収納術・片付け術最近の投稿

More

効率良く収納するコツ

効率良く収納するコツ

ダンボールを効率良く開封するために考えるべきことをご紹介します。

1. ダンボールの「開封方法」と「処分方法」

・「ダンボールの開封方法」

ダンボールを開封する際に、様々なダンボールを開封してしまうのは、効率良い方法とは言えません。様々なダンボールを開封してしまうことにより、中途半端になってしまうことがあるからです。多くのダンボールがあることにより、一つに集中することが難しくなります。しかし、その気持ちを抑えて、できる限り1つのダンボールを開封することで部屋を効率良くキレイにすることができます。

・「ダンボールの処分方法」

片付けが終了して、不要になったダンボールは折りたたみ紐などで縛ってまとめておきましょう。ダンボールは、事前に処理方法を確認しておくことで効率良く処分することができます。

また、引越し業者にオプションでサービスを追加するというのも効率良くすることの一つです。依頼する引越し業者にオプションを取り扱っているのか確認することも方法になります。

2. キッチンの収納

食器棚や収納スペースだけでは、調理器具や食器を納めるのでいっぱいになります。収納グッズを上手に活用することがキッチン収納において重要なポイントになります。

・「プラスチックのかごを使用する」

食器を大きさごとに分けたり、小分けするためにプラスチックのかごがあることで便利に収納できます。その際に、半透明のものを使用することで食器棚の中に圧迫感を与えずに収納することができます。

・「調味料などを入れるケースを工夫する」

調味料は、普段使用する機会が多いです。油や砂糖、塩、胡椒、などの調味料を入れる容器を揃えることで効率の良い収納につながります。また、容器の外側にネームラベルを貼っておくことで間違えずに調味料を使用することができます。

3. 衣類の収納

衣類の収納は、収納の仕方次第で衣類の量が大幅に変わります。

・「丸めて収納する」

シワがつきにくい服や靴下などは丸めて収納します。丸めて収納することで、収納スペースの中に無駄なスペースが出来にくいため効率良い収納につながります。

・「立てて収納する」

たたんだ衣服でも収納する際には、立てて収納するようにしてください。上に重ねていくよりたくさん入ります。

・「吊るす」

シワのつきやすい服は、ハンガーなどをしようして吊るして収納することでシワを防止できます。また、厚手のものや使用頻度が高い服は、たたむとかさばるので吊るしておくことをオススメします。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)