ウォールラックキッチンを快適に使うための収納テクニック・アイデア

ウォールラックキッチンを快適に使うための収納テクニック・アイデア

家の中でも、もっともいろいろな形・サイズの道具をしまうのがキッチンだと思います。お皿ひとつとっても半径や深さにバリエーションがあって、しまい方を考えるのは大変。さらに、使う頻度もバラバラなので、すぐ手が届く位置に置いておきたいもの、そうでないものの区別もありますよね。そんな複雑で種類も雑多なキッチンアイテムの、賢い収納方法を紹介します。

立ててしまえるディッシュラックは壁に

お皿は重ねてしまうより、縦にしてしまえるディッシュラックの方がスマートに見えます。そのときに気にしたいのは、やはりラックの位置。重ねてしまうよりも収納量は落ちますので、デイリーな使用頻度の高いお皿に限定しましょう。位置は、手のすぐに届くキッチン前の壁面を利用するのがベストです(ただし、コンロに近い位置は避けます)。毎日使うお皿は、洗うのも、しまうのも、少ない動作でできるようにしておくと、快適な使い勝手になるんです。

ディッシュラックは、お皿を立てて使えるように、通常は木工の板に、溝が付いたもの、そしてお皿が左右に倒れないように仕切りが付いたものが多いようです。ナチュラルな木目を楽しみたいと思うなら、このようなデザインのものを選ぶのがよいでしょう。

キッチンの前に窓があって、そこからの採光も生かしたい場合は、もっと透け感のあるモノを選ぶか、作ってしまいましょう。四角フレーム(これは木工でも金物でもOKです)に、縦にストリング(太目のもので、素材は比較的自由です)を張っていきます。正面のフレームと背面のフレームに張り終わったら、簡単なディッシュラックの完成です。お皿は底のフレームに引っ掛けるような感じで置いて、ストリングが左右に倒れるのを防止してくれるイメージです。キッチンに明るさを取り入れるだけではなく、風通しもいいので、お皿はすぐに乾くはずですよ。

ナベ蓋、まな板収納にも好相性

ウォールラックは、お皿だけではなく、キッチン収納の厄介者、フライパンやお鍋の蓋を収納しておくのにも便利です。蓋は、何といっても取っ手が付いていることが、収納を難しくしているわけですが、ウォールラックにしまえるようにしておけば、使い勝手も、スペーシングもばっりちです。

この場合のウォールラックは、蓋や板の類を、壁に対して正面を見せてしまう「絵本のラック」方式もお勧めできます。柵をつけておけば、倒れてくる心配もなくなり、必要な道具が常に見えている状態なので、取り出しやすくなりますよ。

まとめ

キッチンにあるさまざまなアイテムを、美しく、しまいやすく、取り出しやすく収納することは、快適に使うコツでもありますが、キレイにキープするモチベーションを

高めてくれる要素でもありますよね。おうちのキッチンの収納のために、参考になれば幸いです。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)