収納術・片付け術最近の投稿

More

捨てられない人必見!思い出の品片づけ方法!断捨離思い出の品捨てる基準!すっきり収納♪

捨てられない人必見!思い出の品片づけ方法!断捨離思い出の品捨てる基準!すっきり収納♪

捨てる基準とは?

生活スタイルや家族の人数によって、ものはどんどん増えていきます。大切な人から貰った、お祝いで頂いた、子供が使った思い出の品等々。すべてを持っていたら、家の収納場所がいつもぎゅうぎゅうってことは、ありませんか?一度、家中のものを見直して、すっきりした収納で風通しのよい生活をしてみませんか?でも、今まで大切にしまってあったものを、必要ないからといって、一度に捨ててしまうのは、勇気がいりますよね。捨てた後で、後悔しないためにも、自分が納得のいく、ものの仕分け方をしなくてはいけません。では、捨てる基準って、一体どんなものでしょうか?それは、収納場所にもよりますが、今の生活で、現在使っていないものは、処分の対象にするというシンプルなのものです。キッチンやクローゼット、リビング等、今の生活に必要なもの以外は一か所にまとめて、本当に残しておくべきものかどうか、検討してみて下さい。衣類に関しては、お気に入りの服を何枚とっていても、毎年流行は変わりますし、年齢によって体形も変わります。厳しいようですが、2年ぐらい来ていない服は、思い切って処分するか、フリマにだすなど、長年着ていないものはできるだけ処分してください。

子供部屋の収納

子供が小さい頃に、幼稚園や保育園で作った作品やお気に入りだった絵本など、たくさんの思い出が詰まった品を処分するのは、大変なことですよね。子供のものに関しては、今、必要ないからといって、処分する必要はありません。ただ、すべての作品をとっていると、収納場所はすぐになくなります。子供の作品は将来、子供が見るかもしれないとか、親から見て、是非、取っておきたいというもの以外を処分対象にして、ものを整理してみて下さい。将来、厳選された素敵な作品だけが残り、きっとその作品は何度も取り出してみたくなるものになっていますよ。絵本は、その内容から子供が大きくなっても読むかもしれない、又は、子供が親になったときに、その子供に進んで読んでやって欲しいと思うもの以外は友達に譲ったり、リサイクルショップに持っていく等、納得のいく処分をしてください。

今の生活に必要なものだけで生活する気持ちよさ

長年使っていなかったものや、とっておくべき厳選されたもの以外のものを、処分し終わると、きっと家の中、押し入れなどの収納場所がすっきりしていると思います。収納場所がいつも、もので溢れていた時と比べると、俄然、風通しがよく、使い勝手がよくなっているとおもいます。自分が納得いくところまで、片づけられたら、あとは、ものを増やさないように、心に決めることです。無料のサンプル品や、おまけ類、あげると言われた雑貨類や家具達、貰う前に、本当に必要かどうかを、よくよく考えて、決めてください。衣類や靴は素敵なもの見つけるとついつい、買ってしまいますが、着回しできるものか、家に同じような服はないか、靴に関しては、同じタイプのものはないかなど、よくよく考えて購入しましょう。基本、今ある服・靴が着られなくなって困る事態が発生したら購入を考えると、ものが、一定の量で保たれ、風通しの良い生活が持続します。

まとめ

家の中が自分好みのもので、溢れているという人は多いと思います。自分が好きなものだから、いくらあっても良い、思い出があるものだから捨てられないと、たくさんあり過ぎて家の収納スペースを圧迫してしまう程では、いささか困りものです。毎日、もの探しに明け暮れ、収納から溢れたもので足の踏み場が殆どないという方は、今が、生活を変えるチャンスです。ものをたくさん持つことは一つの幸せの形かもしれませんが、選りすぐりのもを、品よく飾り、しかも自分も寛げる空間を作ることは、精神衛生上良いだけでなく、気持ちがすっきりして、心も一緒に整理される気がします。ものをたくさん持たないシンプルな生活は、きっと身も心も軽くなる素敵な生活だと思います。一度、試してみて下さいね!

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)