収納ケースFitsは種類も豊富!すっきり収納にお役立ちアイテム

収納ケースFitsは種類も豊富!すっきり収納にお役立ちアイテム

クローゼットや押入れ収納でよく利用されるのがポリプロピレン製の収納ケース。「Fitsケース」は数ある収納ケースの中でも、長年人気を保ち続けている商品です。引き出しが透明になっていて、前面にFitsのロゴが入っているのが目印です。

Fitsケースは片付け収納にぴったり

「Fitsケース」は丈夫でサイズが豊富なところが安心して使っていける理由です。
まず、「Fitsケース」は歪みが出にくいように作られています。
このタイプの収納ケースは積み重ねて使うことが多いですが、Fitsは積み重ねても平気なように、前枠をつけて強化されています。本体もしっかりした作りなので他社製品にくらべ、歪みで引き出しの出し入れがしにくい、ということもほとんどありません。
そして、「Fitsケース」だけで27種類もサイズ展開があり、幅、奥行、高さも収納スペースに合わせやすくなっています。
3段まで積み重ねて高さ調整ができるので、すき間なく収納することが可能です。押入れやクローゼットは、収納ケースがぴったり収まっているとすっきり見えるので、「Fitsケース」のサイズの豊富さはとても便利ではないでしょうか。
また、ポリプロピレン製なのでお手入れも簡単です。汚れは固く絞った布巾で水拭きができます。汚れが落ちないときは中性洗剤で拭き取りしても問題ありません。

サイズ展開と測り方の注意点

「Fitsケース」は、押入れサイズが8種、クローゼットサイズはチェスト型含め10種、コンパクトなリビングタイプ6種にすき間収納3種の合計27アイテムのサイズ展開になっています。さらに、今は限定カラーのブラウンも加わっています。
クローゼットや押入れに対応できるサイズになっていますが、サイズは特に幅を測る時に気をつけなくてはなりません。
押入れは引き戸が重なる部分が必ずあります。重なる部分を差し引いて幅を半間づつ測ります。梁や柱などが出ている場合は、その部分も引いて測るようにしてください。
クローゼットは全開にした時、扉から扉までを測ります。クローゼット内の内寸を測ってしまうと、サイズぴったりに置いてしまった時に引き出しが開けられなくなるからです。

軽量化したFitsユニットケース

従来の「Fitsケース」より、およそ1/7軽量の「Fitsユニットケース」もあります。女性が使いやすい商品で、アルミ板で補強しているため収納力も従来のものに劣りません。従来の「Fitsケース」よりもサイズ展開が少ないですが、すき間収納ケースをプラスして使えば、狭いスペースも有効に使うことができますよ。

お部屋置きにFitsプラス

「Fitsケース」は透明になっていて、人目に触れないところで使うイメージです。
しかし、「Fitsプラス」はホワイトの本体に木製天板のチェスト型タイプで、中身が見えないのでお部屋置きしても違和感はありません。
天板が木製のため重たくなったイメージですが、この天板も中がハニカム構造という蜂の巣のような形状になっているため、他のチェストに比べ軽量です。
「Fitsプラス」はお部屋置きにしても、浴室の脱衣スペースに置いても、ホコリが入らず衛生面でも安心です。メンテナンスも従来のFitsシリーズと同様に水拭きできます。また、キャスター(別売り)がつけられるので、お掃除の時も楽々です。
Fitsプラスには「せいとんボックス(別売り)」という間仕切りできる追加アイテムがあります。サイズもぴったりに合わせることができるので、すっきり収納できます。

まとめ

Fitsシリーズは店舗やネットでも取り扱いも多く、買い足ししたい時に購入できるので使いやすいのではないでしょうか。他社と比べると少々価格がお高めですが、丈夫で長持ちする点では逆にお得かもしれません。いろいろと比較して、納得のいくお買物をしてくださいね。

整理収納整理収納