子ども部屋の収納は何を置く?使いやすさと収納力なら収納ラック

子ども部屋の収納は何を置く?使いやすさと収納力なら収納ラック

お子さんがまだ小さいうちは収納するものも少ないですが、大きくなっていくごとに収納が必要になってきますよね。
お子さんも一緒に片付けができるようなお部屋作りをしていきましょう。

子ども部屋の収納の考え方

子ども部屋の収納は、子どもが散らかしても片付けやすい収納や環境を作っておくとよいでしょう。
まず小さなお子さんのいるご家庭は、お子さんの目線に合わせ低い位置におもちゃ収納を用意します。収納は片付けしやすい大きなものを使い、入れる場所を決めておくとお子さんも片付けしやすいでしょう。ただ放り込むだけにしておけば、小さなお子さんでも簡単に片付けができるようになります。扉やふたがついている収納なら、ごちゃつきを隠すことができますね。
また、お部屋の中でも遊ぶ場所を決めてしまうと、ものを片付けやすくなります。場所を決めるといっても、お子さんが好きな場所で遊べるようにするのです。お子さんは狭いスペースを好むので、お部屋の中に隠れ家のようなキッズハウスを作ると中で遊びたがります。中で遊ぶことがあれば、おもちゃが部屋全体は散らかることも減ってくるので片付けやすくなります。試しにダンボールなどを使ってキッズハウスを作ってみてもいいかもしれません。
大きな収納を用意し、遊ぶ場所を決めておけば、おもちゃの散らかりも少なくなることでしょう。

どんな収納家具がいい?

子ども部屋に使う収納を選ぶなら、多目的に使えるものをおすすめします。多目的に使えれば、お子さんの成長に合わせて家具の使い方を変えていけますし、リメイクや買い足しすることで長く使っていけるからです。
1段ずつスタッキングできる収納ボックスは、大きくなるお子さんに合わせて増やしていけます。扉付きや引き出し、オープンタイプなどもあり、置き方をアレンジすれば長く使っていくことができるでしょう。
大きな収納ラックは、小さい頃にはおもちゃ、衣類などをひとまとめに収納し、学校に行くようになったらランドセルや教科書も収納できるようになります。もし子ども部屋で使わなくなっても、他で使い回していけます。カラーボックスやオープンラックなら他の場所でも利用できそうですね。
そして、小学校にあがる時に学習机の購入を悩む方も多いのではないでしょうか。机は大きな家具なので、最近は購入されない方も増えてきているようです。リビングなどの共有スペースやお部屋に小さめの机を置き、そこで勉強できれば机を買わないという選択もあります。焦って入学シーズンに合わせて買う必要もないかもしれません。

DIYで収納ラックを作ってみる

ちょうどよい既製の家具が見つからなかったら、思い切って作ってしまうという方法もあります。ホームセンターでサイズに合わせて木材をカットしてもらえるサービスもあるので、オープンラックなら組み立ても難しくありません。
収納ラックを作るならレクポストやラブリコ、ディアウォールがおすすめです。とても簡単に収納ラックを作ることができますよ。
レクポストという木材は棚板をはめ込める溝が入っています。サイズにカットしてもらったら、レクポストと棚板を木ネジで止めるだけで簡単に棚を作ることができます。オープンラックだけでなく、応用すれば壁付け用の絵本収納ラックも作れてしまいますよ。
また、お部屋を広く使いたい場合には、壁面収納にするとお部屋が広く見えて省スペースになります。もし壁面収納にするなら、壁を傷つけないで収納ラックが作れるラブリコやディアウォールで手軽にDIYに挑戦できます。ラブリコ、ディアウォールは2×4木材に装着するアジャスターのことで、木材を天井と床に突っ張ることで固定するものです。壁に沿ってこれらを装着した柱を2本立て、棚板をつけるだけで壁面収納になります。でっぱりが少ない分安全性も高まります。

まとめ

お子さんはお母さんと一緒に片付けをして、その方法を学んでいきます。まずは、時間をかけずにしまえる収納力の高いものを、おもちゃ入れに使ってみてください。お子さんの片付けが楽しくなるようなお部屋づくりをしていきたいですね。

整理収納整理収納