収納術・片付け術最近の投稿

More

ikeaやニトリでも大人気!キッチン収納に!ウォールシェルフが大活躍♪

ikeaやニトリでも大人気!キッチン収納に!ウォールシェルフが大活躍♪

家の中でも、もっともいろいろな形・サイズの道具をしまうのがキッチンだと思います。毎日使うお皿やマグカップ、スパイスなど、手元に近い位置に仕舞っておくなら、ウォールシェルフを活用するのがベストです。使用頻度の高いものは、いちいちキャビネットの引き出しを開けて、しゃがんで、取って、複雑な動作も毎回になると大変。キッチンで作業しながら目に入る位置におくのは快適さを高めるための常道です。そんなウォールラックの使い方を紹介します。

カウンター+15センチ前後に設ける

キッチン前の壁を有効に使うウォールシェルフ。お勧めの場所は、カウンターの高さからプラス15センチくらいの位置。奥行きも10~15センチと奥行きの浅いウォールシェルフが使えるんです!幅はカウンターの幅と合わせて、横一直線に設けておくといいでしょう。この高さはキッチンカウンターの水切り高さとピッタリ合うことも多いので、寸法は決めやすいはずです。

この浅いウォールシェルフは、手に取りやすいあらゆるキッチンアイテムの置き場になってくれます。日ごろから使う調味料から、小皿、ちょっとした瓶詰め、そして料理途中のボウルなど、さまざまな使い方ができるでしょう。少しだけ浮かせるだけで、驚くほど立体的に使えるようになります。カウンター上はどうしても水が跳ねたりしますので、水気を嫌うものを置いておくのにもちょうどいい。なかなか見かけることのないタイプではありますが、ウォールシェルフの中でも特に便利なタイプだと思います。

天吊りキャビネットの下の隙間を生かす

次は、キッチン前の天つりキャビネットの下、やはり15センチくらいの空きを設けた位置に設置するウォールシェルフです。こちらは隙間を上手に生かすことのできるスタイル。例えば、キッチンアイテムをかけておく水平のパイプを付ける場合でも、そのパイプと天つりキャビネットの隙間を狙って作ることのできるウォールシェルフです。若干スペースが薄すぎて使いづらいのではないか?という心配はご無用。重ねて収納するお皿や調味料は、むしろ10センチくらいの隙間でも有効に収納として機能します。

まとめ

ウォールシェルフは、前述の通り、設ける位置と奥行きが重要。それ次第で、置くのにふさわしいものや、使いやすさが決まるといっても過言ではありません。ここひとつをきちんと使えるようにするだけで、キッチンワークの快適性は大きく変わります。現代の共働き夫婦は、時間はないけれど料理はちゃんとしたい!という方も多いはず。日々の動線や作業手間の省略は、励んでおいて損はないと思います。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)