収納術・片付け術最近の投稿

More

すっきり見せるキッチン収納術!簡単なコツ3選♪

すっきり見せるキッチン収納術!簡単なコツ3選♪

キッチンをすっきり見せるコツ

キッチンは比較的収納スペースが多い場所ですが、雑多になりやすく、何となく片付かないと思われている人は少なくないと思います。それは、収納すべきものや種類があまりにもたくさんありすぎて、どこに何を入れたらよいのか迷ってしまうからかもしれません。けれども、毎日使うキッチンは、使い勝手よくすっきりした空間を保ちたいものです。まずは、もののスリム化をして、次に料理を作る動線を考えて、無駄な動きをできるだけ減らすようにして、調理器具や調味料を収納し、作業台がすっきり片付いた状態を一度作りあげてみることがポイントです。

仕分け方法

収納を始める前に、調理器具や食器がたくさんあるご家庭では、家族が使うもの以外はできるだけ処分するようにしてください。食器や調理器具は、似通ったものや同じものがたくさんあったり、多過ぎたりする傾向にあります。長年使っていないものや、いつか使うかもと取ってあるものは思いきってバザーに出したり、お友達に譲ったり、今、ある収納スペースに納まるだけのものを、持つよう心掛けてください。

料理の作り易い動線を考えた収納方法

キッチンの収納は、見栄えよく綺麗に収納することよりも、毎日の食事作りをできるだけスムーズに行えるように考えて収納することが大切です。例えば、流し台の下のスペースには、ざるやボールを置いて野菜などの材料がすぐに洗えるようにしておきます。収納スペースの隙間に使用していないスポンジや手袋・洗剤を収納するスペースを設けて、食器洗い用のスポンジを交換するときに、かがめば、すぐに取り出せるようにしたり、コンロの下のスペースには、お鍋やフライパンを収納します。材料を切ったりする台の下の引出には、お玉や菜箸、へらなどの調理器具やお醤油やみりん、料理酒など使用頻度の高い調味料を収納します。キッチンの形にもよりますが、理想は、材料を洗い、横にスライドして、材料を切って、横にスライドして、調味料を出し、フライパンやお鍋で調理する。むだな動きを極力減らしてスムーズに食事が作れるようにします。このように、食事を作る時の、一連の動きを頭に入れ収納することで、ものを探す手間が省け、食事の用意がとても楽になりますし、食後の片づけも楽にスムーズのなるので、片づける場所が分からず、作業台にものが置かれている状態が少なくなり、キッチンがすっきり片付きます。

まとめ

すっきりしたキッチンを作るには、できるだけものを増やさず、今あるものを使用し、動線に沿った収納を心がけ、料理し易く片づけ易い、収納をすることがポイントです。ものの定位置をしっかり決めて、使ったらもとに戻すことを心がけましょう。また、今の収納スペースを効率的に使用し、作業台に入りきらないものが、増えないように気を付けましょう。流し台の収納スペースが、扉式のものであれば、フックを使って調理器具をつりさげたり、ラップやホイル類を収納する場所にもなります。工夫次第で、収納場所が増えて、気持ちよく使えるキッチンに早変わりしますよ。食器棚に関しては、ひと工夫すると、今より使い勝手がぐんとよくなります。普段使いとそうでないものを仕分けして、中央の段には、日常使いの食器を、高い場所には、来客用の食器を収納すると、料理を器に盛るときに、扉を何度も開けずに準備ができます。お箸やスプーン、フォークなども、日常使いの食器の近くにコップや何かの容器にたてておくと、便利です。日常使いのものは、手に取りやすい、食器棚の手前に納め、使用頻度が少ないものは、奥にしまうようにすると、盛り付けが簡単にできお勧めです。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)