お家で使える万能家具は?収納力で選ぶならキャビネット!

お家で使える万能家具は?収納力で選ぶならキャビネット!

キャビネットは住まいの収納家具として使いやすく、あらゆるシーンや色々なサイズで利用されています。
家具屋さんでは主に扉の付いたものをキャビネットと呼ぶ場合が多いでしょう。キャビネットはもともと、書類や備品の収納棚のことを指しています。ものをたくさん収納できるので、機能的な役割を持つ家具なのですが、飾り棚という意味もあるので、扉の有無は関係ないようです。

扉付きキャビネット

キャビネットを使う場所に適しているのは、ホコリを入れたくない場所や人の目に触れたくないものを収納する場所です。
ご自宅のキッチンやサニタリーなどに作り付けでキャビネットが良く使われます。キッチンやサニタリーなどの水回りは扉付きのものにした方が衛生的にも良いですし、地震などの災害時にも被害を防ぐこともできます。
クローゼットに入らない洋服や、リビングの細々したものを収納している場所にも扉付きのキャビネットは活躍してくれます。人の目に触れずに収納することができ、お部屋がすっきりとした印象になります。

オープンタイプのキャビネット

オープンタイプのキャビネットは、本棚として使ったり、ディスプレイしながら収納したりと見せる収納に向いています。オープンタイプのものだと上手に収納できないと思われる方もいるかもしれません。しかし、オープンタイプも小物を足すことで収納力がアップします。
リビングの収納棚にものがきちんと収まっていても、オープンタイプのものだと片付け方によってはごちゃごちゃと見えてしまいがち。それはものの色や形が揃っていないのがばらついてみえるからです。
ディスプレイの他に細々したものを収納する場合には、棚にカゴや小物収納ボックスなどを使えば、すっきりと収納することができます。本や雑誌もきれいに並べて、ブックエンドを使えばおしゃれな収納になりますよ。

狭い場所もすいすい片付くキャビネット

玄関やサニタリーなどの狭い場所にもキャビネットを置けば、雑然としていたものを収納しておけます。奥行きの浅いタイプのキャビネットなら場所を取りません。狭いスペースは圧迫感のない扉付きのキャビネットを使うとよいでしょう。

キャビネットが買えるおすすめショップ

キャビネットは使用場所によってデザインやサイズもいろいろあります。シンプルなデザインを選べば、長く使うことができますのでぜひチェックしてみてください。

arne(アーネ)

オリジナルの収納家具は、スタイリッシュで1点置くだけでお部屋がおしゃれな空間になります。オリジナル商品は国内生産されていて機能性とデザイン性の両方を兼ね備えています。ディスプレイ、収納ともに満足できる家具が揃っています。

LOWYA(ロウヤ)

楽天のショップオブザイヤーに7年連続で輝いたショップ。北欧風のインテリアから男前インテリアまで揃えることができます。一人暮らしやお子さん向けの収納家具もあり、価格もお手頃です。

momo natural(モモナチュラル)

シンプルでナチュラルな家具やコーディネートしやすい雑貨などを取り扱っています。優しい色合いのソファと合わせてシンプルインテリアを作れることができます。温かみのある木製家具は生活になじみやすく長く使っていけるデザインが魅力です。

まとめ

収納家具の中でも、キャビネットは置き場所を選ばずとても便利な家具です。扉付きなら収納テクニックも使わずにどんどん収納できるので、1台あればお部屋のものをしっかりと収納できます。オープンタイプなら収納しながらおしゃれにディスプレイもできるので、使い方もアレンジ次第です。

整理収納整理収納