収納術・片付け術最近の投稿

More

洗面所を清潔に保つ収納術

洗面所を清潔に保つ収納術

洗面所を清潔に保つには?

家族みんなが毎日使う洗面所は、浴室から近いこともあり、湿気が溜まりやすくカビが繁殖し易い場所です。髪の毛や埃も溜まりやすく、清潔に保つには、きちんとした収納で掃除をし易くすることと、汚れても水洗いできる収納容器を使用することがポイントです。他の場所に比べ、空間があまり広くはないのですが、タオルを納める棚や洗濯機など、大型で場所を取るものを置かなくてはいけません。洗面所が雑多な雰囲気にならないよう、その他のものは、できるだけコンパクトにして収納し、場所を取らないように工夫しなくてはいけません。

洗面所は風通しのよい収納を心がけて

カビの繁殖し易い、洗面所の収納は、ものの詰め込み過ぎに注意して、風通しの良い状態を作る必要があります。では、どうするかというと、今、使用している必要なものだけを、少ない収納スペースに効率よく収納しなくてはいけませんので、シャンプーやリンスの試供品など、収納スぺースを圧迫してしまっていたり、今使用していない、必要ないものは、できるだけ処分するか、押入れ等、別の場所で管理しましょう。洗面所では、洗濯用の洗剤や浴室用の洗剤など、いろいろな種類の洗剤を収納しなくてはいけませんが、マルチに使えるものを購入するように気を付けて、洗剤類はできるだけ取り出しやすい洗面台の下の棚にまとめて収めるようにしましょう。100円均一で売っているプラスチックのかごにひとまとめにすると、汚れた場合もすぐに洗えますし、清潔に保てるのでお勧めです。また、タオル類の収納は、汚れがついてもすぐに水拭きできるプラスチック素材のコンパクトな棚を購入し、タオルはできるだけ小さくたたんで、家族に必要なタオルがすべて収まるように工夫しましょう。上の段が、ハンドタオル、真ん中がバスタオル、下の段が足ふきタオル等、使用する場所別に、収納することで、家族のだれもが出し入れが簡単なようにしておきます。タオルは家族分あったら十分ですので、未使用のものは、押入れなど別の収納スペースで保管して、もののスリム化を図りましょう。

洗面所の狭小スペースも有効利用

タオル用の棚だけでは、到底今あるものを収納できない場合は、風邪通しや汚れが付かないような工夫をしながら、使える空間は、できるだけ有効利用しましょう。洗面所と洗濯機の間の狭いスペース、一見、使えそうに見えませんが、縦長の収納家具を置くと、化粧品やコンタクトやメガネなど小物類の収納が可能です。キャスター付きだとお掃除も楽ですし、床につかない分、通気性がよくなるのでお勧めです。洗濯機の上の空間も、フックを付けて、かごを吊るしておくと、新たな収納場所になりますので、洗面所にタオルを入れる棚が入らない場合は、そこにタオルを収納したり、洗濯に必要なものを入れることができます。洗面所の扉にウオールポケットを付けておくと、シャンプーやリンスなどの試供品入れになり小物の収納に適しています。クリアポケットだと中身が見えて大変便利です。

まとめ

洗面所の収納は、少ない収納場所に、どれだけ効率よくものを収納できるかにかかっています。洗面所には、大体どのご家庭にも、タオル用の棚と洗濯機が最低限置いてあると思います。プラス縦長の棚ぐらいの収納スペースで洗面所のものを収納できるように工夫すると、掃除がしやすく、通気性がよくなるので、ベストだと思います。もののスリム化が必要で、基本家族が使うもの以外のものは、持ち込まないと決めると片づけ易いです。また、洗濯用ネットや掃除で必要なゴム手袋など、使う頻度が高く、かさばるものは、できるだけ洗濯機の周りの空間を利用して、洗濯ネットは、磁石がついたプラスチック製のかごに、まとめてたたんでいれて洗濯機に取り付け、ゴム手袋は、つりさげられるタイプの洗濯バサミに挟んで、かごの横につけておくと、使い勝手がよくおススメです。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)