収納術・片付け術最近の投稿

More

キッチン収納に役立つグッズ!オープンキャビネットでキッチンを快適に使う収納テクニック

キッチン収納に役立つグッズ!オープンキャビネットでキッチンを快適に使う収納テクニック

自宅をリフォームしたり、新しく購入した中古マンションをリノベーションして住もうという方もいまでは多いはず。キッチンのリノベーションにはいろいろスタイルがありますが、今ならキャビネットをオープンにしたプロ仕様orセミプロ仕様が人気です。その理由はどのようなもの?そしてどのようなやり方で使うのがいいのでしょうか?これからのリノベーションにヒントになる、役立つ情報をお教えします。

既製品のキッチンにもオープンキャビネットが徐々にラインナップ

リーズナブルでアイデアに溢れるキッチンを数多く発表している総合建材商社「三和カンパニー」でも、オープンキッチンがラインナップしています。引き出しやキャビネットを大胆に省くことで、大幅なコストカットを可能に。しかも作りはオールステンレスの本格仕様とあって、ご家庭でも、プロ仕様のキッチンが手に届く値段で入手できるようになっています。何といっても使い方の自由度の高さが素晴らしいです。本格的に料理をするなら、道具も多く、大きくなって行き勝ちです。見た目のキレイさ、生活感のなさを重視するのではなく、「本気で料理を楽しむ」姿勢をアピールできるのは、今はむしろポイント高し。後々の使いかたの変更にも対応しやすいですね。ステンレスの冷たい感じが気になる…という方は、ウッドのボックスをオープンキャビネットに使ってみましょう。パレット素材など、多少古い、グラフィックのある材料も、カフェみたいなスタイルになってカッコイイですね。

下を半分空けておくだけでも自由度が違います

全部をオープンにするのにも、オールステンレスの質感にも抵抗がある…という方には、ウッドの質感を生かしながら、キャビネットの下半分を開けておくスタイルをお勧めします。半分は引き出しとして使えるので、こまごまとして調理用品(これが実に多いのです)や、小さな食器類などはそちらに仕舞えます。オープンとした下半分は、大型のナベやパン、詰め替え用の醤油や油など類を置いておくことができます。

無印などのシステム収納を上手に組み込んで

完全にオープンにする理由は、何といっても初期(イニシャル)コストの安さから!という方が多いはず。そんなときの強い味方が、無印良品やIKEAなどのユニット収納です。自分で選び、組み立てる必要はありますが、ユニットシェルフにぴったりと合った隙間をキッチン下(もしくはカウンター下)に用意しておくだけで、キッチンの収納部を「自分で作る」ことが可能になるんです。専門の家具屋さんにオリジナルで作ってもらうことを考えたら、いかに安く済むかはちょっと考えれば分かることです。オプションも多く揃っているため、キッチンに必要なさまざまなサイズのアイテムにも、対応することができるでしょう。

まとめ

リノベーションで水回りをどう改修するかは、大きなポイントであると同時に楽しみでもあります。「自分らしいスタイルのキッチン作り」はこれからのキーワード。既製品の整った感じもいいけれど、自分が一番使いやすいと思う形を、探してみてくださいね!

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)