ワンルームマンションを片付けるコツ!デッドスペースを有効に活用

ワンルームマンションを片付けるコツ!デッドスペースを有効に活用

限られたスペースで、すっきり暮らすコツ

ワンルームマンションは、マンションや一軒家と違って、かなりスペースが限られているため、すっきり片付いた部屋にするなんて無理と最初から諦めていませんか?部屋は毎日使う場所で、仕事や勉強の後、休息が出来る場所でなくてはいけません。収納スペースやデッドスペースをできるだけ活用することで、自分だけの寛ぎ空間ができますよ。家具選びから、押入れの収納まで、ワンルームマンションですっきり暮らせるコツを身につけましょう。

備え付けの収納スペースを最大限に生かす

部屋の押入れスペースは、部屋の中で、最大の収納スペースです。この、押入れをフルに活用することで、表にでるものを出来るだけ減らしましょう。押入れには、衣装ケース、布団、アイロンや掃除道具など、空間をちゃんと仕切って、使い勝手よく収まるようにします。例えば、大きな押入れであれば、押入れの上段を衣類を掛けるクローゼットと布団を収納するスペースとして利用します。押入れの半分にお布団を入れて、上にまだ空間があるようでしたら、衣装ケースを2つ横並びに入れて、その上に布団を置きます。もう半分は突っ張り棒を使って、衣類を掛けるスペースを作ります。服を掛けた奥の方にまだ、スペースがあるようでしたら、カラーボックスを横に入れて、鞄入れにすると空間を無駄なく使えます。下の段は、アイロンや日曜道具、掃除道具など、細々したものを収納します。そこで、おススメなのが、空間を最大限使うため、押入れの奥にカラーボックスかキャスターのついていない棚を入れます。使用していない本を収納したり、季節外れで使わないものを収納します。前側はキャスターのついた棚を入れて、衣類やシーツやタオル、ハンカチ類などを入れておきます。押入れをクローゼット替わりとしてなど、たくさんの用途で使います。

デッドスペースを有効利用

トイレや玄関などの上部の空間は棚付きの突っ張り棒を設置して、トイレ用品や使わない靴を収納するなど、空間のデッドスペースを有効につかいましょう。部屋の家具を選ぶ際も、優先事項をよくよく考えて、たくさんの家具を購入し過ぎないようにしましょう。例えば、学生であれば、部屋は勉強部屋使用になりますが、勉強机と本棚をメインに考え、ベッドを置くスペースがない場合は、ベッドを兼ねたソファを買うとか、机は折りたたみ式にして、必要な時だけ出すようにすると、狭い部屋でもごちゃつかず、すっきり広く使えます。また、すっきり暮らすには、ものを、溜めこまないことも大切です。押入れを有効活用してちゃんとものを納めても、ものがどんどん増えていくとあっという間に、収納オーバーになってしまいます。日頃からものが増えないように注意して、自分だけの寛ぎ空間を作ってみて下さいね。

まとめ

ワンルームマンションでも、工夫次第ですっきり、快適に生活できます。もし、大学生でワンルームマンションを使用する場合は、卒業後、就職先によっては、引越すことも考えられるので、まずは必要なものを、リサイクルショップで揃えて、卒業後、また売ったり、衣装ケースなど使い勝手が良い物で、長期的に使用したいものだったら新品を買うなど、少し先を考えて家具を購入すると無駄がでないと思いますよこの収納方法、学生に限らず社会人にも十分応用できると思います。転勤や結婚で引越になっても、長期使うものと、リサイクルショップで売るなど手放しやすい家具を揃えることで、環境が変わっても荷物整理がしやすいのでお勧めです。数年後を見越して部屋作りをすることもポイントの一つです。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)