収納術・片付け術最近の投稿

More

簡単!衣類のたたみ方・しまい方のポイント!靴下やストッキングもすっきり収納

簡単!衣類のたたみ方・しまい方のポイント!靴下やストッキングもすっきり収納

衣類の収納はコンパクトにして折りたたむのがポイント

家族分の衣類を、限られた収納場所にきちんと収納するのは難しいものです。衣類は増えやすいアイテムの一つですし、毎日使う場所でもあるので、スペースの有効利用だけでなく、取り出しやすさや、選び易さも考えて収納しなくてはいけません。できるだけ、収納容器を増やさず、衣類をきちんと収納するには、コンパクトに折りたたんで収納するのがおススメです。洋服ダンスの衣類をどのように、収納されていますか?ブティックだたみ(両袖を後ろ見頃側に折り返して、半分に折るたたみ方)を重ねて収納するだけでは、場所をとってしまう上に、下のものが見えにくくなり、収納スペースを有効に使っているとは言えません。無駄なスペースをなくして、できるだけ衣類を収納するには、ブティックだたみに、さらにもうひと折りして、コンパクトにすることで、衣類を立てて収納することができ、今以上に衣類を収納できるようになります。その際、服の柄が表にでるように工夫しましょう。服のタイプにもよりますが、トレーナーなど分厚い生地の衣類は、ブティックだたみをさらに半分に折り、そのまま棚にたてに並べて納めます。Tシャツなど、薄手のものも、トレーナーと同じ要領で大丈夫です。たくさん服があり過ぎて・・・とか、旅行などで、もっと、収納スペースを効率的に使いたい場合は、両袖を折り返して長方形をつくり、袖がはみ出るようならさらに折り返します。それを、くるくる巻いて筒状にすることで、収納力がアップしてさらに服を納めることができますよ。

浅い棚に収納するときは?

洋服ダンスの種類によっては、浅い引き出しもありますよね。その場合、ブティックだたみに一折加えるだけでは、収まらなものです。その時は、さらにもう一度折り込んでみて下さい。ポイントは、後ろ見頃を上にして、両袖を折り返して収納スペースに合わせた幅にします。形を保ちたい襟の方から、3分の1のところで折り、その折り目に合わせて裾側を折ると平らな四角形ができて、引出しの開け閉めもできます。浅い引き出しに2段重ねで収納すると、下の服も取り出しやすいのでお勧めです。

靴下やストッキングもコンパクトに折りたたんで

靴下やストッキングを収納スペースにそのまま入れておくと、ごちゃごちゃして、見た目もよくありませんし、取り出しにくいので使い勝手も良いとはいえません。まずは、靴下は、1足ずつ小さくまとめて立てて収納すると、かなり入るようになりますよ。靴下をコンパクトにする方法は、まず、靴下を揃えて重ね、つま先の位置がゴム部分より下にくるように2つ折りにします。口ゴム部分を裏返してつま先にかぶせることで、靴下の左右がばらばらになることもなく、コンパクトになります。形を整えて、立てて並べると、柄が見えやすので、取り出したい物が見つけやすいですし、1足の収納スペースが少しで間に合うので、たくさん収納できます。ストッキングは左右を揃えて、丈を真ん中で半分に折り、しわを伸ばしてさらに半分に折ります、あとは引出の高さまでくるくると巻いて上から手で押さえると、かなりコンパクトになります。靴下同様たててしまえば、かなりの量収納できますよ。

まとめ

ここでは、知らず知らずのうちに増えやすいアイテムを、衣類の代表的なたたみ方、ブティックだたみをさらに折り込んで、もっとコンパクトに折りたたんで収納する方法を説明しました。これは、家のタンスや衣装ケースの衣類をコンパクトに収納できるだけでなく、旅行バッグに衣類を入れる時、スーツケースに衣類をしまうときにも応用できる、とても便利な収納方法です。この折り方一つで、収納スぺースを最大限利用できて、収納家具を増やすことなもなくなると思います。とても経済的なたたみ方しまい方とも言えます。小さくたたんでも柄が見えるようにするのもポイントです。自分の洋服ダンスをもう一度確認して、是非試してみて下さいね。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)