子供部屋の押入れ収納術とクローゼットDIY

子供部屋の押入れ収納術とクローゼットDIY

子供部屋の押入れ有効活用

たくさんのおもちゃや絵本、工作で溢れかえっている子供部屋。すべてをきちんと収納するなんて無理と最初からあきらめていませんか?子供部屋の収納は、押入れをどれだけ効率よく使うかが決め手。子供部屋の整理を考える前に、まずは、押入れをきちんと整理してみてください。きっと使われていないスペースがあるはずです。

おススメの押入れ収納

押入れは衣装ケースやカラーボックスを使ってスペースをフルに活用します。まずは、2段に分かれている押入れ、下の段は小さい子供でも出し入れがしやすいように、おもちゃ入れにします。衣装ケースを重ねて入れて、どんなおもちゃが入っているか、シールを貼っておきましょう。上の段は、子供が作った思い出の品または、アルバムなど思い出グッズを入れる場所にします。カラーボックスを横にして入れると、仕切りのある棚になり、各場所にアルバムや作品を分けて収納できるので、ものが取り出しやすく便利です。カラーボックスの上部にスペースがあれば、旅行鞄を置いたり、水泳グッズを置いたりもできます。子供部屋には、お気に入りのおもちゃを数点だけだすようにし、基本、押入れ下の収納ケースから取り出すようにすると、部屋が広く使えますし、種類別におもちゃを収納するので、管理がしやすいので、使わなくなったものをどんどん整理して、ものの循環がよくなり、片づけ易くなります。押入れは単に、お布団や衣類をしまう場所ではありません。収納スペースをフルに活用して、快適な部屋を実現しましょう。

押入れ収納だと無駄がない

押入れに収納するおもちゃを衣装ケースやカラーボックスにすると部屋を広く使えるだけでなく、もう一つ良いことが・・・。それは、部屋を広く使うには、どれだけの量のおもちゃを部屋に出し、どれだけの量のおもちゃを押入れに収納すべきか、一目で分かり、無駄なものを買わなくなるという点です。すべてのおもちゃを部屋全体に置いていると、収納場所が広範囲になるので、把握できていない場所が出てきて、おもちゃの管理が難しくなりますし、入りきらないものは、ついつい収納ケースや棚を購入して収納しがちですが、数か所にまとめて収納しておくことで、これより物が増えないようにするという目安になり、収納場所を意識して、本当に必要なおもちゃしか買わなくなり無駄が省けます。

キッズクローゼット基本のつくりかた

子供服の収納は、子供さんが使いやすいようにしてあげるのが一番ですが、通常のクローゼットでは手が届かないし、たたんで入れておいても選ぶたびに引き出しの中がぐちゃぐちゃになってしまう。今回はこんな時に最適な「キッズクローゼット」の簡単DIYの作り方やアイデアをご紹介します。お馴染みのカラーボックスと突っ張り棒があればできますのでお値段もお手頃です!

<材料>
・可動棚タイプのカラーボックス:1個
・突っ張り棒(内寸に合わせて40cm前後):1本
※カラーボックスは子供さんの身長を考慮し3段がおすすめです。

<作り方>
1.カラーボックスの上2段、または3段分の棚板を入れずに組み立てる。
2.突っ張り棒をカラーボックス上部に設置する。

これで完成です!あっという間にできますね!このようにカラーボックス3段1つ分でもつくっておけば、幼稚園グッズや数日分の着替えなどを入れておけるので毎日の身支度もサッと終わらせることができます。

<オススメのカラーボックス(可動棚タイプ)>
【ニトリ:カラーボックス3段】税込1,190円/サイズ: 幅41.9×奥行29.8×高さ87.8cm/品番:8841202
【ニトリ:カラーボックス3段ワイド】税込1,990円/サイズ: 幅60.9×奥行29.8×高さ87.8cm/品番:8841312

キッズクローゼット活用術

<収納スペースをフル活用>
子供服をかけると下または上に1段分の収納スペースができるのでここも活用しましょう。1段分のインナーボックスやワイヤーラックなどを入れたり、二段に分けて、ラベルを貼った小さめのボックスをセットすれば、靴下やハンカチなども取り出しやすくなりますね!また、側面などにフックを取り付けておくと、幼稚園バッグや防止などもかけることができます。

<カラーボックスを組み合わせる>
もっと収納スペースが欲しい時は、カラーボックス同士を組み合わせて設置しすると収納の幅も広がりますね!この時オススメなのがカラーボックス2個を任意の幅をとって横に並べ、その間に棚板や突っ張り棒を設置する方法です。こうすれば一気に収納スペースがアップします!この時、突っ張り棒2本用意し、奥を少し高めにして設置してそこにカゴを乗せることで、少し手前に倒れた状態の収納ボックスになります。斜めに傾くことで中身が見やすい上に出し入れもしやすいのでこのような収納スペースをプラスするのもオススメです。

また、「ニトリのカラーボックス」を使用する場合は、両側面にも棚板を設置できるダボがついていますのでより簡単に設置できます。その上、天板になっている部分も動かせますので、少し下げ取り付ければ棚上部に通園バッグやランドセルなどを収納することもできます。

まとめ

成長に応じて、使うものが変化する子供達の、ものの管理はとても大変です。小学生になると勉強机の購入を検討しなくてはいけませんし、かなり場所を取りますので、場所の確保も考えて、収納方法を再検討する必要がでてきます。おもちゃが増えると収納ケースや棚を増やすことは、簡単かもしれませんが、将来使い道に困るような場合は、簡単にものが捨てられない時代ですので、置き場の確保にも困ります。そのため、成長に応じて、できるだけ、使いまわしし易い収納ケースやシンプルなものが子供部屋の整理整頓に向いていると思います。おもちゃを押入れに収納して管理することは、見た目を気にしなくても良い、衣装ケースに収納出来ることと、隠す収納で子供が遊んだり勉強したりするスペースが確保できるのとで、お勧めの収納方法です。また、地震大国日本でもありますので、地震対策として、必要なもの以外、押入れにしまうことは理に適っていると思います。

ディアウォールと2×4材を使って棚を作ったりなど様々なDIYの方法もありますが、こんなに簡単にできるのであれば気楽に作れますね!組み立て前に背板部分に可愛い生地を貼ったり、ラベルに拘ったり、側面に黒板塗装をしたり、屋根をつけてお家っぽく仕上げたり、アイデア次第でもっと楽しめます。ぜひ子供さんも喜ぶキッズクローゼットづくりの参考にしてください。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)