家具を使ってできる!リビングの収納をちょい足しする方法

家具を使ってできる!リビングの収納をちょい足しする方法

寝室にはクローゼットがあって、和室には押入れがあって収納場所には事欠きませんが、意外にも収納が足りなくなりがちなのはリビングルームです。キレイに使いたいけど、そもそも収納がなければモノが散らかり放題になってしまうもの。チェストやサイドボードなど、収納然としたものを置くことはできますが、もう少し収納があったらなあ~ということは多いはず。見落としがちな、幾つかの収納方法を挙げてみました。

スツールを上手に利用する

来客時にはダイニングチェアにもなる、ちょっとしたスツールはどのお宅にもあるはず。スツールは、座面を開けると収納になるタイプが数多くありますし、何より小さいので、リビングに幾つかあっても使い道に困ることはありません。比較的リーズナブルなのも嬉しいですね。

ローテーブルを収納タイプに

ソファの前にあるローテーブル。これを「トランク」タイプのスーツケースを代用するアイデアが人気です。堂々とトランクを見せながら、中には衣類や小物、さまざまなモノをしまうことができます。急な来客時にも、散らかっているモノの「仮の宿」にもなってくれるので、大助かりです。

収納付きソファ

収納ソファもいろいろなタイプがあるんです。座面を開くと中が収納になっているものや、座面下が引き出しになっているものが一般的です。ちょっとリッチなデザインのものであれば、背もたれの後ろに棚が付属しているものもあります。壁につけておくことはできせんが、収納を補いながら、リビングの中心に据えることのできる、便利な使い勝手です。
また、ソファに付属するオットマンも、スツールと同じく収納スペースを取りやすい家具アイテムですね。こちらは座面を蓋として開け閉めして使うものがほとんどです。

ラダーシェルフ

「見せる収納」の定番、ラダーシェルフは、インテリアアイテムとしても実に有能です。壁に立て掛けて使うラダーシェルフは、見た目にも安定感があり、またインテリアのアクセントにもなります。収納の仕方もバリエーションが豊富で、雑誌やリネン類を引っ掛けたり、S字フックを掛けて小物を吊ったり、クリップ式の照明をつけて読書灯にしたりと、マルチな使い方が可能です。

いかがでしたか?ちょっと盲点になっている、「まだ足せる収納」が、貴方の家にもあったのではないでしょうか?クローゼットや天袋収納などと違って、すぐ出せる/しまえるのも大きな魅力。楽しみながら、工夫して収納を足せると、得した気分になりますよ。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)