収納術・片付け術最近の投稿

More

キッチンを整理整頓!キッチンの片づけが楽になる収納方法

キッチンを整理整頓!キッチンの片づけが楽になる収納方法

キッチンを楽してお片付け

台所は、毎日、家族の食事を作る場所で、食器や調理器具など、たくさんのものが溢れやすい場所です。しかしながら、衛生面を考えると常に綺麗にしておく必要があり、そのため、毎日こまめな掃除・片づけが必要になります。
では、忙しい毎日を送る人は、どのようにしたら、できるだけ、楽をして片づけをすることができるでしょうか?ポイントは、できるだけ、キッチンテーブルにものを出さないということです。最近では、お鍋やフライパンなど調理器具をキッチンのインテリアとして、見せるという収納方法もありますが、忙しく時間のない人には、埃や汚れが見つけやすく、ふきん一枚で、掃除ができるのが一番です。
出来るだけ食器は食器棚に、調味料も極力、収納ケースにしまい、キッチンテーブルには、日頃よく使う調味料(砂糖・塩・胡椒程度)を数点置くぐらいの気持ちで、常にキッチンテーブルにものを置かないように心がけると、毎日のお掃除がとても楽になります。

徹底したもののスリム化と収納場所が決め手

それでは、具体的にどのように、食器類や調理器具を収納したら、食後の片づけや日頃の掃除が楽になるでしょうか?まずは、食事を作る時の動線を考えて、極力何度も食器棚を開けたり、ものを探すための時間を掛けないようにします。例えば、食器を食器棚に収納するときは、使用頻度が高いものを同じ場所にひとまとめにし、食事を器に盛る時は、扉を1度開くだけで、食器の準備ができるようにします。来客用やあまり使用しない食器は、使用頻度が高い食器の反対側のスペースに置き、日頃は開けなくてよいように分けておきます。
お箸やスプーンなどは、食器棚の引出に分けて収納し、簡単に揃えられるようにします。フライパンやお鍋類はコンロの下に収納場所があれば、そこに収納すると、調理するときにすぐに取り出せて便利です。油や料理酒、醤油等の調味料も極力、ひとまとめにし、コンロの近くに収納し、取り出しやすいように工夫します。ラップ類もなるべく取り出しやすい位置に保管したほうが良いので、コンロ横に立てて収納できる容器等を設置しておくと、できたお料理にすぐラップがかけられます。動線を考えて収納することで、効率よく家事がはかどり、食後の片づけも楽になります。極力動く場所を減らし、普段使用する場所と使用頻度が低い場所を分けておくことで、毎日、掃除をする場所が限られます。最短距離でものを納め、使う場所は限定するが、楽なお片付けへの近道です。

思い切って食器を減らして、家事の効率化を

衣類に次いで、贈答用に頂いたりするケースが多く、増えてしまいがちなのが食器ではないでしょうか?お手頃価格で、自分好みのものが手に入りやすく、食事の度に使う器は、こだわりたい品でもあります。ただ、すべてを取っておくことで、収納スペースが圧迫され、家事の妨げになってしまうようでは困ります。家族に必要なだけの食器、どうしても捨てられない大切な食器だけ手元に残し、あとは思い切って、フリーマーケットやリサイクルショップ等、売れるものは売って手放すのも家事効率には良い方法だと思います。

まとめ

キッチンは、家の中でも、ものが増えやすい場所であり、清潔を保たなくてはいけない場所で、日頃から気を使って掃除、片づけをしなくてはいけない場所でもあります。どのようにしたら衛生上問題なく、片づけがスムーズに行えるでしょうか?それは、日頃からものを増やさないように、心がけることと、動線を意識してできるだけ動き回らなくてよいような収納をすること、日頃使う場所を限定し、床にものを置かないことと、作業テーブルに極力ものをおかないということです。
ものが増える分、埃や汚れの心配に繋がりますし、作業台や床下にものが置いてある分、隠れて見えにくい場所が増えることで、掃除・片づけが複雑に大変になってしまいます。お買い物する際も家の収納スペースをよく考えて、ものを購入するように、常にキッチンはすっきりした状態を保つようにすると毎日の片づけがぐんと楽になりますよ。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)