クローゼットに収納アイテムを加えてすっきり収納!

クローゼットに収納アイテムを加えてすっきり収納!

クローゼットには、よく使用する衣類から利用頻度の少ない大きなものまでいろいろと収納しますよね。みなさんはすっきりと収納できているでしょうか。収納する際にクローゼットの中に収納アイテムを加えると、それぞれの置き場所が決まって片付けも簡単になります。どのような収納アイテムを使って整理すれば、使いやすいクローゼットになるのでしょうか。

クローゼットの収納ポイントは

クローゼット内をきれいに見せるポイントは、収納アイテムの大きさや色を統一することです。形が揃って凹凸もなく、まとまってすっきりと見えます。きれいに整っていれば、ついつい片付けたくなってしまうでしょう。片づける時に手間がかからなければ、誰でも整理することができますね。

そして、収納する容量も大切です。取り出しにくかったり積み重ねていたりでは、不便でただの物置になってしまいます。クローゼットのハンガーポールにかける量も、7~8割くらいが取り出しやすいボリュームだといわれています。クローゼットの適正量を超えないように、不要なものを処分することも必要ですね。

収納アイテムのご紹介

最近は便利な収納アイテムが充実していて、片づけていくのも楽しくなりそうです。クローゼットが整理できる収納アイテムをご紹介いたします。

引き出し収納

引き出し収納は、主にたたんでしまえる衣類などを収納するのに役立ちます。ハンガーポールにかかっている衣類の下の空きスペースを利用して、引き出し収納を置けばすっきり見えます。正面が不透明なものなら、中が見えることもありません。クローゼット用の引き出し収納も販売されていますので、ぜひ活用してみてください。

カラーボックス

カラーボックスはどんなシーンにも使える万能な収納アイテム。縦置きでも横置きでも使え、サイズもたくさんあるので多様に使えます。衣類やバッグの他、カラーボックス専用の収納ボックスを使って小物類を入れることもできます。比較的安価なカラーボックスは、クローゼットの中でも活躍する便利な収納アイテムです。

フタつき収納

フタつき収納はスタッキングもできて、空いているスペースに合わせて置くこともでき、ほこりも入らず汚れる心配がありません。シーズンオフの衣類や、普段使わないものの収納に向いています。引き出し収納よりも深型のサイズもありますので、たくさんのものを収納できます。布製やボール紙を使用したフタつき収納ならば、軽量でクローゼットの天袋部分に置いても上げ下ろしに便利です。

吊り下げ収納

Yシャツ、バッグ類などを片づける収納なら、吊り下げ収納がおすすめです。Yシャツはハンガーにかけていても良いのですが、かけきれない場合にたたんでしまっておくことができます。利用頻度が高いものは、吊り下げ収納ならすぐに取り出せてとても便利です。引き出しつきのものなら、ハンカチやネクタイなどを入れることができますね。

布団圧縮袋

クローゼットの場所を占領しがちなのが寝具類です。来客用の布団などは、特に収納に悩むこともあるのではないでしょうか。そのような場合に便利なのが、布団圧縮袋です。袋の中を真空にして布団を圧縮するので、クローゼットを圧迫しません。シーズンオフの厚地の衣類やダウンジャケットなどもコンパクトになりますので、ハンガーポールもすっきりとします。

スカーフ、ベルトハンガー

スカーフやネクタイ、ベルトなどはどのように収納していますか。ハンガーポールに吊るして、スカーフやベルトをかけておくだけの簡単なハンガー型の収納があります。価格もとてもリーズナブルです。これがあれば、たたんだり丸めたりすることなく引っ掛けるだけなので、片付けにも手間がかかりません。

まとめ

クローゼットは収納方法を変えるだけでとても使いやすくなります。クローゼットは、上段の天袋とハンガーポールがあるようなシンプルなタイプが多いのではないでしょうか。収納アイテムを加えて利用することで、うまく活用できるようになっていくでしょう。

収納アイテムを買って使おうとした時に「サイズが合わなかった!」ということがないように、あらかじめサイズを測っておくようにしましょう。

整理収納整理収納