クリアタイプの収納容器と引き出し式プラスチックの収納術!

クリアタイプの収納容器と引き出し式プラスチックの収納術!

押入れ収納はクリアタイプの収納容器で

家の中でも、比較的奥行があり、たくさんの収納が可能な押入れ。それゆえ、急な来客や、片づけが面倒になったとき、一時的にさっと仕舞える場所ではありますが、気付けば、ものがぎゅうぎゅうに詰め込まれ、奥の方に何があるのか、分からなくなってしまったということはありませんか?押入れを片づけるコツは、中身が見えるクリアタイプの引出式の収納容器を、押入れ全体にできるだけ隙間を残さず配置し、ものの収納場所を細かく決めておくことです。クリアタイプで、引出し式だと、上にものがあっても動かす面倒が省け、中身が見えることで、どこにものを収納すべきがすぐに分かるので、ものを詰め込む前に、引出しにしまえるのでお勧めです。

ラベルを貼って整理整頓

押入れの中に、収納容器を設置したら、家族のだれでも、中身が分かるように、ラベルを貼っておきます。開閉頻度が高いもの(例えば日用品の在庫)は、押入れを開けたらすぐに取りさせる位置にある収納容器にしまったり、反対に使用頻度が低い日曜大工セットは、奥側にしまう等、使用頻度により、どこの収納容器に入れるかを、予め決めて整理していくと、効率よくものを取り出せます。

一度整理整頓できたら、使い易さの確認

押入れ整理が済んだら、そこで終了ではなく、日常の動線を思い描きながら、実際使ってみて、スムーズにものが取り出せるか、確認してみましょう。案外、日常使いのものが、奥にしまってあって、取り出しにくかったり、自分の背丈より高い位置に収納してしまい、取るのに時間がかかったりしないか、チェックしてみてください。小さいお子さんがいて、押入れにおもちゃをしまいたい場合は、クリアケースは、他のものと形や色が違うものを選び、子供でも分かりやすく取り出しやすい位置に、入れておくと、他のものを間違えて取り出す機会が減ります。家族みんなが、自由にスムーズに取り出せるように収納できた時点で、片づけが終了します。

引き出し式の収納ケースの特徴

収納ケースを選ぶときに何を基準に選んでいるでしょうか。収納ケースには、色んなタイプがあり、上にフタが付いているものや斜めにフタがあくもの、そして引き出し式のものなどがあります。また、収納ケースには、色んな素材があり、段ボールでできたものや布でできたもの、そしてプラスチックでできたものなどががあります。ここでは引き出し式の収納ケースの特徴とプラスチックの収納ケースの特徴と、それぞれを組み合わせた引き出し式プラスチックの収納ケースの使い方をご紹介いたします。

引き出し式の収納ケースのいいところは、収納部分を前に引き出して使うことができるので、収納ケースを上に積み重ねることができることです。収納が足りなくなったときに付け足しができるので良いですね。

また、収納ケースの奥までしっかり利用できるということもいいところです。最近では斜めにフタがあくタイプの収納ケースもありますが、やはり収納部分をしっかり引き出せると収納を無駄なく利用できます。

ここで注意したいのは、収納ケースをどんどん積み重ねていくと、重たい物を収納した場合、たわんでしまうので下の方の引き出しが開かなくなってしまうことがあることです。重たい物を収納しないようにするか、強度の強い収納ケースを選びましょう。

また、引き出して使用するので、引き出すためのスペースが前方に必要です。特にクローゼットの中に置いて使用する場合は、引き出しを引き出せるように前方スペースもきちんと考慮することを忘れないようにしましょう。

プラスチックの収納ケースの特徴

プラスチックは、形がしっかりしているので、段ボールや布の収納ケースに比べて型崩れがおきにくいです。積み重ねにも繋がるいいところですね。また、少しでしたら濡れても平気なのがプラスチックです。洗面所やキッチンなどで水気の多い場所で少し濡れても拭き取ることができます。段ボールは濡れてしまっては困りますね。

また、プラスチックは色々な色があります。特に明るい色の場合、プラスチックの質感が発色を高めてくれます。マットな質感のプラスチックの収納ケースもありますので、様々なお部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

ここでも注意したいところがあります。それは、濡れても平気とはいっても、完全に湿気を防げるわけではありません。通気性もやはり箪笥のような木製のものに比べては劣りますし、段ボールや布の方が通気性が良い場合もあります。収納ケースを置く環境にもよりますが、湿気には十分注意したいところです。必要に応じて防湿剤を入れることをおすすめします。

引き出し式プラスチック収納ケースの使い方

では、家の中のどこでどんなものを収納すると便利なのでしょう。キッチンでは、調味料がおすすめです。半透明のプラスチックにすると中身も見えて、引き出して奥の方まで確認できるので、賞味期限が切れてしまったものをそのままにしてしまうことも防げます。洗面所では、洗剤類の収納をおすすめします。あまり使わない洗剤類は溜まりがちですが奥まで収納でき、引き出して中身の確認もできますね。収納ケースが汚れてしまっても拭き取ることができるので便利です。

まとめ

押入れの収納は、入る容量が多いのですが、日頃、閉めていることが多く、目に入りにくい分、時間がたってしまうと、何を入れいたか、忘れてしまいがちな場所でもあります。そのため、ものを隠す場所になったり、行先不明なものが多く集まる場所ともいえます。押入れは隙間なく活用することで、整理整頓しやすい場所になります。家族の日頃の様子をよく観察し、ものを収納する場所を決めて効率よく使いましょう。押入れで幅をきかせている衣装ケース。ここでもうひと工夫。衣類はかさばりやすく、増えやすいアイテムです。日本は四季がありますので、季節ごとの服が必要ですし、一人が持っている服の量が多いと思います。季節の変わり目ごとに、衣替えをしなくてはいけませんので、できるだけスムーズに整理整頓できるように収納したいものです。衣類の収納には、出し入れが簡単な引出タイプで、中身がよく見える衣装ケースがおススメです。下の段には出し入れがしやすい、キャスター付きのものを使うと便利です。衣装ケースにも、服の持ち主、入っている服の季節を書いておくと、衣替えの時期に、中身を何度も調べることなく、簡単にできますよ。

引き出し式の収納ケースのいいところ、プラスチックの収納ケースのいいところ、この二つを兼ね合わせた引き出し式プラスチックの収納ケースは、家の中の色んな場所で活躍します。しかし、注意したいところもありますので、今回ご紹介させていただいたような特徴を活かして、用途やシーンに合わせて上手に使い分けたいですね。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)