クローゼットですぐに使える簡単収納術

クローゼットですぐに使える簡単収納術

見やすい・出しやすい・たくさんしまえる。服を立てて収納するメリット

引き出しに服を収納する時、重ねてしまうと下にある服が見えなかったり、取り出しにくくなってしまって、せっかく畳んだのにまたグシャグシャになってしまったという経験はありませんか。また探すのが面倒で、ついつい上にある服ばかり着てしまうということにもなりかねません。そんな時には、立てて収納すること。色や柄が一目でわかり、目的の服がサッと取り出しやすくなります。

できるだけたくさんの服を立てて収納したいなら、引き出しの深さと幅に合わせて服をたたむようにします。引き出しの上下左右のスペースが無駄にならないので、意外と収納量を増やすことができます。立てた場合、スペースが空くと衣類が倒れてきてしまうので、間にブックエンドを入れておくと便利です。

引き出し収納は「小上、大下」が基本

引き出しケースに衣類を収納する時は、下着や靴下などの小さなものは上の段の引き出しにしまうようにします。小さなものはこまめに整理しないと乱雑になりがちです。いちいちかがまなくていいように上段に入れておいたほうが便利です。また深い引き出しだと重ねてしまうと探しにくかったりするので、浅い引き出しに入れるようにしましょう。

逆にトレーナーやジーパンなどの大きくてかさばる入りは、下の段の深い引き出しに入れるようにしましょう。大きな衣類は整理も簡単ですし、ちょっとかがむだけですぐに取り出せます。

ただしウールの衣類だけは下段ではなく上段に収納したほうがよさそうです。というのもウールは湿気に弱い素材なので、湿気のたまりやすい下段は避けたいところです。化繊や綿は比較的湿気に耐えられるので下段に入れても大丈夫です。

クリーニングから戻ってきたらすぐにビニールを外す

クリーニングから戻ってきた衣類をそのままクローゼットに入れていませんか。わざわざはずさなくても、ほこりよけになっていいんじゃないと思っている人も多いのではないでしょうか。実はビニールをかけっぱなしにしていると衣類を傷める結果になります。

クリーニングに出した服は、クリーニング溶剤や仕上げのアイロンの蒸気が蒸発しきるまで時間がかかるものです。そのような状態でビニールをかけたままにすると、湿気や溶剤が残ってしまい、カビや変色の原因になります。服のためにもクリーニングから戻ってきたらすぐにビニール袋を外して部屋の中でひと晩、空気にさらしてあげましょう。冬物や夏物など、クリーニングしてから収納しようというものもそのままにせず、一度外気に触れさせてから、収納するようにしましょう。

 

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)