、生活に密接したものばかり。

ガーデニングや手芸を趣味にしている方はもちろんのこと毎日の家事で収納術を試行錯誤している主婦こそ、日ごろ培ったノウハウを生かすチャンスなのかもしれません。

なんといっても在宅受験できるというのが日本生活環境支援協会で得られる資格の強みですね。

毎日毎日変わり映えのしない家事に飽き飽きしているあなた。ひとつ資格でも取って、日常に彩をそえて見ませんか?

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)