収納術・片付け術最近の投稿

More

リビングで迷子の定番、リモコンの収納テクニック

リビングで迷子の定番、リモコンの収納テクニック

リビング周りでたびたびどこに行ってしまったか分からなくなる定番といえば、リモコンです。現代の生活は、テレビ、AV機器、エアコン、扇風機、パソコンなど、とにかくリモコンが多い!きちんとモノの住所を決めておかないと、いつも探し回ることになりそうですよね。知っておいて損は無い、リモコン収納のテクニックをお教えします。

壁付け

見失わない為の一番のポイントは、よく見える壁に取り付けておくことです。壁は、家具の側面でもOK。使えるものであれば、家の壁である必要はありません。どうやって壁に貼り付けておくのか?マジックテープを使う方法が、自分で簡単にできて便利です。壁とリモコン両方にマジックテープを張っておけば、簡単に取り外しができるようになります。ソファの近くや、ダイニングテーブルの近くなど、幾つかリモコンを貼り付けられる場所を設けておいてもいいですね。

リモコンラックを壁に取りつけよう

もう一つ、壁にリモコンを置いておくテクニックが、リモコンラックです。リモコン専用の、小さなラックを手に入れましょう。おうちのリモコンが入るなサイズであれば、専用の商品でなくても大丈夫です。スチールラックがちょっと取り入れづらければ、木工でDIYすることも可能ですね。壁にぶら下げておけば、いつでもリモコンを見失うことがありません。リモコンだけのために作るのはちょっと…という方も居られるかも知れませんね。そういう時は、鍵や小物などを一緒に収納したり、他のものを収納しておけるバスケットを、幾つか並べた中の一つを、リモコン専用にする、とういやり方も有効です。

リモコントレーをセットする置いておく

決して美麗なプロダクトではないリモコン(しかもデザインはバラバラです)、壁に見せておきたくなければ、ソファー前のローテーブルに専用のトレーを置いておく、という手もあります。なるべく質感のいい、ウッドやレザーのトレーを用意しておけば、デザインがバラバラのリモコンも見栄えがしてくるから不思議です。ポイントは、きちんと揃えて置くこと。

ローテーブルに収納する

最近では、リモコンを収納するローテーブルも見られます。ガラストップになっているものや、引き出しに仕舞うタイプなど、バリエーションはさまざまです。あける、引き出すなどのワンクッション、動作が必要になりますが、リビングに見せておきたくない場合や、毎日使うわけではない場合はいいですよね。

まとめ

リモコン類は、今後も新しい家電の登場によって増えていく傾向が続くと思われます。バラバラで、どれがどのリモコンだったかわからなくなりそう…ということになる前に、しっかり収納場所を作って快適なリビングを作りましょう。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)