収納術・片付け術最近の投稿

More

究極の片づけ断捨離とは?断捨離のコツと効果

究極の片づけ断捨離とは?断捨離のコツと効果

断捨離とは

最近、巷でよく耳にする断捨離。難しい響きでとっつきにくく感じるかもしれませんが、断捨離の意味はいたってシンプル。自分に必要ないと判断したものはきっぱり断り、ものを増やさない、自分に必要なもの以外は捨てる、物欲から離れてシンプルに生きるということです。いわゆる、究極の片づけということです。この断捨離という考え方は部屋の片づけに留まらず、生き方そのものにも影響を与えるように思います。

日常生活に断捨離を取り入れてみると、部屋だけでなく心もすっきり

ものを捨てるのが苦手という人は、こういった考え方を取り入れるのも片づける一つの手かもしれません。自分の部屋に置くものは、本当に必要なものだけ、衣類は10着以上持たないなど、普段の生活とかけ離れていて、最小限のもので生活することに、少し抵抗があり、そこまで、やらなくてもと思われている方も、日頃の片づけや生活を振り返り、こういった生き方を知ることで、ものがたくさんなくても実際、生活していけることや、自分の家に残すものを決める際、捨てるべきかどうか迷いが生じて、選びづらい物もあるかと思います、しかし、自分にとって一番大切なものは何か、どのように自分は生きていきたいのかを、じっくり考える良いきっかけにもなると思います。断捨離されて片付いた部屋は、一見、殺風景に感じる方がいるかもしれませんが、選び抜かれたものが置いてあるシンプルな部屋は、その部屋自体の良さが際立ち、生かされているように感じます。これが、断捨離の良さだと思います。すっきりしてすがすがしい空気が流れているお部屋で寛ぐと心も体もきっとすっきりしますよ。

徹底した断捨離とまでいかなくても荷物に囲まれていた生活にピリオドを

せっかく素敵な家を購入しても、引越したとたん、荷物の山で人が住む場所があまりないと嘆いておられる方はいませんか?もので溢れて、家の雰囲気や寛げるスペースがなくなってしまうと、自分にとっても、家族にとっても良いことはありません。こういった時に断捨離の考えを参考に、いるものいらないものを仕分けて、自分や家族にとって、どのような生活が快適なのか再度、考えてものを処分しましょう。もったいないとか、後で後悔すると思われる場合は、本当に必要であればまた使うときに買えばよいと考えて、できるだけ、処分する方向で片づけてみて下さい。何か物足りないと思うぐらい、お部屋がすっきりかたづくと、きっとそのころには、心も一緒に整理整頓されていると思いますよ。自分の理想とする家を実現できたら、後は、必要ない物は、断ってでも貰わない、買わないを、徹底するときっと生活そのものが、シンプルになり、気持ちも軽くなると思います。最初から、徹底した断捨離を行うのが怖いと思われる方は、部分的にほんの少しでも生活に取り入れるだけでも、きっと今よりも風通しのよい生活が待っていると思います。

まとめ

魅力的で素敵なものがどこででも手に入り、たくさんのもので溢れた国で、必要なものだけに囲まれ、シンプルに暮らすことは、返って難しく感じるかもしれません。また、多くの人が、たくさんの便利なものに囲まれて暮らすこと=幸せと思っているかもしれませんが、必ずしもそうとは、限りません。いつも流行に振り回され、便利なもの便利なものと、購買意欲をかきたてられるような広告にも振り回されて、仕事で稼いだお金を、どんどんつぎ込んで消費していると、経済が低迷している今、このような大量消費をして暮らすことにいつか限界がくるように思います。断捨離という生き方は、他の人が持っているから、流行っているから、便利だからという理由ではなく、本当に自分にとって必要かどうかを見極め、自分らしい幸せを追求していくシンプルながらも、素敵な生き方の一つだと思います。たくさんのものを持つこと自体が悪いというのではなく、現在の環境に配慮した社会全体の動き、経済の動きをみていくと、こういった生き方があってもよいのかなと思います。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)