収納術・片付け術最近の投稿

More

レイアウトや配置が大切!散らからない部屋の作り方のポイント

レイアウトや配置が大切!散らからない部屋の作り方のポイント

ものに定位置を決めること

時間をかけてきれいに片づけても、時間の経過とともに、徐々に部屋が散らかってきた経験はありませんか?そういった場合は、ものの収納場所が日常の動線から外れていて収納しずらいことが原因かもしれませんし、または、収納場所が曖昧で、定まった場所が決まっていないから、ものがあっちこっちに散らばってしまう場合があります。きちんと片付いた部屋を維持するには、日常の動線に沿った収納場所にものがきちんと収まっていなくてはいけません。同時に、収納場所不明のものをなくすようにすると片づけが今よりもっと楽になり、片付いた部屋を維持し易くなりますよ。

日常の動線に沿った収納がポイント

日常の動線に沿った収納というのは、例えば、掃除をするときであれば、1階の和室からスタートし、リビング、廊下、玄関と掃除機をかける順番であれば、和室の押入れまたは、クローゼットに掃除機やその他の掃除道具をひとまとめに収納しておくと、取り出しが便利ですし、スタート時点に置いていることで、2階から持って下りたり、他の部屋から持ってくる手間が省けて、労力、時間の無駄になりません。料理を作るキッチンも、料理を作る流れに沿って、調理器具や鍋、フライパンが収納してあると、無駄な動きをしなくてよいので、スムーズに快適に料理ができます。玄関も日常使いのものを取り出しやすい棚の位置に、靴クリーナーを家族みんなが使い易い場所に1か所にまとめることで、取り出しやすく使い易いので、便利です。このように、動線を考えた収納は、ものごとをスムーズに行うことができるので、使った後も、自然ともとの場所に戻しておこうという気持ちが芽生え、片づけ自体がそれはど、苦にならなくなり、きれいが持続し易いと思います。

定位置のないものをなくすこと

部屋が散らかる原因は、ものの置き場が決まっていないことが考えられます。出しっぱなしになっているものの多くは収納場所が不明のものがほとんどではないかと思います。動線に沿った、分かりやすい場所に定位置を決めて、ものが迷子にならないように気を付けるだけで、部屋の散らかりは随分減ると思います。また、衝動買いなど、収納場所を考えずに買ってしまったものもやはり散らかりの要因になってしまいます。ものは、できるだけ自分が管理できる範囲で持つように心がけて、ものを買う際も収納場所を考えて購入するように心がけてください。日頃から、ものをたくさん持たないようにすることも大切です。

まとめ

一度、きちんと片づけた状態で、生活がスムーズに行え、自分が納得のいく部屋作りができて、快適に過ごせるようになると、自然にその部屋をきれいに保とうとする意志が出てくると思います。散らからない部屋の秘訣は、汚したくないと思えるような部屋を一度作ってみることです。ものの整理をして、必要なものそうでないものを仕分けて、自分の持ち物のスリム化をしてみてください。そして、自分の動線に合った収納をして、心から寛げる部屋を作ってみましょう。出来上がったあとは、自分が持っているものを把握し、必要なもの以外買ったり貰ったりしないように気を付けること。常に部屋を綺麗に保つことを心がけ、散らからないように、出したらもとに戻すの繰り返しで、日々、小さな努力を続けることが散らからない部屋作りに大切なことです。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)