収納術・片付け術最近の投稿

More

片付けのコツ

片付けのコツ

いつも部屋がゴチャゴチャしているという悩みを持つ人は多いはずです。そこで、片付けのコツをご紹介します。

1. 片付けには、基本となる手順がある

片付けは、「整理」、「整頓」などに分けることができます。

整理は、必要なものと必要のないものに分けて処分するということです。何より、ポイントとなることは、「分けること」と、「処分すること」になります。「分けること」は、使うか使わないかで判断するということです。ほとんどの人は、まだ使えるかもしれないということで使うものに判断しがちです。しっかりと使うか使わないかで判断することが重要になります。「処分すること」は、人にあげたり、売ったり、ゴミとして捨てる、などということです。

整頓は、使うものを使いやすいように置き、すぐに出し入れできるようにすることです。ポイントとなるのは、上手く収納するということです。物を置く場所を固定することで、すぐに見つけることができてキレイな状態を維持できます。他にも、分かりやすく収納することが大切です。使いやすいというのは、分かりやすいということでもあるので、どこに収納したのかなど一瞬で分かるようにしましょう。

2. 片付けの基本手順

片付けは、整理と整頓が基本になります。整理しながら掃除したり収納しながら整理したりしても何も片付きません。そのため、整理から始めるようにしましょう。整理とは、家の中のものを見るため、これまでの生活を見直すことにもつながります。もので溢れているという生活から脱するための1歩として、自分の身の回りの使っているものや閉まってあるものを見直す良い機会になるはずです。

3. 場所ごとに片付けるルールがある

・「キッチン」

キッチンは、食器やカップなどこだわりのものが多く存在します。食器を集める際に注意することは、1点ものの食器ばかり集めるのではなくセットで使用できるものを揃えるようにしましょう。収納スペースを考えて使うものを購入するようにしましょう。

・「リビング」

すっきりとした印象の部屋は、床や天井、壁がたくさん見えているお部屋です。また、家具の高さや奥行きが揃うように並べることで広々としたイメージを与えることができます。

・「子ども部屋の片付け」

子ども部屋は、子どもの出し入れしやすい高さ、大きさが重要です。収納場所を区切る際には、文房具、おもちゃ、洋服、などジャンルごとに分けることで子どもが片付けやすくなります。

いかがでしたか?

このような片付けの工夫を取り入れることで、キレイなお部屋を保つことにつながります。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)