収納術・片付け術最近の投稿

More

片付けられない症候群!片づけられない人の特徴と原因

片付けられない症候群!片づけられない人の特徴と原因

片づけられない人の行動パターン

仕事で忙しい、他にしなければならないことがたくさんあって、時間はあるけど、片づけに時間を割きたくないなど、片づけられない理由は人様々です。でも、心の中では、いつか部屋を綺麗にしないと大変なことになることは、よーく知っているのです。では、どうして、しなければばならないことを、後回し後回しにしてしまうのでしょうか?片づけられない人には、ある共通した行動パターンがあります。

片付づけられない人の原因

片付けられない原因の一つは、自分はこういった部屋に住みたい、住んでみたいという具体的なイメージがないからではないでしょうか?理想の部屋を実現して住んでいる人は、家の収納スペースや自分のものをよく把握していて、収納できないものは断ってでも貰わない意思があるように思います。片付かない人は、家の収納スペースを考えずに、無料サンプル・セール品に飛びつきやすく、ついついものが増えていく傾向にあります。でも、実際貰ったり、購入しても、家に帰ると、ものの定位置を決めていないため、部屋の片隅にぽんとおいてしまうので、結局時が経つと、賞味期限切れになっていたり、その存在すら忘れてしまい、ただスペースを取られて、部屋が狭くなってしまうという悪循環に陥りやすいのです。

片づけられない人と片づけられる人の違い

生活できれば、家が片付かないことは、大した問題ではないと思われがちですが、片づけができる人とできない人では、生活そのものが変わってきます。片づけができる人は、いわゆる自分のものを把握して、自分が理想とする部屋にアレンジして住んでいるので、その部屋で心から寛ぐことができ、気持ちが穏やかで、その部屋を綺麗に保とうとする心理が自然に働き、片づけ自体が苦にならないと思います。そのため、いつも清潔な部屋で暮らすことができます。収納もきちんとできていて、ものの把握ができているので、不要なものは買わないで、必要なものだけを購入できるので、買い過ぎになるとか、同じものを買ってしまったという失敗が少なくなり経済的です。きちんと片付いた部屋には、お友達など呼びやすく部屋で楽しく過ごせるので、気持ちが明るく前向きになると思います。一方、お友達が呼べない程、片付いていない部屋で暮らしていると、ものに囲まれた閉ざされた空間で寛ぐことができなくて、気持ちがふさぎこみ暗くなってしまいがちです。片づけ一つで、生活そのものが変わるということに気づいて、理想の部屋を手に入れて幸せに暮らしてみませんか?

まとめ

日々の生活に追われ、なかなか片づけられないという人は大勢いますが、片づけられないことのデメリットは大きなものです。家は、多くの使用していないもので、収納スペースを取られ、気が付くと、使っていないものに賃貸料を払う事態にもなりかねません。しかも、自分の部屋なのに寛ぐこともできず、反対にストレスを溜めてしまうようでは、悪循環になってしまいます。片づけ一つで、今の生活がきっと変わります。生活自体楽しくなると、前向きに物事が捉えられ、人生自体が明るくなります。家が片付いた状態で生活するということは、子供や自分の将来にも影響を与えると言っても過言ではありません。小さなお子様や家族をお持ちの方は、特に、そのことを頭の片隅に入れて、家族のため自分のために少しづつでも毎日の整理整頓頑張りましょう!

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)