暮らしを豊かにする「小上がり」便利な使い方を紹介

暮らしを豊かにする「小上がり」便利な使い方を紹介

小上がりといえば、昔の日本の住宅に見られるような土間と和室の関係を思い浮かべるかも知れません。現代の住宅でも、この高低差を生かした空間は、暮らしにワクワク感を与えてくれる舞台装置のようなもの。なおかつ、便利に、そして徹底的に使いこなすことを考えられた収納スペースでもあります。なかなか挑戦したいけど、やっぱり決断できない…というケースが多い小上がり。踏み出すための一歩となる、ヒントや使い方を紹介します。

王道はやっぱり収納使い

コンパクトなワンルーム系のおうちでは、収納に面積を取られるのは致命的といっても過言ではないくらいにシビアな問題です。ここを解決できる方法のひとつが、小上がりの下を生かした収納スペースです。30センチくらいの小上がりが設けられれば、その下に奥行き分に近い、可能な限り深い引き出しを設けます。こうすることで、小上がりの床下空間を余すところ無く収納として使えます。普段使いの服を手前に入れたとしたら、奥は季節ごとに交換する布団類や、コート類などを入れておけば、全部を引き出す頻度も少なくなります。
あまりに奥行きが深く、引き出しで使いきれない場合は、小上がりの床を跳ね上げ式にするのがオススメです。いわば床下収納のような感覚。床材はサブロク(900×1800mm)の合板を使って、丈夫なヒンジを使って跳ね上げるのがいいでしょう。小上がりを高くしすぎて、天井が低くなってしまった場合は、間接照明を利用する方法もあります。天井回りに仕込むことで、浮き上がったような効果を与えてくれます。

部屋を仕切る効果も見逃せない

小上がりは、アンチフラットなスペーシングテクニックです。高さが変わることで、空間の感じかたは変わり、別な部屋になるという仕掛け。仕切りはカーテンやブラインドのような簡易なものでも十分です。小上がり上はほとんどがベッドルームとして使われるので、最低限の仕切りはあったほうがいいかもしれません。

高いって特別な体験です

少し高め…700~1000mm位の小上がりも使い勝手がいいです。小上がりの上をベッドスペースとして使ったときのことを考えると、ベッド上って実はそんなに高くなくてもいいはずですよね。日本の小上がりとはもはや別物の、スキップフロアのようなこの使い方、床下の収納力もさることながら、まったく異なる特別な空間を小上がり上に作れるのが魅力です。

まとめ

バリアフリーが叫ばれる中、小上がりを設けるってどうなの…?と思われる方も居られるかもしれません。でもちょっと待ってください。室内でも適度な運動をしておくことは、生活能力を保つ上で重要なソースとなるでしょう。いえの中に特別な空間を作るのに、特別高級な仕上げを施すよりも、少し高い小上がりを設けておくこと。その方が、便利で、心身ともにいい影響がありそうです。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)